支湧別川・湧別川


  湧別川は、丸瀬布から下り始める中・下流域がカヌーフィールドとして一般的だけれど、白滝付近の上流域も、緑に包まれた清流の中のダウンリバーが楽しめる素晴らしい流れとなっている。
 適度な水量があれば、支流の一つである支湧別川から下り始めれば、最高の川下りを楽しめるだろう。
 中流域は湧別ダムの下から下り始めて、途中に堰堤や落ち込みのポーテージが何カ所かあるものの、一気に海まで下ることもできる。
 道内のカヌーフィールドの中では、手軽に海まで到達できる数少ない川である。
 ただし河口部は突堤に囲まれ危険なので、決して直接海まで漕ぎ出すようなまねはしないこと。



(新生橋〜旧白滝駅付近) 難易度:3〜4
清流度:4
 ここで紹介しているのは支湧別川の新生橋からになるが、もっと上流部からも下ることが可能だ。
 ただし、支湧別川は小さな川なので、大型のカナディアンカヌーで下るのにはちょっと厳しいかもしれない。それでも、適度な水量があれば、緑のトンネルの中をウォータースライダーに乗るような最高に楽しい川下りができる。
 湧別川本流と合流した後は、川幅も広がっていくらか楽に下ることができるようになる。とは言っても、普通の川とは違って、岩の間を流れる山間の渓流の雰囲気である。
 途中の堰堤越えはポーテージの距離が長いので、重たいカナディアンカヌーはちょっと苦労する。
 一番の難所は、本流がまともに岩壁にぶつかっているところだが、左岸からポーテージも可能なので心配はない。
 最後のゴール地点は、川の上からでは分かりづらいので、あらかじめ何か目印を付けておいた方が良いだろう。
 その先、丸瀬布までの間は、途中に地名の由来にもなっている白滝があったりして、カヌーでの漕行は不可とされている。
(2013年にもっと上流の上支湧別橋からクラブの例会で下ったが、水が多すぎて舟を流す人も出てきて、一つ下の橋で例会は中止になった。この上流部は大型カナディアンは止めておいた方が無難だろう)
 総距離 10.9キロ

より大きな地図で 支湧別川・湧別川 を表示
湧別川
湧別川


川下り日記  2004/7(幽仙橋〜旧白滝駅付近) 2009/6(新生橋〜旧白滝駅付近) 2013/6(上支湧別橋〜一つ下流の橋) 2014/6(名前の分からない橋〜新平和橋) 2015/6(名前の分からない橋〜新平和橋) 2015/06(名前の分からない橋〜幽仙橋) 2016/06(新生橋〜幽仙橋)


支湧別川 支湧別川
ウォータースライダーを滑るような支湧別川 支湧別川の落ち込み、渇水時はカナディアンでは下れない

湧別川 湧別川
堰堤越えが一箇所 カナディアンのポーテージはちょっと苦労する

湧別川 湧別川
岩壁にまともに本流がぶつかっている場所 緑の中のダウンリバーが心地良い




(湧別川ダム下流〜遠軽橋) 難易度:3
清流度:3
 湧別川ダム下流の救世橋左岸からスタートできるが、そのすぐ下流は荒れた瀬になっているので、支流の瀬戸瀬川からスタートするのも一つの方法である。
 ここから河口まで、数カ所のポーテージだけで一気に下れるのが湧別川の魅力の一つだが、我々が下った時は水量が多そうで ポーテージに時間がかかりそうなので、遠軽橋手前で上陸した。
 野上橋上流までの山間部は景色が良くて、川岸の奇岩や奇木も楽しめ、上流部から続く清流もまだ保たれ、なかなか楽しい区間だ。
 適度に瀬も現れるが、それほど難しい瀬はない。
 途中ポーテージが必要なのは野上の堰堤の一カ所だけ。
 野上橋下流には水量が多い時は大きなウェーブができて、サーフィン好きな人は喜ぶだろう。
 遠軽の町が近づくいわみ橋の下流には岩がらみの瀬があり、ちょっと冷やっとさせられた。
 遠軽町のシンボル瞰望岩が見えてきたらゴールは近い。
 私たちが下った時はかなり水量も多かったので、平常水位との時の状況はちょっと分からない。
  総距離:9.9キロ

より大きな地図で 湧別川1 を表示
湧別川
湧別川


川下り日記  2010/5(瀬戸瀬川〜遠軽橋上流)

湧別川 湧別川
支流の瀬戸瀬川、水が少ないと直接下るのは難しいかもしれない 救世橋下流の瀬

湧別川 湧別川
このレベルの瀬が時々現れる 川岸の風景も楽しみの一つ

湧別川 湧別川
野上の堰堤 山間部を過ぎると空が広くなる




(上湧別橋〜河口) 難易度:3
清流度:2
 手軽に湧別川の河口を楽しむのには上湧別橋からスタートするのが良いだろう。
 ここから先には難しい瀬もなく、初心者でも下ることができる。
 ただし、分流や流木も多く、変な分流に入ってしまうと流木に引っかかって思わぬ事態を招くこともありそうなので、経験者の同行は必要である。
 さすがにこの辺りまでくると水の濁りも目立ってくるが、私の見た限りではそれほど酷い汚れ方ではない。
 秋には沢山の鮭が遡上する様子も楽しめる。
 ここの河口は突堤に囲まれて海に突き出た形となっているので、そのまま海まで出てしまわないように注意が必要だ。
 流れが緩やかに見えても水の力は侮れなく、あっという間に沖まで流されてしまう。
 突堤の付け根付近からでも海の姿は確認できるので、そこで止めておいた方が無難だろう。
  総距離:12.1キロ

より大きな地図で 湧別川2 を表示
湧別川
湧別川


川下り日記  2010/5(上湧別橋〜河口)


湧別川 湧別川
スタート地点の上湧別橋左岸 ひたすら広い風景の中を下る

湧別川 湧別川
流木も多いので注意が必要 突堤の向こうに海が見える


戻る