サロベツ川

 下サロベツ原野の中を蛇行しながら流れる湿原の川である。
 流れは全く無く、初心者でも安心して下ることができる。
 注意が必要なのは、音類橋でのカヌーへの乗り降りと、途中で上陸できる場所が無いことくらいだ。
 手軽に湿原でのカヌー体験ができるお勧めの川である。



(音類橋〜パンケ沼) 難易度:1
清流度:2
 この川をカヌーで下る場合は、豊徳の開運橋から音類の音類橋までが一般的なコースとなる。
 しかし、単独で下る時は車の回収の手段が無いため、音類橋から出艇して漕ぎ上がり、パンケ沼を目指すのが面白いだろう。
 パンケ沼への入り口までは音類橋から約3.5キロである。
 この川の場合、流れがほとんど無いので、下るのも漕ぎ上がるのも変わりはない。潮の満ち引きの影響で逆流することさえあるようだ。
 出艇は音類橋の両岸どちらでも可能で、シジミ漁の漁船が係留されている。
 水面まで高低差があるので、カヌーに乗り込む時は少し苦労する。カヤックやファルトはもっと大変そうだ。
 清流度は2としたが、水が汚れている訳ではなく湿原の川なので透明度が低いだけである。

より大きな地図で サロベツ川 を表示>
サロベツ川
サロベツ川


川下り日記  2010/7(音類橋から上流へ)


サロベツ川 サロベツ川
音類橋の出艇場所 水面まで高低差があるのでカヌーに乗り込むのに苦労する

サロベツ川 サロベツ川
流れもなく初心者でも下れる川だ 川岸は全てこんな感じなので途中で上陸するのは不可能


戻る