十勝川

 私の生まれ育った十勝平野を流れる十勝川。
 子供の頃から身近な川だったけれど、カヌーフィールドとしてはなかなか手強いイメージがある。
 芽室町付近から下流は穏やかな大河の流れとなるけれど、その上流は幾つものダムが作られても、まだまだ暴れ川の様相を保っているのだ。



(岩松〜屈足) 難易度:4
清流度:3
 この区間は、十勝川の中でも唯一、ラフトのツアーが行われているところである。
 ダムの放水量によってその水量は左右されるようだけれど、私達がここを下った時は放流中だったのか、かなりの流れとなっていた。
 そして、岩に張り付いて危うくアリーを壊してしまいそうになったのが、ここでの強烈な印象として残っている。
 張り付いた原因は、ちょっとした不注意によるもので、それを除けばスリリングなダウンリバーを楽しむことができた。
 下る距離は短いけれど、ホワイトウォーター好きのパドラーにとっては楽しい川と言えるだろう。
  総距離 2.2キロ

より大きな地図で 十勝川1 を表示
十勝川
十勝川


川下り日記  2006/9 2010/8 2013/8 2014/8 2015/07  2016/07


十勝川 十勝川
ラフトコースだけあって瀬もパワフル ゴール地点では川原も広く流れも緩やかになる




(新清橋〜清水大橋) 難易度:3
清流度:3
 新清橋の下流から下り始めて1キロ程は水が少なくてライニングダウンを強いられるが、途中から発電所放水口からの水が入って流量も安定する。
 比較的流れも緩く初心者でも下れそうな区間だけれど、途中の橋の橋脚などには大量の流木がストレーナーを作っていたりするので、気を抜くことはできない。
 思わぬ事故も考えられるので、単独では下らない方が良いだろう。
 古いガイドブックにはテトラの瀬が難所とされているが、そこはもう消滅してしまっている。
 分流も多く、選択を間違えると手痛い目に遭いそうだ。できるだけ川幅の広い方を下るのが間違いがないだろう。
 上川橋では橋の下の左岸に上陸できる。次に上陸できるのは清水大橋手前の左岸になる。
 どちらも、川の流れが変わる場合もあるので、事前に上陸地点を確認しておくことが必要である。
 その先では上陸できるのは芽室町の祥栄橋になってしまい、新清橋からだと20キロ以上の距離となる。
 キャンプができそうな川原も多く、ロングツーリングを楽しみたい川である。
  総距離 10.9キロ

より大きな地図で 十勝川2 を表示
十勝川
十勝川


川下り日記 1996/8(新清橋〜清水大橋)  2002/8(新清橋〜清水大橋) 2013/8(新生橋〜清水大橋)


十勝川 十勝川
水量が多い時はこんな人工物も危険な障害物となりそうだ
(2013年に下った時はこの人工物も消失していた)
子供も一緒に下ったけれど、決して安心して下れるような川ではない

戻る