どんころ野外学校

所在地 空知郡南富良野町落合
料金 1人500円、プログラム参加者は無料
開設期間 通年
問い合わせ先 0167-53-2171
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2003年6月14日

 名前だけ聞くと、いったい何の施設だろうと思ってしまうが、カヌーやラフティング、登山などのアウトドア体験施設だ。
 もともとは、野外活動の指導者養成のために設立された施設なのだとか。
 キャンプ場としてはガイドブックなどに紹介されていないが、一応敷地内にキャンプをするスペースが作られている。
 このために、見聞録でキャンプ場として掲載して良いか問い合わせてみたところ、「何もないところですが、そこが良いという人には、この上もなく快適なキャンプ場のはず」という回答をいただいた。
 ただし、「見当違いのキャンパーが迷い込んでこないように」という但し書き付きである。(笑)
 確かに、オートキャンプ場や普通に整備されたキャンプ場にしか泊まったことのないキャンパーには決してお勧めできる場所ではない、と言うよりも泊まるべきではないと言った方が良いかも知れない。
 手作りのトイレは当然汲み取り式、夜中にはハスキー犬軍団の遠吠えの声に驚かされ、水場のある自炊棟の建物は時々怪しげなグループに占領されていたりする。
 ただ、手作りの汲み取りトイレと言っても、混雑期でサンダルで入るのがためらわれるくらいに汚れた水洗トイレに入るよりもよっぽどましかも知れない。
 犬の遠吠えと言っても、確かに夜中に目を覚まさせられるが、一晩中騒ぎ続ける酔っぱらいキャンパーほどには気にならない。
 怪しげなグループと言っても、登山やカヌーが好きなアウトドアマン達だ。アウトドア好きな人ならば、直ぐに友達になれるだろう。
 夏のハイシーズンだって、多分混雑とは無縁のキャンプ場だろう。
 立地している環境は本当に山の中、何も無い場所だ。
 以上の条件から、ここに泊まるかどうかはご自分の判断で、たとえ自分の価値観に合わなかったとしても、決してどんころ野外学校には文句を言わないようにお願いします。
 せっかくここに泊まるのならば、カヌーやラフティングのプログラムに参加してみるのも良いかも知れません。
 施設の詳細はどんころ野外学校のホームページへ。

関連ページ ・2003年日記



周りは山だけ、奥に見えるのはサウナ小屋、他に五右衛門風呂もある。 奥の建物が自炊棟、中は土間で薪ストーブやガスコンロも置いてある。ここの2階にも宿泊可能。
 
自炊棟の内部、水道は手荒に扱うとパイプの根元が抜けて水が噴き出すので注意(^_^; 立派な?手作りトイレ
受付のある丸太小屋 冬の犬ぞりのために、ハスキー犬が飼われている。おっかない顔をしているが、みんな人なつっこい。

 

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ