トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介

YAMANONAKAカムイミンタラ

YAMANONAKAカムイミンタラ 所在地 白糠郡音別町霧里
料金 入場料一人500円、車両1台500円、キャンピングカー1000円、バイクは無料、ツーリストハウス1500円
開設期間 4月下旬〜10月末(ツーリストハウスは通年)
問い合わせ先 カムイミンタラ(01547-6-8456)
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2011年11月

 北海道内の個人経営キャンプ場としては草分け的な存在でもある。
 廃校となった霧里小学校の校舎を住居及びツーリストハウスとして利用し、グランドがテントサイトとなっている。
 児童数が一番多かった時期でも40人程度だったとのことで、校舎の建物は小ぢんまりとしていて、ツーリストハウスとして利用するにはちょうど良い規模である。
 そして、この校舎の存在がキャンプ場の添景として、良い味を出しているのだ。
 太平洋に面した音別町の市街地から山の中へ20キロ程入った舗装道路の途切れるところにこのキャンプ場がある。
 この道路の先は道東スーパー林道に繋がり、キャンプ場の先には人は住んでいない。隣の家はキャンプ場から4キロ以上離れていて、ここは正にその名前のとおり、山の中のキャンプ場である。
 道路を挟んでムリ川、サイトに隣接してポンムリ沢川が流れ、環境は申し分ない。さすがに、管理人さんが道内を旅してまわってようやく見つけ出した場所だけある。
 牧草地化していたグランドを部分的に草を刈りこんでサイトにしている。
 オープンして間もないころに利用した時はその区別もはっきりとしていなかったけれど、現在はしっかりと区画されたサイトになっている。
 サイト間の距離も十分に保たれ、隣のキャンパーは殆ど気にならないだろう。
 ここに泊まるためには20キロの道のりを走らなければならず、旅の途中に立ち寄るには不便な場所であるが、その分、時間を気にしない静かなキャンプを楽しめることができる。
 風呂や洗濯機もあるので長期滞在も可能。ライダー、ファミリーを問わずに、自然を求めるキャンパーには誰にでもお勧めできるキャンプ場である。
 以前は通年営業していたが、最近はテントサイトの方は4月から10月までの利用に変わっている。
 なお、ツーリストハウスの方は通年営業なので、そちらの料金を払ってでもキャンプをしたいという物好きな方は、管理人さんにお願いすると良い。
 ツーリストハウスの中には管理人さんの奥さんが趣味にしているピアノが3台も置かれている。ピアノの弾けるキャンプ場は道内でもここしかないだろう。

関連ページ: ・2011年キャンプ日記 ・ベストテン(旧) ★ 公式ホームページ ★



(写真をクリックすると別画面に大きな画像を表示)
YAMANONAKAカムイミンタラ YAMANONAKAカムイミンタラ
キャンプ場の全景 霧里小学校の校舎が心を和ませる
YAMANONAKAカムイミンタラ YAMANONAKAカムイミンタラ
草を刈ってサイトを区分けしている 校舎付近のサイト
YAMANONAKAカムイミンタラ YAMANONAKAカムイミンタラ
1995年頃の様子 夏のキャンプ場は緑に囲まれる
YAMANONAKAカムイミンタラ YAMANONAKAカムイミンタラ
サイトの隣を流れるポンムリ沢川 キャンプ場へ向かう道道
YAMANONAKAカムイミンタラ YAMANONAKAカムイミンタラ
ピアノのあるキャンプ場は道内でもここだけ? 霧里小学校の教室だった部屋

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:ぼん・ぼん さん 投稿日:2007/05/02

ヒデさん・皆さんこんにちは!
私の今期の開幕は、YAMANONAKA カムイミンタラ
4月29・30日 1泊2日
私と今期より中学生になった息子と2人で行きまた。
前日にTELで予約を入れたところ予約は不要ですよとの事でした。朝7時に帯広を出発2時間ほどでカムイミンタラに到着!
ココはINが午前8時から可能との事で早めのINを済ませ、オーナーが簡単にサイトの説明と約束事の説明を伺った後、奥の川沿いのサイトにテントを設営しました。
サイトには車を乗り入れる事ができタープ・とテントを設営してもまだテントが2つは設営できるくらい余裕があり隣とも十分すぎるくらいの間隔ありとても落ち着いた感じがしました。
(ゴルフコースの様に草地を刈り込んでグリーンがテントサイトの様な感じでしょうか。当日の利用者はソロの男性とファミリーそして私達の3組でした。(ツーリストハウスには4、5人の釣り人が宿泊していました)

天候にも恵まれ最高の開幕です。(朝はたぶんマイナス3度位にはなったと思います。バケツに氷が張りました)
最低限度の設備と簡素ですが清潔でよく管理されたトイレと炊事場・そしてフカフカの芝生・自然度の高いロケーション・人工の物が殆んど目に入りません。夜間照明が在りません!!月が陰ると最高の星空が広がりました。(炊事場は人感センサーで灯りがつきます)廃校跡のツーリストハウス兼管理棟の前にこじんまりとしかし余裕のあるサイトが広がっています。穏やかな時間と空気・オーナーの心遣いに溢れたキャンプ場です。何もしないのも良し・散策するのも良し・近くの川で釣りを楽しむのも良し・とにかくゆったりと過ごす事が出来ると思います。
また、カラスやキツネなどのはキャンプ場にはやって来ません
これは生ごみなどの管理が行き届いているのでしょう(基本的に持ち帰り)近くにの山にはカラスがいますし、夜はキツネの鳴き声の聞こえます。人と野生動物の適度な距離が保たれている事には本当にオーナーの自然に対する配慮とキャンパーのマナーの大切さを強く感じました。また近いうちに利用したい気持ちにさせられる心地よいキャンプ場でした。
良い所・・自然度が高い(たぶん最高ランク)
      照明が無い(夜空がきれい)
      サイトが広くプライベートが保たれている
      オーナーの人柄
      ツーリストハウスでくつろぐ事が出来る
      IN・OUTに余裕がある朝からin出来るの嬉しい
      OUTもお昼以降でもOKとの事1泊でも2泊分楽しめる
      薪が無料直火はダメですが焚き木が楽しめる。


     
残念な事・・見当たりません。
       ん・・・温泉が近くに無い事位かなァ
       お風呂はキャンプ場に有るようです。

また、行きたくなるイイ処でした。

投稿者:ふなきち さん 投稿日:2006/06/06

ヒデさん、こんにちは&初めまして。

こちらの情報を頼りに、この夏(7月上旬)、カムイミンタラでのキャンプを計画していたのですが、犬連れであることを理由に消極的な拒否(3頭ですか・・。今もほえてますねぇ。と言われ、歓迎されないのであればと、妻は予約を断念したそうです。)にあい、残念ながらカムイミンタラでのキャンプを断念することになりました。

フェリーの手配も終え、カムイミンタラ後の宿泊先も決まっていたのですが、別な場所を探さなくてはいけなくなりました。ちょっと、残念です。

御報告まで。

追伸
良質の情報をいつもありがとうございます。このようなサイトがあればこその私たちです。この夏は絶対北海道に行くぞ!

投稿者:kenji さん 投稿日:2006/02/07

ヒデさん、こんにちは。

2月の4日5日で音別町のYAMANONAKAカムイミンタラに行ってきました。昨年秋に訪れた時には自身の中でこのキャンプ場の魅力にはあまりたいした印象もなかったのですが、ここのキャンプ場の冬は私の中ではかなりのランクアップになりました。人工的な音と言えばたまに通る飛行機の音ぐらい、風・鳥・川・獣の音とまったく自然のまま(何もない)周りを気にする事なく自然な時間でゆっくり出来ました。近くのムリ川には冬の間営巣するタンチョウの家族がたくさんおり家族の絆を感じさせてもらいました。

投稿者:kenjiの姫 さん 投稿日:2005/11/17

11月13日(日)〜14日(月)の1泊で利用しました。

キャンプ場到着は朝7時すぎ。8時の受付開始時間まで、キャンプ場奥の林道まで行って(道東スーパー林道というのですね)みました。
受付時に、オーナーの管理人さんから利用の注意事項を伺って奥の広い場所にテントを張りました。
この季節ですからもちろん他の利用者はなしです。

廃校になった音別町ムリの霧里小学校の校舎が管理棟になっているこのキャンプ場は、なんだかとても懐かしい雰囲気が漂っていました。今まで利用した事がないタイプのキャンプ場です。
周りは本当に山の中。サイト脇に流れる霧里川の支流があることと周りは山に囲まれている。それだけの場所でした。
管理棟内は、薪ストーブに火が入れられていて、いつでも寒いと感じることなく利用する事ができました。棟内には、旅人が持ってきたものを含めて相当量の本。それとCDやテープもありました。ここでのんびり薪ストーブで暖を取りながら本を読むのも悪くないなという場所です。
キャンプ場というよりは、オーナーさんのオアシスにお邪魔してくつろがせてもらっている感じという雰囲気でした。
しかし、キャンプ場としてあったらいいなという設備はきちんと整っています。洗濯機や風呂、冷蔵庫など、長期滞在者にもありがたい設備です。
利用者は焚き火用の薪は無料で頂く事ができました。

開設して16年。昨年はピーク時の4割に利用者は減っているようです。でも、あまり混雑するよりは、誰もいなくてのんびりできるほうがいいなと思ってしまいました。

投稿者:赤ビートル さん 投稿日:2005/10/04

9月18日(日)〜19日(祝)1泊2日

ヒデさん、こんにちは。Yamanonaka〜に1泊してきました。ここは帯広釧路方面で一番気になっていた野営場です。こちらにも投稿されていますアサさんご夫妻と合同野営でした。ボクらは浦幌から、アサさんご夫妻はこの日、早朝に札幌を発ってここで待ち合わせしました。

とても印象に残る野営場でした。何と言ってもあのノスタルジックな管理棟でしょう。廃校になった小学校はそのまま管理棟兼住居となっていて宿泊も可能なようです。到着早々、管理人さんの奥様が弾かれるピアノの音が校舎の中から聞こえてきて〜なんだかみょ〜に懐かしい雰囲気が漂ってました。

旅の途中でしたので、ここで洗濯機を拝借しました。もちろん古い2層式洗濯機。ガッタンゴットン回っている音を聞いていると昭和の時代にタイムスリップした気分になります。

テントサイトは丁寧に手入れされた良質な芝でした。大小いくつもの区画に分かれており、それぞれ趣があって場所選びに迷いました。今回は管理棟裏手、最も奥まったところにある大きめの区画に並んで設営。アサさんが設営された大きなタープの下で、終日まったりと談笑しながら過しました。

夜にお風呂を借りました。幼少の頃、おじいちゃんおばあちゃんの家にあったような古い和式風呂です。スノコ板に木の桶。薪ではなくガスで手動で沸かすタイプでしたが、裸電球1個がぶら下がる浴室内はまるで日活映画のワンシーンのようでした。

ところで・・・この野営場での2日間、洗濯にお風呂、アサさんご夫妻との談笑、それに朝夕の景色・・・それらの写真全てを間違って消去してしまいました。そりゃもうショックでした(ToT) 今はもう記憶の中にだけしかここの絵は残っていません。なんだかそれすらも、このYamanonakaに似合っているような気がします。

投稿者:赤ビートル さん 投稿日:2005/10/04

9月18日(日)〜19日(祝)1泊2日

ヒデさん、こんにちは。Yamanonaka〜に1泊してきました。ここは帯広釧路方面で一番気になっていた野営場です。こちらにも投稿されていますアサさんご夫妻と合同野営でした。ボクらは浦幌から、アサさんご夫妻はこの日、早朝に札幌を発ってここで待ち合わせしました。

とても印象に残る野営場でした。何と言ってもあのノスタルジックな管理棟でしょう。廃校になった小学校はそのまま管理棟兼住居となっていて宿泊も可能なようです。到着早々、管理人さんの奥様が弾かれるピアノの音が校舎の中から聞こえてきて〜なんだかみょ〜に懐かしい雰囲気が漂ってました。

旅の途中でしたので、ここで洗濯機を拝借しました。もちろん古い2層式洗濯機。ガッタンゴットン回っている音を聞いていると昭和の時代にタイムスリップした気分になります。

テントサイトは丁寧に手入れされた良質な芝でした。大小いくつもの区画に分かれており、それぞれ趣があって場所選びに迷いました。今回は管理棟裏手、最も奥まったところにある大きめの区画に並んで設営。アサさんが設営された大きなタープの下で、終日まったりと談笑しながら過しました。

夜にお風呂を借りました。幼少の頃、おじいちゃんおばあちゃんの家にあったような古い和式風呂です。スノコ板に木の桶。薪ではなくガスで手動で沸かすタイプでしたが、裸電球1個がぶら下がる浴室内はまるで日活映画のワンシーンのようでした。

ところで・・・この野営場での2日間、洗濯にお風呂、アサさんご夫妻との談笑、それに朝夕の景色・・・それらの写真全てを間違って消去してしまいました。そりゃもうショックでした(ToT) 今はもう記憶の中にだけしかここの絵は残っていません。なんだかそれすらも、このYamanonakaに似合っているような気がします。

投稿者:KEN さん 投稿日:2005/08/19

ヒデさん、こんちには。
8/13より2泊3日でYAMANONAKAカムイミンタラへ家族(夫婦+子供三人)で行ってきました。
数年前にヒデさんのサイトを初めて見た時に行きたいと思ったのがサヒナとここでした。
サヒナをワイルドにした感じのイメージを持っていたのですが
まさにその通り。携帯電話も通じない、自然がただあるのみの光景に大満足。
トイレも手作りで工夫されていてヘタなキャンプ場より清潔。

全体があまりに広く全貌がつかめないうちは人がどこからともなく現れるので吃驚しました。
管理人さんによるとほぼ埋まっているとの事でしたが周りが全然気にならない程、まったりと過ごす事が出来ました。

昼はアブと蜂がひっきりなしに襲来して来て驚きましたが
2日目になると慣れてきて身体にとまりそうな時以外は無視していました。

夜はランタンをつけると蛾がこれでもかと集まるので食事が終わるとランタンを消し、まったりと焚き火を楽しみました。
時々クワガタが飛んで来て子供たちも大喜び。さらに隣のサイトの人や管理人さんにもクワガタをもらって喜んでいました。
(札幌ナンバーのご家族で釣りを楽しんでいらした方、その節はありがとうございました)

21時を過ぎると非常に静かで聞こえるのは獣の息吹。
(森の中で「キャン」と鳴いていたのはなんだろう?)
キャンプ場ではなかなか寝付けない私もここでは森の音を聞きながらぐっすりと寝ることが出来ました。

2泊じゃ全然ものたりない、もっと居たいと後ろ髪を引かれながら帰路につきました。
なによりオーナーの人柄と器の大きさに感動したキャンプ場でした。

投稿者:舟ママ さん 投稿日:2005/08/20

KENさん、ヒデさん今晩は。
ここのキャンプ場は6年ほど前に、今は亡き初代の犬と主人と初めて家族キャンプに行った思い出の地で、なつかしくて思わず書き込みさせていただきました。
ゆったりとしたキャンプサイトで、野生の気配を身近に感じ、のんびりと過ごしたとても良い印象がありました。
あちら方面に行く機会があれば又、是非再訪したキャンプ場です。

投稿者:野営人 さん 投稿日:2005/08/20

KENさん、ひでさん、舟ママ、こんにちは
わたしもとっても懐かしくて書き込みました
たしか、開設して3年目の年でいまから11年前かな
なまら時間かけて行った覚えがあります(9時間?ぐらい)
とても印象的だったのはトイレでしたね。家庭で使っているような
柔らかなトイレカバーがしてあって管理人さんの優しさが感じられました。このように管理されているとなんだか泊まっている人みんなが家族のようでみんなで汚さないように気をつけちゃいますよね。(自分ちのトイレのようでリラックスしちゃったりして)
もちろん環境はピカイチです。あんまりメジャーじゃないのでウルサイ輩がいなくて本当のキャンプが楽しめますね。
今年こそはと、毎年思うんだけどなかなか遠くてあきらめてますが
行ってきたという話を聞くとますます来年はと思ってしまいます。
あの素朴なやさしい管理人さんはお元気でしたか?

 

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ