トップページ > カヌー > 北海道の川紹介
 

札内川

 帯広市の市街地で十勝川と合流する、その支流の札内川。
 国土交通省発表の一級河川水質ランキングでも常に上位に入っている川である。
 広々とした川原は札内川が暴れ川であることの証拠で、その様子は歴舟川とも良く似ている。
 しかし1997年に完成した上流部の札内川ダムの影響が、今後どのように出てくるのか、ちょっと心配なところではある。。



(大川橋〜札内清流大橋) 難易度:3
清流度:4
 我が家がここを下った時は水も少し濁り気味で、自慢の清流を味わったことはまだ無い。
 このような川では水量の少なさと水の透明度は比例することが多いので、綺麗な水の時にライニングダウンしながら下るか、やや濁り気味の時に座礁することなく快適に下るか、どちらが良いかは難しいところだ。
 大川橋から下流には特に難しい場所もない。
 テトラなどの人工物に気を付けなければならないが、増水時でなければ、余裕を持って避けられるだろう。
 帯広市内に近づくと河川敷が公園化されているので、川原に人の姿も目立ってくる。
 山の中の川を下っていると、周りの風景は人を寄せ付けないような自然の厳格な姿ばかり。こうして川と人とが触れ合う姿を目にすると、何だかホッとしてしまう。
 手軽に清流を味わうにはお薦めの川である。
  総距離 13.5キロ

より大きな地図で 札内川 を表示
札内川
札内川


川下り日記  2005/6(大川橋〜札内清流大橋) 


札内川 札内川
このような人工物には注意が必要 札内清流大橋

戻る