トップページ > カヌー > 北海道の川紹介
 

庶路川

 阿寒富士の麓に源流があり、白糠町庶路で太平洋にそそぐ長さ70qほどの清流。
 途中には庶路ダムがあり、その下流の落差5mの大滝は秋には紅葉に染まり多くの人が訪れるらしい。
 シシャモが遡上する川としても知られ、釣り人も多く入っているが、カヌーフィールドとしては殆ど知られていない。



(行止り林道の橋〜道東道の橋下流1キロ) 難易度:2
清流度:4
 山間部を抜けた先の中・下流域は、流れも穏やかでたまに現れる瀬も難易度は低い。
 牧場の中を縫うように大きく蛇行しながら流れ、山の縁を流れる時は川岸まで崖が迫り、川下り中の風景の変化も楽しめる。
 春先には川沿いのいたるところにアイヌネギが群落を作り、山菜採りも楽しめる。
 こんな川がカヌーフィールドとして一般的でないのは、春先以外はカヌーで下るだけの水量が無いからなのだろう。
 夏場の渇水状況は分からないが、少々ライニングダウンが必要でも、楽しく下れる川だと思う。
 私が下った時には、川を完全に塞ぐ倒木が何か所かあったけれど、流れが緩いので危険性は少なく、ポーテージも簡単にできる。
 流域は殆どが牧場になっていて柵が張り巡らされているので、道路から川へアプローチできる場所は意外と少ない。
 牧場地帯の常として、雪解け時や降雨後は牛や馬のし尿も流れ込んでいそうな気がする。
 そんな欠点もあるけれど、初心者を連れてでも安心して下れるお勧めの川である。
 総距離 11.8キロ
 

より大きな地図で 庶路川 を表示


川下り日記 2018/04(行止り林道の橋〜高速道路の橋から下流1キロ


周りが牧場なのでこんなことも 倒木は多いがポーテージは簡単

こんな景観を何度も楽しめる 難しい瀬もほとんどない

戻る