トップページ > カヌー > 北海道の川紹介 >

歴舟川

釧路川と共に、北海道内の憧れの川は?と聞かれて直ぐに名前が出てくるのがこの歴舟川だろう。
清流日本一にも何度か選ばれただけあって、その水の清らかさは折り紙つき。その清流が殆ど濁ることなく海まで流れる。
そして、海に出る直前まで楽しい瀬が途切れることなく続き、飽きることがない。
「川を下って海に出る」そんな川下りをしたいのならば、この歴舟川が一番のお勧めである。



坂下仙境~河口 (難易度:3 清流度:5)

カムイコタン公園キャンプ場から下り始めるのが、もっとも一般的な川下りコースとなるが、そこから更に上流の坂下仙境から下るのもお勧めである。
砂防ダムの下をスタートして直ぐに、切り立った岩壁に挟まれたゴルジュ地帯の中へと入っていく。
増水している時には近づきたくない場所だけれど、それ以外は素晴らしい景観を楽しむことができる。
ゴルジュの出口に迷路のような瀬があるけれど、特に危険な場所もない。
ゴルジュを抜ければ、後はキャンプ場から下と同じような流れとなっているので、下流を下ったことがある経験者ならば、この上流部も全く問題なく下れるだろう。
ただし、2017年頃から一か所だけ嫌らしい場所ができたので注意が必要だ。
歴舟川は、広大な川原を見れば分かるように、ちょっとした雨で大増水する川である。
自分のいる場所が晴れているからと言っても油断はできない。上流部で雨が降って突然増水することもあるのだ。
特に川原でキャンプする時は、場所の選択に十分に注意しなければならない。
また、大増水によって川の流れがガラリと変わってしまうこともあるので、ここでの情報は参考程度に留めておいて欲しい。
でも、大樹市街地に近づくにしたがって、人工物が嫌らしい障害物になっているのには変わりは無い。
河口に近づくに従って次第に空が広く感じられ、海に出るかなり前から水平線が確認できる。海に出る直前まで瀬が有り、上流部と大して変わらないくらいに水も澄んでいる。
そうして最後に海に出た時の感動。こんな川下りを楽しめるのは歴舟川をおいて他にはないだろう。


川の水位情報:尾田観測所本町観測所

川下り日記:1998/7(キャンプ場~歴舟橋)  2001/8(キャンプ場~大樹橋) 2002/9(キャンプ場~河口) 2005/9(キャンプ場~河口、ダウンリバーキャンプ) 2007/6(キャンプ場~河口、ダウンリバーキャンプ) 2006/7(坂下仙境~キャンプ場)  2007/9(坂下仙境~キャンプ場)  2007/9(キャンプ場~大樹橋) 2008/9(キャンプ場~河口)  2009/8(第二の土壁~河口)  2009/9(坂下仙境~キャンプ場) 2010/8(大樹橋~河口) 2010/9(キャンプ場~大樹橋) 2010/9(坂下仙境~キャンプ場) 2011/7(キャンプ場~大樹橋) 2011/7(坂下仙境~キャンプ場) 2011/8(大樹橋~河口) 2012/8(キャンプ場~河口、キャンプ日記) 2012/9(坂下仙境~相川橋上流) 2013/09(坂下仙境~キャンプ場) 2014/07(大樹町市街地~河口、キャンプ日記) 2014/08(キャンプ場~河口、キャンプ日記)  2014/09(坂下仙境~キャンプ場) 2015/05(坂下仙境~キャンプ場) 2015/05(キャンプ場~大樹町市街地) 2016/09(坂下仙境~キャンプ場) 2016/09(キャンプ場~大樹橋) 2017/08(坂下仙境~キャンプ場) 2017/08(キャンプ場~大樹橋) 2017/09(坂下仙境~キャンプ場) 2018/08(大樹橋~河口、キャンプ日記) 2018/09(坂下~キャンプ場) 2018/09(キャンプ場~大樹橋)

川下り動画:2017/07(キャンプ場~河口)、2018/08(大樹橋~河口)

詳細川地図(内容が少し古いです)
  


歴舟川
こんな焚火がやりたくて歴舟川を下るのかもしれない
歴舟川
上流部ゴルジュのダイナミックな風景
歴舟川
中流部の特徴的な土壁の風景
歴舟川
瀬を下るのも楽しい
歴舟川
青空が広がれば申し分ない
歴舟川
河原キャンプが楽しい川だ
歴舟川
月夜の夜も良い
歴舟川
河口直前まで瀬が続く
歴舟川
川を下って海に出れば大人も童心に返ってしまう



ページトップへ