北海道キャンプ場見聞録 我が家のファミリーキャンプ
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS
キャンプ日記 1997年 1998年 1999年 2000年 2001年 2002年 2003年 2004年 2005年 2006年  
2007年 2008年 2009年 2010年 2011年 2012年 2013年 2014年 2015年 2016年  

1997年我が家のキャンプ日記

厚真大沼野営場
  (5/10〜5/11)

朱鞠内湖キャンプ場
  (5/23〜5/25)

室蘭高原自由広場
  (6/28〜6/29)

ニニウキャンプ場
  (7/11〜7/13)

ナポートパーク
  (7/27〜7/29)

兜沼公園キャンプ場
  (7/29〜7/31)

ウスタイベ千畳岩
  (7/31〜8/1)

白滝高原キャンプ場
  (8/1〜8/2)

朱鞠内湖キャンプ場
  (9/13〜9/15)

美笛キャンプ場
  (9/30〜10/1)

ニニウキャンプ場
  (10/10〜10/12)

一番川オートキャンプ場
  (10/25〜10/26)

ポロト野営場
  (11/1〜11/2)

厚真大沼野営場

 いよいよ今年最初のキャンプ。
 ガイドブックを見ていろいろと検討した結果、いままで行ったことが無くて、もしかしたら穴場キャンプ場かもしれないということで、厚真大沼キャンプ場に決定しました。天気は、土曜日は曇りだが日曜日には回復して暖かくなると、気象協会の小島さんが予報していたので大丈夫でしょう。
 キャンプ場の近くは、火山灰の土取り場のような感じで、「ゲゲッ、これは失敗だったかな」と不安になったのですが、着いてみると森に囲まれてひっそりとしたたたずまいのキャンプ場で、まずまずの雰囲気です。
 ところがそこへ、ドドドーっと車がたくさん乗り入れてきて、やおらバーベキューの準備を始めるではありませんか、どうやら地元の団体の花見にぶつかってしまったようです。このままここでテントを張ると、「おや、兄ちゃん方この寒いのにキャンプしてんのかい、物好きだねー」、「あら、かわいい犬だねー、名前はなんて言うの」、「おら、こっちに来て一緒に肉でも食うべや」等と、酔っぱらった親父達が話しかけてくるのは目に見えています。
 というわけで、ここでのキャンプは断念して、第2予定に入れていた判官館森林公園キャンプ場へ行くことにしました。ところが、予想はしていたのですが、ちょうど静内の桜が満開の時期で途中の道路は大混雑、「だめだこりゃー、もしかしたらさっきの団体は漁師の皆さんで、キャンプしてたらカキだの毛ガニだの差し入れしてくれるかもしれないぞ、やっぱりさっきの所にしよう」と言うわけで、また舞い戻ってきたのです。
 テントを張った場所は小高い丘のようになった林の中、この時期でないと草が伸びてテントを張れないような場所です。心配していた団体さんも、大騒ぎすることもなく去っていき、キャンプ場独占状態、愛犬も放し飼いにされ思いっきり場内を走り回っていました。
 確かここは有料なはずなのになーと考えていたら、ちゃんと自転車に乗ったよぼよぼのおじいちゃんがやってきて520円取られました。このとき息子と二人で釣りをしていたのですが、そのおじいちゃんが「ここは7月からでないと釣りはできないんだよ」とのおしかりの言葉、ちくしょーと思ったのですが、その後の言葉が「でも、わしは五時で帰るからその後のことは知らない」と気のきいたセリフ、そのかいもなく釣果はゼロでした。
 翌日は小鳥の声で朝の4時半に目が覚め、そのまま焚き火をしながらコーヒーを飲み小鳥の声に耳を傾けるという至福の時を過ごしていました。でも、空はどんよりとした曇り空、「変だな、天気予報ではそろそろ晴れてくるはずなのに」不安になってラジオを入れてみると午前中は全道的に時々雨とのこと、小島のうそつきめと思いながら朝飯を食べてすぐに引き上げたのですが、キャンプ場を出ると同時に雨が降り出しました。
 と言うような最初のキャンプだったのですが、天候を除けば満足のいくキャンプでした。 


  ページTOPへ