トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介 > 道東2

カムイコタン公園キャンプ場

 

ロケーション 環   境 荷物運搬

所在地
大樹町字尾田
料金
1サイト1000円、2人以上で1サイト利用の場合は高校生以上1人600円、中学生以下無料 キャンピングカー1台2000円(テントサイト以外の利用)
開設期間
7月1日~9月第1日曜日、期間外は無料で開放
問い合わせ先
現地管理棟:01558-7-5623 期間外は大樹町役場:01558-6-2114
最終利用年月
2017年9月
関連ページ
焚き火 ・98日記 ・2001日記 ・2004日記 ・2005日記 ・2007日記(1) ・2007日記(2) ・2009日記 ・2011日記 ・2012日記 ・2014日記 ・2015日記(1) ・2015日記(2) ・2017日記(1) ・2017日記(2) ・公式ホームページ

 

 

テントサイトはA、B、Cの3カ所に分かれていて、一番人気があるのは歴舟川の河原に面したCサイトである。
道道からCサイトへと降りていく途中にあるのがBサイトで、樹木に囲まれているので川を直接見ることはできない。ただ、トイレと炊事場はBサイトにしかないので、こちらの方がCサイトよりも便利は良い。
道道を挟んで反対側にあるのがAサイトで、ここは川からも離れトイレ・炊事場もあり独立した別のキャンプ場と言っても良いくらいだ。
オートキャンプ場のようにサイトの横に車を停められるのはBサイトだけで、AサイトとCサイトは駐車場所は別になっている。
開設期間中はオートキャンプ場のようにサイトを指定される。料金が少し分かりづらいが、1サイトは1000円だけれど、二人以上で利用する場合は一人600円の料金が適用される。
開設期間が短いのが残念だが、期間外は無料で利用できる。ただしトイレと水場は、キャンプ場内のものは閉鎖され、道道沿いの駐車場にあるトイレと、その隣の水飲み台が使えるだけである。
私がここを利用するのは期間外のことが多く、そんな時はトイレの裏にある多目的広場を利用させてもらっている。
この多目的広場は、開設期間中はテントを張ることはできない。テントサイトが満員になった場合はどうなるかは確認していないので分からない。
歴舟川の広々とした河原には車を乗り入れることもできるが、ここでのテント設営は禁止されている。
キャンプ場前の歴舟川は瀞場になっているので、子供たちの水遊びには最適である。ただし、ちょっと雨が降れば直ぐに増水する川なので、その辺は十分に注意してほしい。
何度も清流日本一になっている歴舟川は、海へと流れ出るまでその透明度は失われず、カヌーイストにとっても憧れの川である。そんな川の目の前にテントを張れるのだから最高である。
北海道内でも、これだけ川に近いキャンプ場は他にはなく、川遊びが好きなキャンパーには本当にお勧めのキャンプ場である。
2018年は2年前の台風で壊れた施設の復旧工事が行われる関係で、Cサイトは閉鎖される。


川好き人間には最高のサイトである

親水性の高いCサイト、河原へ降りる斜路もある

こちらもCサイト

Cサイト、夏場はテントで埋まる

Bサイトの様子

Bサイト中央には立派なバーベキューハウスがある

多目的広場、三角の屋根が駐車場のトイレ

私たちがシーズンオフに利用するのは多目的広場が多い


北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:マツダ さん 投稿日:2007/07/22

ヒデさんこんにちは

21日~22日の1泊で利用してきました
今回は14歳になる娘と二人だけの11年振りのキャンプと二人用のnewテントデビューも含めたキャンプでした。
当日の利用者はなんと私達だけの独占状態でした。難民キャンプを予想したのですが・・・(^_^;
週末の天気予報では雨マークばかりで当然雨キャンを予測しましたが、到着したその日は霧雨と霧でしたが翌日は曇りながらもたまに日が差すまずまずの天候に恵まれました。

こちらのキャンプ場の良さはもう既に伝えられいますが、やはりいつ行っても良い所ですね~先日の白金も良かったですが、
水辺に面した所のキャンプも良いです。歴舟川のせせらぎが心落ち着かせてくれます。

管理人のおじさんとお話をしましたが今年は利用客が少ないと言ってました。「先週の連休は混んでひどかったしょ~?」
と尋ねると「いやいや全然だ、今年なんかオープンして100人位だよ」とか言ってましたが・・・
確かに、サイト跡地を見ても雑草が適度に伸びてたりしてつぶれた様な感じがしませんでした。
利用する者には良いのですが、利用数減少のため閉鎖とかなったりとか変なこと事ばっか考えましたけど、、、

そういえば、昔利用した時にいたボケとツッコミの利用料回収のオジサン達が居ませんでしたが(^_^;
もう辞めちゃったんでしょうね 

投稿者:kenji さん 投稿日:2006/08/04

ヒデさん、おはようございます。

こちらのHPでよく目にしていたカムイコタンキャンプ場へ川下り目的で行ってきました。この時期にしては幸運にして河原サイト貸切、上のサイトにも2組と静かなキャンプができました。2日間にわたっての川下りの予定で時間が少なくまったりする時間と道路の反対側のサイトの見物もする事なく帰って来ましたが暑い中楽しい水遊びができました。
自宅に戻って写真を整理しているとどこかで見たような写真・・・カムイ大橋の街灯の写真、ヒデさんも何かに投稿していたような?

川下りの方は以前のカヌークラブの例会でかなり川の中を歩いたとの事でそれ以上に歩く事を覚悟して行きましたが、今回は姫がライアンで下りたいとの事、それが幸いしました。夏場の渇水で水量が少ない中、私の重い体重をあの小さなプラカヤックにまかせゴンゴン・ガンガン思ったほど歩く事もなくライアンもキズをつける事なく済み楽しい水遊びが出来ました。

追伸
6日の例会の飛び入り参加宜しくお願い致します。尚、都合が付けば5日の夜にキャンプ場に入りたいとも思っております。

投稿者:赤ビートル さん 投稿日:2005/08/27

8月20日(土)~21日(日)1泊2日

ヒデさん、こんにちは。予定を急遽変更して南下することにしました。当初の予定は、ヒデさんのご想像通り三国峠越えでした(もちろん幌加温泉経由♪)。が、北の天候がまだ回復していないので今回は断念。正反対のルートを通ってカムイコタンへ向いました。この日の大樹町は暑いくらいの晴天。到着してびっくり。河川側サイトにはだ~れも居ないのです。この時期の週末に貸切か?結局はお盆の残党団体キャンパー一組が橋側の樹の下近くでバカ騒ぎしてました。

この野営場はいいところですね。数年前からチェックしていたところでしたが、然別界隈にばかり心奪われて、なかなか訪問出来ませんでしたから、今回の雨はいいきっかけになりました。管理人に聞いて驚いたのですが、この野営場は区画サイトを事前予約可能なんですね。ちょっとびっくり。混雑時期に無断キャンセルがあった場合はどのように対処するのでしょうか?

更に驚いたのは、「その区画サイト以外で設営する場合は料金は徴収しませんし管理外です。」・・・と。「それじゃボクらの自己責任を明確にした上で、河川に設営させていただきます。」となり今回は目の前の歴舟川をやや上流へ行ったところに設営しました。注記しておきますが、大雨等による河川増水には常に注意していましたし、有事には簡単に撤収可能な状態を常に保っていました。ファミリーキャンパー(特にお子さんのいる方)は真似しないでください。

サイトは大きく3つの区画に分かれています。中央の窪んだ位置にあるオートサイトはあまり好みではありませんでした。それならちょっと離れたところにある第3サイトのほうが過ごしやすいかもしれません。奥の方はなかなかイイ感じでした。が、ヒデさんも仰る通りやはりここでは歴船川沿いで野営しなきゃ勿体無いですね♪それくらい見惚れる清流とその景観でした。

歴舟川のせせらぎは極上のBGMです。左側には橋も目に入りますがこのせせらぎのお陰で通行音はまったく気になりませんでした。とにかく"180度フロントビュー"で美しい景色を終日堪能することが出来ました。札幌へ発つ時間を遅らせてまで滞在を長引かせたくらいですから。

実を申しますと、赤ビ~トルはこれが初めての河川野営です。川には海や湖とはまた違った「良さ」がありますネ♪それも歴舟川だったからでしょうか?グラウンドは砂地や芝と違って多少凸凹がありますがエアパッドでうまく分散できますし湿ったテントを乾かすには最適でした。そうそう1箇所の野営地でこんなに写真を撮ったのは久しぶりです。それくらいベストポジションでした。赤ビ~トル評価☆5(注 河川前に設営の場合のみ)

夜から霧雨となり翌朝までそれは続きましたが、午後からは止んでくれました。この4日間は常に雨にあたる野営でしたが
幸いにも設営撤収時は天候に恵まれました。最終日は「ナウマン温泉アルコ236」へ。ここの唯一の不満は周囲に良質な温泉が無いことですね。しかも「アルコ236」は循環ろ過&加温。自宅で風呂に入るよりはマシですが週末で多少混雑していたので湯舟に浮かぶ垢が気になりました。pHは9以上あるので肌はつるつる感がありますが源泉純度の低い風呂です。

投稿者:おおぬま さん 投稿日:2002/08/02

管理人さん、サマーキャンプ行ってきました。
大樹町はカムイコタンキャンプ場です。
噂どおりきれいな川で、来年も行きたいキャンプ場の一つになりました。
一泊大人600円、子供400円は、連泊すると痛い失費ですが、川のきれいさで許しましょう。ゴミは分別し、朝9時までに所定の場所に捨てないと持ち帰りになります。温泉は、町内の公衆浴場か忠類村のナウマン温泉があります。テント設営は、川原のサイトが一番。でも炊事場までちょっと離れているけど。

明日から、女満別シジミ味噌汁キャンプです。(笑)


前のページに戻る
ページトップへ