北海道キャンプ場見聞録 ファミリー向けカヌーフィールド
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

カナディアンカヌーで下る北海道の川

私が川を下っていていつも感じるのは、カナディアンカヌーの少なさです。
カナディアンカヌーで下れる川は、釧路川や天塩川だけではありません。まだまだ楽しい川が北海道には沢山あります。
そこで、少しでもカナディアン川下り人口が増えてくたらと思い、我が家が下った川の情報をここで紹介することにしました。
川を下るのならやっぱりカナディアンカヌー、楽しいですよ~。

川の名前をクリックすると関連ページが表示されます

北海道の川地図 雨竜川 石狩川 支湧別川・湧別川 美瑛川 忠別川 当別川厚田川 釧路川 余市川 尻別川 朱太川 後志利別川 遊楽部川 千歳川 美々川 空知川 シーソラプチ川 十勝川 鵡川 沙流川 札内川 歴舟川 歴舟中の川 ヌビナイ川 サロベツ川 別寒辺牛川 琵琶瀬川 天の川 渚滑川 トナシベツ川 白老川 額平川 留辺志部川 長流川 利別川 阿寒川

天の川 湧楽部川 後志利別川 朱太川 尻別川 余市川
千歳川 美々川 当別川 鵡川 沙流川 十勝川
札内川 歴舟川 歴舟中の川 ヌビナイ川 釧路川 別寒辺牛川
琵琶瀬川 空知川 シーソラプチ川 トナシベツ川 美瑛川 石狩川
忠別川 湧別川 留辺志部川 渚滑川 雨竜川 天塩川
サロベツ川 白老川 額平川 厚田川 長流川 利別川
阿寒川          


  ★ 安全な川下りのために
  ★
 川下り日記
  ★ ファミリー向けカヌーフィールド紹介  


 カナディアンカヌーで川を下る時のレベルとして、私の全くの独断と偏見で5段階に分けてみました。
 かなりいい加減な評価なので、このまま鵜呑みにしないでくださいね。
 川の水位が平常時の状態で評価しています。雪解け水や雨で増水すると、レベル3の川が簡単にレベル5に変身するので、油断はできません。
 清流度はその時の川の状態によって違ってきますが、平常水位時の状況として評価しています。
難 易 度
ほとんど流れがなく、湖でしか乗ったことがないような人でも下ることができる。
ある程度流れがあるが、障害物も少なく、川下り初心者でも安心して下れる。
所々に緊張させられる瀬があったり、岸から張り出した倒木などもあって、初心者が単独で下るのはお勧めできない。
岩も多くなり、流れの中でそれらを避けながら下れる程度の技術が必要となる。ある程度カヌーの操作ができるようになれば、沈覚悟でチャレンジしてみたい川である。手痛い目に遭ったとしても、カヌーの楽しみが一気に広がることは間違いない。
大型のカナディアンカヌーでは下れないような川をレベル5とした。基本的にそんな川はカナディアンでは下らないのだけれど、増水してレベル5になった川を間違えて下ってしまうことがたまにある。そんな時こそ、語り草になるような怖楽しい経験ができるのである。
清 流 度
ここでは絶対に沈したくないと思わせる川
完全に透明度はなくなり、牛のし尿やドブなどの臭気も気になってくる川
透明度はないが、それほど水の汚れは気にならない川
透明度は落ちるけれど、まだ清流と呼ぶことのできる川
水しぶきを浴びるだけで心が洗われるような気持ちになれる川

 せっかく購入したカヌーが物置の隅で(隅に置けるような大きさではありませんが)ホコリを被っていませんか?最初は湖で遊ぶことを考えて購入する人が多いでしょうが、湖で乗っているだけでは直ぐに飽きてしまうと思います。
 もしもそのような方がいらっしゃれば、一度そのカヌーで川を下ってみることをお勧めします。
 もちろんある程度の技術は必要となりますし、リスクも生じてきます。でも、柵で囲われ100%の安全を保証された中で遊んでいても、そこに本当の楽しさなど無いと私は思います。
 最初は色々と不安があるでしょうが、そんな時にはカヌークラブへ入会するのも良い方法です。私の所属している北海道ウィルダネスカヌークラブでも会員を募集しているので、興味のある方はお気軽にご連絡下さい。


戻る