トップページ > カヌー > 北海道の川紹介
 

歴舟中の川

 歴舟川とヌビナイ川の間に挟まれた中の川は、カヌーフィールドとしての知名度は低い。
 ちょっとした増水で直ぐに水が濁ってしまうとの話しも聞いたことがあるけれど、増水していないときの水の透明度は最高である。
 ヌビナイ川よりも難易度は低く、歴舟川上流部で気軽にダウンリバーを楽しみたい時には、お勧めの川と言える。。



(砂防ダム〜歴舟川合流部) 難易度:3
清流度:5
 歴舟川上流部の三つの川、ヌビナイ川がきかん坊の兄貴で、歴舟川がちょっと勝気なお姉さんとしたら、この歴舟中の川は可愛らしい妹ってところだろうか。
 水が少ない時は下るのが大変そうとのイメージもあったけれど、浅瀬のところでも川底が小砂利なので、カヌーから降りて歩くのも気にならない。
 注意しなければならないのは、流れの真ん中に岩が絡んだ瀬の一箇所だけで、他は初心者でも下れそうなところばかりだ。
 そうして最後にヌビナイ川、歴舟川とほぼ同じ場所で合流する。
 歴舟3兄弟とも言えるこれらの川を全て下ってみると、それぞれの川の違いがとても良くわかって、面白い経験ができるだろう。
 ところが2010年にここを下った時は、水が少なくて大変な目に遭った。
 その時の水量では、上流部の何処を下っても同じ事になっていただろう。
 川の状況は水の多い少ないで全く変わってしまうものである。
  総距離 10.2キロ(歴舟川合流まで)

より大きな地図で 歴舟中の川 を表示
歴舟中の川
歴舟中の川


川下り日記  2009/9(砂防ダム〜キャンプ場) 2010/9(砂防ダム〜キャンプ場) 2012/9(砂防ダム〜中の川大橋上流) 2014/9(砂防ダム〜キャンプ場)


歴舟中の川 歴舟中の川
砂防ダムの下からスタート ミニゴルジュ帯へと入っていく

歴舟中の川 歴舟中の川
ここの瀬が一番の難所 ヌビナイ川と合流、この直ぐ先で歴舟川とも合流

戻る