トナシベツ川

 トナシベツ渓谷は紅葉の隠れた名所として知られている。
 そのトナシベツ渓谷を流れるのがトナシベツ川。
 ここがカヌーフォールドとして紹介されることはほとんど無いが、5月の水の多い時期に下ると、新緑も美しく最高の川下りを楽しめる。
 まさに穴場のカヌーフィールドと言えるだろう。



(流星橋〜五月橋)

難易度:4
清流度:5
 

カナディアンカヌーでこの川を下るとしたら、雪解け水で増水している5月に限られるだろう。
それも、あまり早い時期だと水が多すぎて苦労させられるので、新緑が色付き始め、水量も落ち着いてくる頃がお勧めである。
空知川に合流するまでは、ほとんど全区間が瀬と言っても良いくらいだ。ただ、素直な瀬が多いので、ヌビナイ川のテクニカルな瀬と比べると下りやすい気がする。
ただし、滅多に下る人がいない川なので、どんな危険が潜んでいるかは下ってみなければ分からない。
ブラインドになっていて先が見えない場所では、その手前で上陸してスカウティングしながら下るのが鉄則である。
それさえ注意すれば、美しい新緑を満喫できる素晴らしい川下りを楽しめること間違いなしだ。
何故かここの川の水は、雪解け水の増水期には青く色付いているので、余計に美しく見える。
出艇、上陸とも、道路から川まで高低差があるので、少し苦労させられる。
その後、もっと水が増えた時にここを下った。僅かな水量の違いだったけれど、難易度は一気に高くなった気がする。
上級者向けの川と言えるだろう。

その後、10月の紅葉時期に一つ上流の流星橋から下った時は印象が違っていた。
水は過去4回の中では一番少なく、その分、川の難易度も下がり、ヌビナイ川よりも下りやすかった気がした。
何れにせよ、水量で難易度が大きく変わる川なので、注意するに越したことはない。

なお、ここで書いている羽沢橋は地形図で表示されている名称で、実際の橋の名前は羽衣橋となっている。


より大きな地図で トナシベツ川 を表示
トナシベツ川
トナシベツ川


川下り日記  2012/5(羽沢橋(羽衣橋)〜五月橋) 2013/5(羽沢橋(羽衣橋)〜五月橋) 2014/6(羽沢橋(羽衣橋)〜五月橋) 2015/10(流星橋〜名前の分からない橋の下流) 2016/5(羽衣橋〜核心部手前)


トナシベツ川 トナシベツ川
羽沢橋の下からスタート 空と同じ色の青い水が流れる

トナシベツ川 トナシベツ川
渓谷の風景の中を下る トナシベツ川1号橋

トナシベツ川 トナシベツ川
危険箇所もあるので気を抜くことはできない 空知川に入って川下りは終わる

戻る