雨竜川

 北海道一の人造湖である朱鞠内湖を作り出すのが雨竜川。
 その雨竜第1ダムで水を取られてしまい、渇水期には流れているかどうかも分からないくらいの惨めな川になってしまう。
 でも、雪解け時の増水期には元の川の姿を取り戻し、私が沈して流された一番の記録もこの雨竜川で出したものだったりするのだ。



(朱鞠内トンネル付近) 難易度:2
清流度:3
 朱鞠内トンネルを抜けて1キロ歩くだけで5キロの川下りを楽しめるのがここの特徴である。
 我が家が単独でここを下ったのは4月の雪解け増水の真っ最中、流れのパワーもあり、途中で川を塞ぐように倒れた倒木もあって、かなり緊張させられた。
 夏場に見ると流れもほとんど無い区間なので、この変わりようが信じられない。
 そんな渇水時期に、ちょっと変わった川下りを楽しめそうな場所だけれど、草が茂っているので川へのカヌーの上げ下ろしには苦労するかもしれない。
  総距離 5.1キロ

より大きな地図で 雨竜川1 を表示
雨竜川
雨竜川


川下り日記  2008/4


雨竜川 雨竜川
出艇場所、雪がある時はカヌーを降ろしやすい 川を塞ぐ倒木




(幌加内町政和〜雨煙別橋) 難易度:3
清流度:3
 国道275号線を幌加内町から朱鞠内湖へ向けて走っていくと、道の駅「森の湖の里ほろかない」の手前に旧深名線の鉄橋が架かっているのが見えるが、その付近がポンカムイコタンと呼ばれる場所だ。
 巨大な岩が流れの中に点在していて、ゆったりした流れが続く雨竜川の中では唯一の難所とも言えるところである。
 カヌークラブの例会の下見で、雪解け増水時期に3艇でここを下っていた時、その鉄橋の上流に高低差の大きい瀬があって、そこで私を含めた2艇が沈して、ポンカムイコタンから延々と流されたことがある。
 増水した川を甘く見てはいけない良い例だが、一ヶ月後の例会では水位も下がって、皆で楽しくそこを下ることができた。
 ただしその時は猛烈な蚊の攻撃に晒され、それはそれで大変な川下りとなったのである。
 それでも、朱鞠内湖が好きで、何度もこの付近を走っている私にとって、雨竜川はとても親しみを感じる川なのである。
  総距離 8.8キロ

より大きな地図で 雨竜川2 を表示
雨竜川
雨竜川


川下り日記 2005/5  2005/6


雨竜川 雨竜川
こんな風景は他の川では見たことがない 旧深名線の鉄橋、この上流で沈をした

雨竜川 雨竜川
このポンカムイコタンの中を延々と流された 一ヶ月後のポンカムイコタン、これでも水は多い方だ

戻る