北海道キャンプ場見聞録 北海道のキャンプ場紹介
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

ドローム・キャンプフィールド

ドロームキャンプフィールド 所在地 余市郡赤井川村字明治56
料金 大人800円、小学生400円、幼児200円、車1台500円、キャンピングカー1000円
開設期間 5月上旬〜10月上旬
問い合わせ先 ホテルドローム 0135-34-6166
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2005年9月10日

 とてもおしゃれなプチホテル「ドローム」に隣接したキャンプ場、現在はアリス・ファームの経営に変わっている。
 周りを山に囲まれ、広々とした芝生とその中にぽつりぽつりと残された樹木、美しいシラカバ林、とても居心地の良いキャンプ場である。
 横を流れる白井川は水も澄み、このキャンプ場の魅力を更に高めている。
 サイトからその流れを直接見られる場所は殆ど無く、水音も聞こえないかもしれない。でも、直ぐ近くに川が流れていると言う事実だけでキャンパーの心は和まされる。
 我が家がこのキャンプ場を初めて利用したのは5月の木々が芽吹き始めたばかりの頃。春紅葉とも言われるこの時期の新緑は本当に美しかった。
 ただ、私はひどいシラカバ花粉症なので、楽しみと苦しみを同時に味わうキャンプとなったのである。
 このキャンプ場は虫が多いとの話しもよく聞く。我が家も一度ブヨに悩まされたことがあり、こんな時はスクリーンタープがあると助けられそうだ。
 でも自然の中のキャンプなのだから、それくらいは我慢しなければならないところだろう。
 それとキャンプ場の前を通る道道は、以前は途中で通行止めになっていたのが倶知安まで通り抜けられるようになったので、車の騒音も気になるかもしれない。
 我が家は、この道が開通してからは泊まったことがないので実態は分からないが、それ以前よりこのキャンプ場の魅力が減ってしまったのは確実だろう。
 ホテルの以前のオーナーも、この道が開通したことにより経営から手を引いたと聞いたことがある。
 サイト周辺を1周する道路があり、車をその道沿いに停めることになる。すぐ近くに車を止めておけるようなスペースもあるので、そんな場所ではオートキャンプ風に楽しむことも可能である。
 ここのロケーションは、我が家の基準では星四つといったところだが、我が家が泊まったときの新緑の美しさに圧倒され星五つとなっている。

関連ページ
  ・焚き火 ・2000日記 ・2000日記 ・2005日記 ・ベストテン 写真集 ★公式ホームページ★



ドロームキャンプフィールド ドロームキャンプフィールド
新緑の美しいキャンプ場である スプリングエフェメラルも花を咲かせる
ドロームキャンプフィールド ドロームキャンプフィールド
芝生の中に良い感じで樹木が残されている 広大な芝生はいくらでもテントを張れるけれど、何となく端の方に皆テントを張る
ドロームキャンプフィールド ドロームキャンプフィールド
シラカバの林間も気持ちが良さそうだ 新緑が美しければ紅葉も美しい
ドロームキャンプフィールド ドロームキャンプフィールド
質素な水場、現在は立派な水場ができたらしい 車は外周の砂利道沿いに停める
ドロームキャンプフィールド ドロームキャンプフィールド
川の横にテントを張れる場所が2箇所ほどある 水も澄んで良い川だ

北海道キャンプ場情報掲示板より

投稿者:ぼん・ぼん さん

投稿日:2008/08/21

ヒデさん 皆さん ながらくご無沙汰しておりました。
今年の夏の家族キャンプは、1度は必ず利用したいと思っていたドロームとポロトに決定し8/14、15、16で各1泊で行って来ました。今回は予約無しでも難民にならずに済む事とキャンプ場として魅力的で利用したことの無い所としては最良の選択ができました。
  まず、ドロームはハイシーズン中にもかかわらず、思ったとおり懐の深いゆったりとしたキャンプ場でした。
おそらく50組程度がテントやタープを張っていたと思われますが、お隣とも適当な間隔を保つこと事が出来ましたし、私たちは、奥の白樺の林間側にテントとスクリーンテントを設営しました。サイトの芝も短く刈り込まれていました。(刈り込みされてずに長い状態で虫に悩まされるとの投稿があったので心配していましたが問題ありませんでした。)
  少し芝が傷んでいましたが、繁忙期としてはいい状態だと思いました。ペット(犬)達も快適そうに過ごしていました。色々な皆さんが(家族ずれ・グループ等など・・)皆さんマナー良く、(夕方から雨の為か?)我々も快適に過ごしました。唯一星空が楽しめなかった事が残念でた。 夜は小樽朝里川温泉まで足を伸ばし温泉に入り早めに就寝しました。翌朝は、雨脚が弱いときにテントを撤収しましたがスクリーンテントを撤収前に強い雨に変わりしばらくスクリーンテントで家族でトランプをしながらやり過ごすと11時頃に雨脚が弱った僅か時間でスクリーンテントを撤収し今度は、赤井川温泉に行き温泉と昼食を楽しみました。(立派な施設ではないのですが、源泉かけ流しの温泉で柔らかい感じのいい温泉でした。)天気が良ければ積丹方面に足を伸ばしたかったのですが今回は、そのまま次の目的地白老(ポロト)方面に移動しました。今度は天気の良いときに訪れ星空と釣り、積丹方面の観光を楽しみたいと思います。キャンプ場としても観光の拠点としても大変魅力的なキャンプ場だと感じました。札幌近郊にこんなに懐の深いキャンプ場がある事に正直驚きました。ぜひ、また利用したいキャンプ場です。ドロームの人気に納得!

投稿者:なみすけ さん

投稿日:2005/07/20

はじめまして。
まだまだキャンパー見習い?の私ですが、いつもここのサイトを参考にさせていただいています。

7/16-18と2泊で、ドロームキャンプフィールドに行ってきました。
ガイド本や情報サイトに載っている写真や記事から、これはいいなぁ〜と思い、初めて行きました。
今年から経営が変わったんですよね、だからなんでしょうか・・・私はもう2度とは行かないと思います^^;
一番ザンネンだったのは、芝の手入れが全くされていない点です。そういうのが好きなかたもいるんでしょうが・・・林間部分はそれほどでもなかったのですが、開けているところはどこも20〜30センチくらいのびきっていました。必然的に虫も多かったです。シーズンだというのに・・・。みなさんの写真を見る限り、いままではそんなことなかったんでしょうかね。トイレが1ヶ所しかないのも厳しいなぁ〜と感じました。

投稿者:直人 さん

投稿日:2005/06/07

ヒデさん、皆さん、今日は。

6月4日から1泊で利用してきました。昨秋突然のクローズ発表時には非常に残念な事だと嘆きましたがこの6月から再開という朗報を受け勇んで訪問してきました。雪解けの具合から1日のオープンには間に合わなかったようでまさにこの日がドローム再出発の日になったようです。ひょとしてそれを祝うドロームファンが多数・・・等とも思ったのですが先客は1組のみでした。実は受付で厄介な問答があり(これは別掲します)少々困惑しながら・・・でもせっかくなので受付を済ませ・・・と同時にフィールドで場所選びをされていた1家族が「やはり止めます。返金して下さい」と言って帰って行かれました。

天気は曇で今にも降り出しそう。だだっ広いフィールドを今夜独占できるかも・・・という淡い期待をしながら、でも雨の中の設営は避けたい。ホテルから対象の位置で象徴的なドロノ木を真正面に見据え尚且つフィールド全体が見渡せる場所に設営しました。外幕を架けた瞬間に大粒の雨。もうちょっと風情のある場所でも良かったか・・・とか思いつつ山の半分に重くのしかかった雲を見やりながら缶ビールを開けました。雨は断続的に夜半まで降り続きましたが気温も5度前後とまずまずで翌日の「晴れ」の予報を期待しながら10時頃就寝しました。

翌朝は雲が重たかったものの次第に晴れ渡り雲一つないピーカンへ。そして誰も居ないフィールド。人気のキャンプ場だけに「奇跡的」だと悦に入りながら新緑を少し過ぎた風景を堪能して参りました。懸念していた害虫は今まで利用した中で最も少なかったと言っていいですがあちこちにダニがびっしりで刺された数もそれなりでありました。それでも再オープン初日に独占という幸運の方が勝ったのは言うまでも無く^_^;。ただ今後の利用に関してはマナーが問われそうです。再び閉鎖される事は無いとは思いますが見守っていきたいです。

投稿者:赤ビ〜トル さん

投稿日:2004/09/15

9月11日(土)〜12日(日)
天候 : 晴れ

ヒデさん、こんにちわ。
最初で最後のドローム。

当日60組前後のキャンパーのテントがマナー良く張られ、皆さん最後を嘆くかのような静かな夜。そして惜しまれる最後の朝。
何方もリピーターと思われカメラ片手に写真やビデオ撮影されてました。

急遽決めた、仕事の徹夜明け強行キャンプでしたが場内を初めて見た瞬間、無理してでも来て良かった♪と心から思いました。

ノスタルジックなホテルドロームも外見の造作はもちろんのこと、内部も瀟洒で長期連泊したくなる美しい建物ですね。泊まられた方のご体験をうかがってみたいものです。

こちらの写真集05番「新緑のドローム」は憧れの絵です。残念ながら夢の新緑キャンプは体験出来ませんでしたが民営ということも考えると☆4+の素晴らしいところでした。

今後の再建再開を願うばかりです。

P.S
こちらのサイトに投稿されている「なしゅお」さんご夫妻にお会いしました。真っ白な愛犬「ナッシュ」の可愛さに惚れ惚れ。短い間でしたがいろいろお話を伺い、益々、犬キャンしたくなりました。ドロームは愛犬家の方々にとっても貴重なキャンプ場だったのですね。悲。

投稿者:直人 さん

投稿日:2004/06/21

ヒデさん、皆さん、今日は。

予定通り19日から1泊で利用してきました。土曜日は曇天で降るか降らぬかという危うい天候でしたが落ちてくる事もなく、蒸し暑い中の設営は首タオルを余儀なくされ...たかが1ヶ月でこんなに季節が進んでいるんだなーとか思った次第です。懸念されていた害虫は思った程でもなく決して快適ではなかったですけど個人的には許容範囲でした。刺された数は無数ですけど(^^;。湿度の関係もあったのかも知れませんね。

今年の小川展示会は昨年より盛況で宿泊組も日帰り組も多くメーカーとしてはそれなりの成果だったようです。今年発売されたテントで参加された新たな方々との交流も素敵な出会いとなりました。

昨年ご一緒させて頂いたコン太さんとは面識もありましたので色々とお話を伺う事が出来たんですけどもう全てに於いて脱帽と最敬礼でした。1つ1つの道具に対する愛着やお手入れ、そしてご自身ならではの発想と着眼点を以ての改良や制作。そしてそれを語る時のご主人の目は少年のよう(大先輩なのに済みません)。コン太さんご本人も手の込んだ料理をもろともせず「こうすれば簡単よ。お口に合いますか?」とやはり語るその目は少女のよう。しかも激ウマ!嗚呼...かくありたいです。m(_ _)m

夜は、宿泊された皆さんと酒を飲みながらキャンプ談義に華が咲きました。こちらに書き込みをされているsato-pさんやHokkaido Camping Networkにリンクされているウックさん、そしてそのお仲間の皆さん。我が家のキャンプはその殆どが単独なので年に数回位は勉強含めてこんなのもイイなーと6月としては過去最高の最低気温20度近い中、酒が進んでいったのでありました。ご参加の皆様、本当にお世話になりました。m(_ _)m

投稿者:シロ さん

投稿日:2004/06/19

こんにちは。
人気が高いことにひかれ、18〜19日ドロームキャンプフィールドへ行ってきました。
翌日テント展示会があるとの事で、いくつかテントが準備してありましたが、泊まっていたのはその会社の方と私たちだけでした。

虫の多いところとの情報はありましたが、山育ちの私もあれ程にも多いとは思わず、かなり辛かったです。
蚊取り線香を準備していましたが、大量に焚こうと思い売店目指しましたが、売ってませんでした。
ホテルの人の話だと、農薬を使っていないので、虫が多いのは仕方ないそうです。(でも虫が多いならそういうものをおいてとくべきですよね・・効果はないかもしれませんが。)
トイレも小さな虫が床じゅうに散乱しており踏みつけそうな状態でした。
犬2匹もブヨか蚊が凄くて虫除けスプレーを何度もかけました。長毛のほうは刺されずに無事でしたが、短毛のラブラドールは顔やおなかにたくさん虫に刺されました。
食事中も虫が凄くて落ち着いて食べることもできず、朝食後はすぐにテントを片付け、帰りました。
アウトドアなので、虫がいるのは当然ですが、自然を楽しむというよりも「虫と格闘」してきた感じでした。

帰ってきてから、裕二さんとアヒルさんの掲示板を見させていただきました。
主人には「犬があんなにも虫に刺されて病気になったらどうするんだ!」と叱られ、人気の高さだけではなくもっと事前調査をすべきだったと反省します。
でも、結構なお金を支払うのですから、虫対策をしっかりと考えてくれても良いのではないでしょうか・・(以前の赤ビートルさんの記事のように)

投稿者:アヒル さん

投稿日:2004/06/07

10時00頃到着したんですが、天気もいいのに誰もいなくて
チャンスとばかりに初キャンプの犬達と遊ぼうと思ったのに..
大型犬が車のバリケンから出てこなくて(臆病者のビビリ王)ずっとテントを
立て終わってもずっと車の中でこちらの様子を伺ってました。(オドオドした目で)小型犬の方は走ってリクンクン臭いを嗅いだり探検したりしていたのに。。後半は慣れてきたのかワンワン吠えたりして廻りの方に迷惑をかけてしまったかも。。おまけにテントのメッシュ部分をホリホリされて穴を開けてしまって。それにしても凄い虫でした。旦那は11箇所私は1箇所、犬も鼻と目のふちをやられてました。顔の周りに虫がむらがって本当に虫多かったです。。

投稿者:sato-p さん

投稿日:2004/06/07

ヒデさん、アヒルさんこんにちは。

僕も函館からはるばる、ドロームに行っていましたよ!茶色の大型犬ですが、わかるかなぁ?
土曜日は雨模様と言うこともあり、虫はそれほど気にはならなかったのですが、日曜日の夕方の虫の多さは尋常ではなかったです(^。^;
4時ぐらいから撤収を始めたのですが、息も出来ないくらいの多さでした。僕もいろいろなキャンプ場に行っていますがあのような体験は初めてです。来週末もドロームに行くんですが何か対策を立てなければなりませんね。

我が家の愛犬の目の周りもかなりやられていました。僕も時間が経つにつれ、虫刺されが増えてきました。特に手の指が辛いです(笑)

投稿者:裕二 さん

投稿日:2004/05/27

初めまして。
5/25に以前から一度泊まりたいと思っていたドローム・キャンプフィールドにで初めてキャンプしました。
期待通りの綺麗なキャンプ場だったのですが、猛烈な小バエの大群の来襲に会い悲惨でした。息を吸うだけで鼻の穴にはいてくるほどですぐにスクリーンタープを立てたのですがその間にもタープの中に大量のハエが入ってしまいました。
蚊と違って刺されないのですが、蚊取り線香の効かない所は蚊以上のたちが悪いと思いました。殺虫剤はいつも持参していないので、その後はしかたなく大量の小バエと同居です。産まれて初めてメッシュの虫除けの頭からかぶるやつ(なんというのかわかりませんが、カナダとかじゃないと使わないと思ってました)の必要性を感じました。
夜中は一時ハエもいなくなりましたが、朝になるとまた来襲され、結局周りを楽しむことなくすぐに撤収。それでも気持ち悪くて近くの温泉に朝から入りました。ちなみに当方は現役の山やでもあり、虫その他には普通の人よりは忍耐力があるほうだと思っていますが、あれはホントにひどかった。水場でもトイレでも同じような状況でしたので多分キャンプ場全体がそんな状況だったと思います。
管理人に確認したところ『いつも5月から6月はこんなもんですよ』とのことですが、本当にそうなら事前に告知して個々のキャンパーに対策をとらせるべきだと思うのですが... 評価の高いキャンプ場だけに残念です。
みなさんの中に同様の経験をなされた方はおられませんでしょうか?我々が例外的にひどい状況だったのでしょうか?ご経験豊富なかたのご意見をお待ちしております。

投稿者:赤ビ〜トル さん

投稿日:2004/05/27

裕二さん、ヒデさん、こんばんは。

裕二さん、大変でしたね。
「五月の蝿」と書いて「うるさい」と読むくらいですから、5月は蝿の煩わしい時期なのかもしれませんね。
こちらのコミュニティBBSでも先日書き込みしましたが、ボクらも今月、新緑のドロームキャンプを予定していました。
ところが情報収集したところ、現在、蝿、蚊、とくに蚋が大量発生しているとの情報を得て断念していました。また、ドロームでは、近日中(5月下旬〜6月上旬)に芝刈り(※1)と除虫剤散布(※2)をするようです。
恐らく来月は落ち着いていることでしょう。なお、O社S社の催事にも合わせての措置ではないかと思われます。
こちらに情報を書き込みしなきゃ・・・と思いつつ遅くなり事後情報でごめんなさいm(__)m

※1 芝足を短くすることにより、根元への日光の照射率を
    高くし、蚊、蚋等の産卵と羽化の促進を阻害する。
    なお、蚊や蚋は、足の長い雑草の中で夜を過ごす。また、
    夜露や朝露で湿った草から水分養分を得て育つらしい。
※2 昨年、こちらでも話題になった例の害虫と雑草駆除剤の散
    布です。ゴルフ場で撒かれているような強力なものなのか
    どうかは把握していません。賛否のある非常にデリケート
    な問題だと思います。

投稿者:たけしとまさえ さん

投稿日:2003/07/08

 ヒデさんこんにちは。
 7月5日、6日と赤井川村にあるドロームキャンプ場に行ってきました。
 この2日間ドロームキャンプ場では、スノーピークのイベントがあり、私たちはスノーピークの用具を1つも持ってないのに申し込んで(実は3日前に予約が取れました)参加させていただきました。
 さすがに参加する人たちは、キャンプ用品をスノーピークで揃えていて、その風景は壮観でした。私たちは端の方に設営して普通にキャンプを楽しみながら、イベントにも参加するという感じで過ごしました。
 このキャンプ場もいいキャンプ場ですね。
 キャンパーがたくさんいても窮屈に感じないんです。今回は川側に設営しましたが、反対の炊事場やトイレのある方は、白樺があって落ち着いた雰囲気でした。今度行くときは白樺のある方にします。
 帰る前にイベントであった、じゃんけん大会で勝っちゃって、スノーピークのバッグ貰いました。あと、帰り道で寄ったレストランのくじ引きで、2500円分の利用券当たっちゃいました。びっくり続きの日曜でした。(笑)

投稿者:直人 さん 投稿日:2003/06/16
ヒデさん、こんにちわ。

14〜15日に行って参りました。14日は雨も多くて迷った挙げ句だったんですけど予報は回復方向との事でしたので。ようやっとキャンパーの数も出てきた感がありましたけどそれでも全然余裕でした。山に重くかかった雲と時折大粒の雨が気になりましたが逆に神秘的な風情でした。

広いサイトはちょうどホテル側に向かって半分が芝を刈ってあって残りは深いラフ状態。雨にあたって靴とジーンズは随分と濡れてしまいましたけど敢えてフカフカの方を選びました。

Ogawaのイベントも行われていたのでファンの方も多いかなと思っていたんですけどOgawa利用者は我が家ともう一軒。夜は誘われるままにこちらの方とOgawaさんからお酒を頂いたんですけど営業的な話が出るでもなくアウトドアファンとの素敵な語らいに夜は更けていきました。社長さんもいらしてました(驚)

翌朝は抜けるような青空でセミの声が目覚まし時計(笑)暑くて暑くて...でもごった返す前に人気のキャンプ場を攻めようと思っています。次はいずこへ(^^;

投稿者:kao さん 投稿日:2003/05/13
ヒデさんこんばんは!
今週はドロームに行ってきました。
平日だったせいかキャンプしているのは私達だけでした。
誰もいないキャンプ場は初めてではないのですがちょっと恐いです。(笑)そこで飼われてるわんちゃんが
突然現れた時には倒れそうでしたよ。
声が出ませんでした。
しらかばにやられ花粉症は悪化しましたが、ゆっくり犬とも遊べて楽しめました。
投稿者:ボス さん 投稿日:2002/09/20
9月15・16と行って来ました。
3連休とあって、昼ちょっと前に入っても、キャンプ場全面にテントだらけ、何とか隣のテントまで20mは空いている場所を見つけ(ようは炊事場・トイレまで一番遠い所)そこにテントを張りました。
人が多いのはびっくりしましたが、天気も非常によく、テントサイトの横を流れている川で魚釣りも出来、とても良いキャンプ場でした。
ただ、天気が良すぎたせいか、日が暮れると温度がぐんぐん下がり吐く息が白くなりました。
夜の3時ぐらいに空を見ると、天の川まで見えとても綺麗でした。
大人2人、幼児2人、駐車代込で2500円はちと高いような、、、
投稿者:ちこ さん 投稿日:2002/05/06
ヒデさん、こんばんは。
雨予報の4日を避けて、昨日ドロームへ行ってきました。
ドロームは、こちらのHPの写真集を拝見してからず〜っと、どーしても行きたい!と思い続けていたキャンプ場でした。
期待通り、いやそれ以上のとても気持ちの良いキャンプ場で、新緑の山々と野生動物の鳴き声に囲まれ、ただぼ〜っとたき火をしているだけの、贅沢なキャンプを楽しんできました。
例年よりやや早めの新緑時期とGWと重なって、混んでいることを予想していましたが、あの広〜いサイトに10組ほどのキャンパーのみで、みなさんオートキャンプ状態です。
新緑風景の美しさは、とても言葉では言い表せないほどです。また、違う季節にも是非行ってみようと思いました。
ただ、夜中に子どもに起こされてトイレに行くとき、クマでも出そうでちょっとコワかったんですが・・・。(笑)
キャンピングガイドを眺めているだけでは、この季節にドロームへ!と思い込むこともなかったと思いますが、素晴らしいキャンプ場に巡り会うことができました。ありがとうございます。
投稿者:ちょろ さん 投稿日:2001.07.07
7月の1,2日に行ってきました。
うちにも愛犬がいるので、犬OKの所を選んだのですが、サイトが意外と車道に近かったのでハラハラする場面もありました・・・が!!小型犬なのでほとんど十分な広さで大満足でした。
しかも、日曜、月曜で行ったせいか、到着時に2組いたキャンパーは14時には帰ってしまってまさに貸切で楽しめたんです!!しかも夜中、物音で目覚めて「クマ・・・?!」
と震え上がったのですが、なんとキタキツネ!かわいいキツネに起こされたおかげで満点の星空が見れました。
とっても素敵なキャンプ場ですが、ものすごい数のアブ・蚊・ブヨ・・・かなり辟易しました。一人は短パンだったため、足に20箇所以上赤い斑点のエボラ熱病のような後がその後1週間以上残り、痛烈なカユミと戦っておりました。
キャンプに虫はつきものですが、あんなにいるもんなのかなぁ?ってちょっと恐ろしくなりました。
投稿者:むむとも さん 投稿日:2000.08.07
こんばんは。
7月30日(日)〜8月1日(月)の札幌が36度あった時に赤井川のドロームキャンプフィールド(昨年までは、白井川キャンプフィールドという名前でしたよね)にいました。最小限のトイレと炊事場しかなく、後は、木と川だけの所が好きです。あまり有名ではないのか、あの広い中、5組位しかいませんでした。星もきれいです。虫は多かったけれど、「虫のお家に来たんだから、あきらめなさい!」とかゆがる子供を一喝してしまいました。(^_^;)
ここで一つ情報です。3日目の昼、川遊びにはまって帰りたがらない子供のため、予定外で食材を使い果たし、凝った作りのホテルドロームに食事に行きました。う〜ん、家族4人で4,500円もかかって、この量!これが街中なら仕方なく許すけど、ここは赤井川じゃない。。。。おしゃれなお魚のグリルが、ほんの3口だなんて(涙)教訓「忘れない!計算外の食料を」
投稿者:むむとも さん 投稿日:1998.09.15
こんにちは12日から2泊3日で、赤井川村の白井川キャンプフィールドに行きました。
12日は土曜のため、ひろ〜い場内は100組近いテントの群。だだっ広い所なので、混み具合はあまり気にならなかったけれど、久しぶりにキャンプ=宴会状態の若者グループに遭遇して、うんざり。
13日は、次の日が平日のためか、何とあの広さに4組だけ。そうなると、キャンプ場の印象もぐっと変わり、川と木の多いとても良い場所。
あちこちにある公園のようなキャンプ場に比べ、自然が手つかずで、なかなか捨てがたい場所です。ただ、札幌から近いので混み具合は、考慮した方が良さそう。
投稿者:ひろし さん 投稿日:1997.09.19
高橋さん,いつもキャンプ情報ありがとうございます。
最初の書き込みなのかな?
赤井川村キロロのちょっと先にあるこのキャンプ場は,札幌から車で1時間ちょっと。小さい子供が二人いる我が家ではこの近さがとってもありがたいのです。
初めて行ったときは,7月の下旬の土日と最悪に混雑する時だったので,夜中までうるさい宴会キャンパーに閉口しましたが,女房がとっても気に入り是非,人のいない時期に行きたいと,今月再び行ってきました。
前回の轍を踏まず,今回はキャンプサイトの一番奥に設営し快適なキャンプができました。キャンプ場に隣接する「ホテルドローム」はホントにおしゃれ,見学するだけでも価値ありますよー
それと本当は駄目なんだろうけど,キャンプ場のトイレがどうしても苦手な人はホテルのものを使わせてもらうと良いかもしれません。

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ