トップページ > カヌー > 北海道の川紹介
 

天の川

 その名前が何ともロマンチック。本当の川の名前は天野川。「野」の文字がひらがなの「の」に変わるだけで随分とイメージが違ってくるものである。
 流域の町が上ノ国町と、こちらはカタカナの「ノ」であるのも面白い。
 山に囲まれた中を蛇行しながら流れる穏やかな流れは、その名前通りの美しさだ。
 ただし、夏場は水が減り、鮎釣りも解禁となるため、楽しく下れる時期は限られている。



(湯ノ岱温泉〜天の川橋) 難易度:2
清流度:4
 この川が一番楽しく下れるのは、雪解け水で水量が増えている5月だろう。
 6月からはヤマメやイワナ、7月には鮎も解禁となり、夏場は水も減って楽しく下れる状況ではなさそうだ。
 それに5月には川沿いの山の斜面で行者ニンニクやアズキナなどの山菜が沢山採れるし、同じ場所でカタクリやエゾエンゴサクなどの春の草花も見られて、楽しさ一杯の川下りができるのである。
 湯ノ岱温泉の保養センター前が河川敷まで車で降りられ出艇適地となっている。
 増水していても瀬らしいところもほとんど無く、安心して下ることができる。ただし、難易度は2としたが初心者だけで下れる川ではないので、ベテランの同行が必要である。
 山間部では流れは崖にぶつかって向きを変えるし、今回は倒木でほとんど塞がれている場所もあり、決して油断はできない。
 途中の宮越橋下流の頭首工は撤去されていたが、そこを過ぎたところに小さな段差があって注意が必要だ。
 最後は天の川橋上流左岸に上陸。堤防を上がった場所に公園の駐車場やトイレがあり、おまけに200円で入れる花沢温泉もあり、まさに川下りのゴール適地だ。
 そのまま河口まで出ても良いが、近くまで車を回すことはできない。

より大きな地図で 天の川 を表示
天の川
天の川


川下り日記  2011/5(湯ノ岱大橋〜天の川橋)


天の川 天の川
増水した川は青く濁っているが、十分に綺麗な水だ 知内線の鉄橋の下を2カ所で通過

天の川 天の川
上を見ているのは山の斜面の山菜を探しているから 頭首工下流には小さな段差がある

天の川 天の川
こんな倒木もあるので油断はできない 山間部を抜けると夷王山の夜明けの塔が前方に見えてくる

戻る