トップページ > カヌー > 北海道の川紹介
 

留辺志部川(ルベシベ川)

 国道333号線の北見峠近くの山が源流で、上川町の市街地近くで石狩川に合流する川である。
 カヌーフィールドとしては全くマイナーな存在で、一部のホワイトウォーター好きなカヤッカーが増水時に下るような川である。
 それでも、ちょうど良い水量の時ならば大型のカナディアンでも何とか下ることは可能なので、腕に覚えのあるパドラーならば挑戦してみるのも良いかもしれない。
 ただし、どんな障害物が待ち構えているかは、その時にならなければ分からないだろう。



(トイマルク林道入口〜上川橋上流) 難易度:4〜5
清流度:4
 カヌークラブの例会でここを下った時のルベシベ観測所での水位が402.14m。大型のカナディアンで下るのはこれがギリギリのラインだろう。
 ほとんどの区間が瀬となっていて、波の高い瀬では必ず水が入ってしまう。水抜きしようと思っても、エディがほとんど無いので大変である。
 ただ、波が高いだけでトリッキーな瀬はほとんど無く、問題はそれよりも流木などの障害物である。
 流れがカーブしているところでは、ほとんどと言っても良い程に流木が絡んでいるし、自然河川なので何処で突然流木のストレーナーが現れるかも分からない。
 小回りの利くカヤックが一緒で、先の状態を確かめてくれるような体制が取れていなければ、カナディアンでは恐ろしくて下っていられない。
 核心部と言われるところでは、流れを塞ぐような大岩が幾つか現れるが、この時の水量ならば何とかかわすことが出来た。
 日東橋の手前に堰堤があり、ストッパーが出来ないタイプの堰堤なのでカヤックならば通過することが出来る。ただし、ここを大型のカナディアンで下りたりすると、確実に舟が折れてしまうので絶対に止めた方が良い。(経験者)
 上級者ならば楽しめるかもしれないが、ハッキリ言ってわざわざ大型カナディアンで下るような川とは言えないだろう。

より大きな地図で 留辺志部川 を表示
留辺志部川
留辺志部川


川下り日記 2013/6(トイマルク林道入口〜日東橋) 2016/6(トイマルク橋上流〜上川橋上流)


留辺志部川 留辺志部川
自然河川なので何が現れるか分からない ほとんどの区間が瀬と言っても良い

留辺志部川 留辺志部川
核心部のフジモト岩 絶対にカナディアンで下りてはダメな堰堤

戻る