北海道キャンプ場見聞録 我が家のファミリーキャンプ
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

北海道のキャンプ場おすすめベストテン(旧版)

 これは以前に作成したおすすめベストテンです。
 お気に入りのキャンプ場なんて泊まる度に変わってしまうものです。あまり参考にはしないで下さいね。(^_^;


もっと前に作成した1999年版ベストテンもあります

第1位
 朱鞠内湖キャンプ場

 堂々の第1位はやっぱりここ、我が家のお気に入りキャンプ場です。
 春、キャンプ場までの途中に広がるカタクリとエゾエンゴサクの大群落。
 夏、ものすごい雷で真剣に身の危険を感じた夜。
 秋、落ち葉の絨毯に包まれた静かな場内。
 冬、マイナス23度の中、極寒のキャンプ。
 何時行っても、このキャンプ場は我が家に素晴らしい時を与えてくれます。

第2位
 クッチャロ湖畔キャンプ場

 2002年の6月にここに泊まった結果、これまでの9位から一躍2位までランクアップさせることにしました。
 さすがに1位は朱鞠内湖のままですが、私の心の中で一番好きなキャンプ場はここになると思います。
 何が良いのかと聞かれると返答に窮してしまいますが、ここに泊まるととても落ち着くことができます。
 質素な施設、場内の所々に生えている樹木、木製の野外卓、そして静かなクッチャロ湖の眺め、その全てが心を和ませてくれるのです。
 おまけに夕日を眺めることまでできたら、まさにキャンプ冥利に尽きるといった感じですね。

第3位
 ニセコサヒナキャンプ場

 各サイトに作られた焚き火スペース、キャンパーへの配慮が伝わってくる民営のキャンプ場です。
 ロケーションも最高で、ゆったりとキャンプを楽しみたい大人向けのキャンプ場、堂々の第3位にランクインです。

第4位
 ドローム・キャンプフィールド

 札幌から直ぐ近くなのに恵まれた環境、ゆったりとした場内、横を流れる白井川、キャンプ場の善し悪しは設備の充実よりも、その場所の自然環境に左右されますね。
 ここも、そう言った意味で数々の有名キャンプ場を押しのけて、第4位へ入ってきました。

第5位
 支笏湖美笛野営場

 危うく裏ベストテンに入りそうなところでしたが、かろうじて表ベストテンに残ることができました。
 美しい湖に美笛川の清らかな流れ、そしてサイトを囲む美しい森と、我が家がキャンプ場に求める全ての条件が整っているのですが・・・。
 いくら条件が整っていても、それを楽しむ心のゆとりを得られなければ何にもなりません。
 初めて美笛に訪れたキャンパーが、あの混雑の中でテントを張って、本当に満足して帰ることができるのだろうか、人ごとながら心配になります。
 やっぱり、人の少ない時期だけの期間限定と言うことで、裏ベストテンに入れた方が良かったかな。

第6位
 道民の森一番川地区オートキャンプ場

 高規格オートキャンプ場としては、唯一のベストテン入りです。
 ゆったりとしたサイトのレイアウトと必要最小限の施設、サイトのすぐ横を流れる川に、山に囲まれた落ち着いた雰囲気、オートキャンプ場否定派の人にとってもここならば違和感無く泊まることが出来ると思います。

第7位
 国設白金野営場

 最近は、すぐ近くの美瑛自然の村キャンプ場の方に人気を奪われた感がありますが、我が家はこちらの方が好きです。
 テントを張る時は、自然と大きな木の下に引き寄せられてしまうという我が家にとって、ここには「あっ、ここにテントを張りたいな」と思わされる場所がたくさんあります。

第8位
 尾岱沼青少年旅行村

 一応設備は充実していますが、キャンプ場自体にはそれほど魅力があるとは言えません。
 ここの一番の魅力は、場内どこからでも野付湾とその向こうに伸びる野付半島の影を眺めることが出来るということです。
 道東まで足を伸ばしたら、ここに泊まって独特の旅情に浸りたいところです。

第9位
 兜沼公園キャンプ場

 道北へ行って1泊泊まる場所、といったら真っ先にここが上げられます。
  静かな森の中でゆったりとした一晩を過ごせば、旅の疲れも吹き飛んでしまいますね。
 個人的な好みとして、何もない芝生のキャンプ場よりも、ここみたいな林間のキャンプ場が大好きです。

第10位
 丸瀬布いこいの森キャンプ場

 個人的にはこれまでのキャンプシーンの中では、ここに泊まったときのものが一番だったと思います。
 快晴の秋空の下、周りの山々は錦色に染まり、サイトのすぐ横を流れる無利川を眺め、場内に用意されている無料の薪で焚き火をしながら、冷たく冷えた美味しいビールを飲んでいると、カサカサと静かな音を立てながら、頭上から落ち葉が降り注ぐ。
 キャンプをしていて、本当に幸せを感じることができました。

第11位
 国設然別湖北岸野営場

 1999年版では堂々の第3位に入っていたのが、ちょっとランクダウン。
 周囲の自然は相変わらずの第1級なのですが、最近泊まったときの印象では、サイトがちょっと荒れてきているかなとの印象でした。
 でも、カヌーを持っている人にとっては最高のフィールドですね。

第12位
 国設然別峡野営場

 カヌーが無いのならば、然別湖北岸野営場よりもこちらの方がおすすめかもしれません。
 トドマツ林の中のサイトにテントを張ると、森の住人になった気分です。
 すぐ横の露天風呂ももちろん最高ですね。

第13位
 美瑛町自然の村キャンプ場

 キャンプ場ガイドブック等では最高の評価を得ているキャンプ場です。
 それでも、我が家の好みはすぐ近くにある白金野営場の方、その影響でベストテンから漏れてしまいました。

第14位
 紋別コムケ国際キャンプ場

 ここも、かなり昔に泊まっただけのキャンプ場なので、ちょっと記憶が薄れています。
 それでも、おすすめキャンプ場としては外せないところですね。

第15位
 岩尾内湖白樺キャンプ場

 白樺林の中にテントを張ってみたい方はこちらにどうぞ。
 隣の温泉が無くなってしまったのは残念ですが、それでも泊まる価値のあるキャンプ場です。

第16位
 歌才オートキャンプ場L'PIC

 人気のあるオートキャンプ場。
 確かに、各サイトの作りといい、周辺の環境といい、人気のあるわけが解ります。

第17位
 占冠村ニニウキャンプ場

 何にもないキャンプ場、それでも最近人気が出てきているのは、こういった自然の風景にみんなが飢えているからなのでしょうか。

第18位
 オンネトー国設野営場

 大雨の中、やっとの思いでテントを設営したキャンプ場です。
 もしもその時、天候に恵まれていたら、ベストテンに入ったかもしれないキャンプ場ですね。

第19位
 YAMANONAKAカムイミンタラ

 何の特徴もなくて、農家の庭先の牧草畑にテントを張ったような気分になるキャンプ場ですが、民営ならではのオーナーの気配り、周囲の自然、それが人を引きつけるのでしょうか。

第20位
 上里森林公園キャンプ場

 30度を超す真夏の暑さの下、アブの大群に襲われながら、駐車場からサイトまでの長い道のりを荷物を運ばされましたが、それさえなければ素晴らしい環境のキャンプ場だと思います。


最新版ベストテンへ戻る

FAMILY CAMP トップへ戻る