鵡川

 上流から中流域へと、我が家が下った区間としては、北海道の川の中では鵡川が一番長い。
 それだけ、カヌーフィールドとして楽しめる区間が多い川と言えるだろう。
 できれば、下った区間が全部繋がれば良いのだけれど、その途中には名にし負う激流「赤岩青巌峡」があるので、カナディアンカヌーではその望みは果たせないかもしれない。
 一つの川をこうして上流から下流へと下るのは、その風景の変化、水質の変化などを実感できて、なかなか面白いものである。



(滝の沢信号所〜占冠) 難易度:3〜4
清流度:4
  一般的な川は上流部へ向かうほど流れが激しくなるものだけれど、鵡川の場合は途中で夕張と日高の山脈に挟まれた占冠を流れるので、その付近では比較的穏やかな流れとなっている。
 この区間も、途中に2箇所ほど難所となる瀬があるくらいで、比較的楽に下ることができる。
 川の水も澄んでいて、隠れたカヌーフィールドと言えるだろう。
 クラブの例会で最初にここを下った時は、予定していたゴール地点を通り過ぎてしまう事件が発生したけれど、その分長い距離を下れることができて、逆にラッキーだったかもしれない。
 占冠市街地に近づくほど、流れは緩やかとなり、どうせならそこまで下りたかった気もする。
 5月にここを下ると、そこら中にアイヌネギが生えている。他にはウドや野の花も多く、下るのならばこの時期がお勧めである。
 総距離 11キロ

より大きな地図で 鵡川1 を表示
鵡川
鵡川


川下り日記  2008/5(滝の沢信号所〜占冠) 2012/5(滝の沢信号所〜占川橋) 2013/5(滝の沢信号所〜占川橋)


鵡川 鵡川
この区間一番の難所、長い瀬が続く 最後の瀬はちょっとトリッキーだ




赤岩青巌峡(高速道路下〜ラフトゴール地点) 難易度:5
清流度:3
 鵡川の赤岩青巌峡と言えば、川下りができる道内の川の中でも難易度は最高ランクに位置する川である。
 そこを大型のカナディアンで下ったという話しは、これまで聞いたことがなかった。まさか、そこを自分で下ることになるとは思ってもいなかったが、水が少ない時ならばかろうじて下る事ができる。
 ただ、我が家が下ったのは赤岩橋から下流で、高速下から赤岩橋までは、さすがに大型カナディアンで下るのは無理そうである。
 赤岩橋から下流も、結局は3カ所もポーテージすることになり、これでは赤岩青巌峡を下ったと公言するのも気が引けてしまう。
もう少し水が増えればもっと楽に下れるかもしれないが、そうすると本来の赤岩青巌峡の荒々しい流れが蘇ってきそうで、やっぱりここはカナディアンカヌーで下るような川ではないのである。(部分的にカナディアンで下った動画はこちらへ
 この後、同じような水量の時にもう一度ここを下ったけれど、その時のポーテージは2カ所だけ。その2カ所も下ろうと思えば下れた気もする。
 カナディアンに乗り始めてまだ2年目の人も一緒に下っているので(3カ所ともポーテージ)、カナディアンで下れない川との評価は変えても良さそうだ。
  総距離 6.7キロ

より大きな地図で 鵡川(赤岩青巌峡) を表示
赤岩青巌峡
赤岩青巌峡

川下り日記 2012/07(赤岩橋〜ラフトゴール地点) 2014/10(赤岩橋〜ラフトゴール地点)


赤岩青巌峡 増水した赤岩青巌峡
赤岩青巌峡の代表的な風景 左の風景が増水するとこうなる

赤岩青巌峡 赤岩青巌峡
カナディアンじゃ下れない ここはカナディアンでも行けそうだったけど・・・




(ニニウ〜富内) 難易度:4
清流度:3
 占冠から下流は、エキスパートだけが下れる赤岩青巌峡があるため、一般のパドラーはニニウ付近から下ることになる。
この区間は、福山大橋から上流と下流に分けられるだろう。
 どちらも難易度は高いけれど、通常の水量ならば下流部、水が増えた時は上流部の方が難易度が高いような気がする。
 もっとも、上流部の増水時に下ったことが無いので実際はどうなのか分からないけれど、あの大岩がゴロゴロしている中を増水時に下る様子はあまり想像したくない。
 高速道路の工事の影響だったのか、今まではちょっとした増水でも茶色く濁った流れに変わってしまったが、その工事も終わり、これからは昔のような清流が戻ってきそうだ。
 福山大橋から下流部は紅葉の名所としても知られているが、平行している道道が通行止めになっていることが多く、穂別町経由の遠回りで車を回送しなければならないのが辛いところである。
  総距離 28.1キロ

より大きな地図で 鵡川2 を表示
鵡川
鵡川


川下り日記 2005/6(福山大橋〜富内) 2008/6(ニニウ〜福山大橋) 2009/10(福山大橋〜富内) 2011/8(福山大橋〜富内) 2011/10(ラフトゴール地点〜福山大橋) 2014/05(ニニウ〜福山大橋) 2014/08(福山大橋〜富内) 2014/10(ニニウ〜福山大橋) 2015/10(ラフトゴール地点〜福山大橋) 2016/10(道東道鵡川橋下流〜福山大橋)


鵡川 鵡川
福山大橋上流、大岩の間を漕ぎ抜ける 福山大橋上流、さすがにここはカナディアンでは下れなかった

鵡川 鵡川
福山大橋下流、紅葉の綺麗な渓谷の中を下る 福山大橋下流、ハードな瀬が多い




(富内〜豊田) 難易度:2
清流度:2〜3
 荒々しい流れが続いていた鵡川も富内付近からは穏やかな流れへと変わり、初心者でも安心して下れるようになる。
 瀬と言えそうなものも殆ど無い。
 川幅も広がり、ここから先はのんびりとしたロングツーリングを楽しみたいパドラー向けの川と言える。
 ただ、穂別町を過ぎる辺りから急に川の濁りが目立ってくるのが気になるところである。
 総距離 16.2キロ

より大きな地図で 鵡川3 を表示
鵡川
鵡川


川下り日記 2006/6(富内橋〜穂別橋)  2008/6(穂別橋〜豊田)


鵡川 鵡川
穂別橋上流、これが一番多きな瀬 穂別橋下流、ひたすらこんな流れが続く


戻る