トップページ > カヌー > 北海道の川紹介
 

長流川

 旧大滝村や北湯沢温泉付近で国道453号線のすぐ横を流れているのが長流川である。
 北湯沢温泉湯元名水亭付近の長流川の川底は流紋岩の滑床となっていて、その美しさから白絹の床と呼ばれている。
 河原には温泉旅館の露天風呂が造られ、直ぐに温泉卵ができるような熱水が自然湧出している場所もある。
 カヌーフィールドとしてはなかなか楽しそうな川だけれど、岩も多くてカナディアンカヌーで下るにはかなりの苦労を強いられる。。



(大滝中学校前〜徳舜瞥川合流部) 難易度:5
清流度:3
 私達がここを下ったのは、川の水位が最も下がった時であった。
 長流川は本来、カヤックのエキスパートの人達が下るような川であるが、水が少なかったので大型カナディアンでも下ることができたのだと思う。
 ただし、何度も座礁したり、岩に挟まったりを繰り返して、やっと下った様な状況で、下り終えた後には「ここはカナディアンで下るような川ではない」と痛感した次第である。
 周りの環境の割には水が少し濁り気味なのも気になった。
 もうちょっとだけ水が増えれば、少しは下りやすくなりそうだが、それ以上増えると、今度は逆に恐ろしくて下る気にはならない。
 とにかく岩だらけの川なので、増水時にここで沈して流されたりすると命に関わることになりそうだ。
 それでも、白絹の床と呼ばれている付近の美しさは、北海道の川では他に例がなく、ここを下れるだけでも苦労する意味があるかもしれない。
 たた、温泉の宿泊客が裸足で滑床の上を散歩している姿を見かけることもあり、無理してカヌーで下る必要もないのである。
 物好きなカヌーイストならば、話のタネにここを下ってみるのも良いだろう。。

より大きな地図で 長流川 を表示
長流川
長流川


川下り日記 2014/08(大滝中学校前〜徳舜瞥川合流部) 2015/08(大滝パークゴルフ場〜旧湯元名水亭前)


長流川 長流川

この辺りが白絹の床と呼ばれている

忙しいパドル操作を求められる

長流川 長流川
水が少ないとこんな場所は厳しい 滑床が終わると今度は岩に悩まされる

長流川 長流川
先が見えない場所ではスカウティングが欠かせない 川岸の温泉旅館

長流川 長流川
こんな蒸気が温泉らしい この岩の中から温泉が湧いている

戻る