厚田川

 樺戸山地に源を発し、厚田の町で日本海に注ぐ、流路延長29.8キロの2級河川。
これくらいの小さな川だとカヌーで下るには適さないことが多いのだが、厚田川はその延長の約半分を下って海まで出ることができる、貴重な川と言える。
 特に日本海沿岸のこの辺りでは、カヌーフィールドとして開拓されている川は殆ど無く、札幌からも近いので、その存在をもっと見直されても良い川かもしれない。
 流域には水田や畑が広がっているけれど、自然河川の雰囲気がそのまま残っていて、楽しく下る事ができる川である。



(左股川〜名前の分からない橋) 難易度:3
清流度:3
 厚田川の支流である左股川。厚田川の合流部より少し上流側に架かる橋の付近が出艇しやすい。
 厚田川沿いには水田や畑が広がり、その中を大きく蛇行を繰り返しながら川が流れている。
 自然林の色濃い場所、崖が削れら興味深い地層が露出した場所、周囲の木々が薄くなって遠くの山まで見通せる場所、蛇行する度にそんな風景が次々に切り替わり、飽きることがない。
 特に難しい瀬は無いが、川を横断する断層の様な落ち込みががあちこちにあって驚かされる。
 春はウド、秋には河畔林の樹木に生えるキノコやヤマブドウなど、川下り以外の楽しみも多い。
 地図に示した場所以外にも出艇や上陸可能な場所は沢山ある。ただ、どこも駐車スペースは限られているので、地元の方の迷惑にならないように注意したいところだ。
 その気になれば河口まで下る事も可能である。
 小さな川なので、夏の渇水期には水もかなり減ってくるので、春の雪解け時期や雨の降った後などに下るのが良いかもしれない。

より大きな地図で 厚田川 を表示
厚田川
厚田川


川下り日記 2012/11(左股川〜名の知らぬ橋)  2014/05(左股川〜名の知らぬ橋) 2015/04(堰堤下流〜河口)


厚田川 厚田川
美しい風景を楽しみながら下れる 遠くの山まで見渡せる場所も

厚田川 厚田川
河畔林も良く茂っている 開放的な川原もある

厚田川 厚田川
川を横断するような落差が所々に この堰堤が少し邪魔くさい

戻る