トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介

チミケップ湖キャンプ場

チミケップ湖キャンプ場 所在地 網走郡津別町字沼沢
料金 無料
開設期間 5月中旬〜10月中旬(要確認)
問い合わせ先 津別町役場商工観光課(01527-6-2151)
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2012年10月26日

 神秘的な佇まいのチミケップ湖、その湖畔の森の中にこのキャンプ場はある。
 炊事場とトイレを兼ねた立派な建物が、キャンプ場の真ん中に図々しい顔をして建っている。これができたばかりの頃は違和感を感じたものだが、今はもう湖畔の景観の中に溶け込んでいるようだ。
ここのキャンプ場のベストサイトはやっぱり湖畔部分だろう。入口からは湖畔まではおよそ100m。荷物運びは大変だけれど、苦労するだけの価値はあるロケーションである。
ただし、お互いに相手を意識せずにキャンプを楽しむためにはテント2張りが限度。3張り張れば、窮屈に感じてしまうかもしれない。
湖畔のサイトを確保できなければ、他にはテントを張りたいような場所はあまり見当たらない。湖畔へ続く通路沿いにテントを張る様な感じなので、落ち着かない気がするのだ。
湖畔が埋まっていろ時は、場内から少し外れた森の中にテントを張るのも良いかもしれない。元々が、どこからどこまでがキャンプ場なのかハッキリしないようなところなのである。
5月の新緑の時期にはニリンソウの花で、林間部分は白い絨毯を敷き詰めたような風景となる。秋にはそれが落ち葉の絨毯に変わる。
そんなところにテントを張れば最高のキャンプが楽しめるだろう。
ただし、ダニが多いので注意しなければならない。我が家もここでは夫婦揃って苦い経験があるのだ。
道路を挟んだ場所にある駐車場にテントを張っても良いかもしれない。ちょっとNGかもしれないが、快適なオートキャンプが出来そうだ。
山奥のキャンプ場だと思っていたら、場違いな雰囲気の観光客が頻繁にやって来て驚かされる。チミケップ湖を直接見渡せるようなポイントはここくらいしかないのである。
近くにハイグレードなホテルが1軒あるので、そこの宿泊客も遊びに来るみたいだ。
ダニと観光客がこのキャンプ場の欠点と言えるかもしれない。
それらが気にならなければ、後は美しい湖と豊かな森に包まれた快適なキャンプを楽しむことができる。
早朝には湖が朝霧に包まれることも多く、幻想的な風景も楽しめる。
森の中の散歩も楽しい。特に、キャンプ場の対岸の森の中に延びている散策路は快適である。
また、 キャンプ場の背後の山には、30分ほどで登れる展望台があり、そこからのチミケップ湖の眺めは最高だ。
最近は、展望台までの道がその手前で崖崩れで通行止めになっていて、以前のような絶景は見られなくなってしまった。でも、自己責任で柵を乗り越えていけば、展望台まで簡単に辿りつくことができる。
このキャンプ場を利用するのならば、その展望台まで行ってみることをお勧めする。

関連ページ ・北海道観光穴場スポット ・カヌー ・焚き火 ・99日記 ・2004日記 ・2012日記 ・裏ベストテン ・写真集



(写真をクリックすると別画面に大きな画像を表示)
チミケップ湖キャンプ場 チミケップ湖キャンプ場
湖畔部分がこのキャンプ場のベストサイトだ 特にこの場所が一番かも
チミケップ湖キャンプ場 チミケップ湖キャンプ場
湖上からサイトを眺めた様子 朝霧に筒エーエムれた湖も神秘的で美しい
チミケップ湖キャンプ場 チミケップ湖キャンプ場
この辺りにテントを張っても良いかも ニリンソウの花が咲く林内
チミケップ湖キャンプ場 チミケップ湖キャンプ場

湖畔へ続く通路沿いが一般的なサイトと言えるかも

トイレの建物も風景にここの溶け込んできた
チミケップ湖キャンプ場 チミケップ湖キャンプ場
湖でのカヌーは最高 駐車場の奥もオートサイト代わりになりそうだ
チミケップ湖キャンプ場 チミケップ湖キャンプ場
展望台から見下ろすチミケップ湖とホテル キャンプ場対岸の森の中の散策路

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:ララバイ さん 投稿日:2008/07/09

ヒデさんこんにちは。
7月5〜6日にチミケップに行ってきました。今回はバイクでソロキャンプです。
今回は報告するかどうか迷いました。稀に見る悲惨なキャンプだったので・・・。
当初は置戸の鹿の子ダムキャンプ場に行く予定でしたが、事前に問い合わせたところ、
やはり今年はキャンプ場を閉鎖しているということでした。去年までの管理人が今年はいないからというのが理由だそうです。
お気に入りのキャンプ場だったので、来年以降も閉鎖されたままだと淋しいです。
それならばということで行き先をチミケップにしたのですが・・・。
色々ありましたが要約すると「雨」「雷」「ブヨ」で見事に三振アウトに倒れました。
チミケップは私の大好きな湖です。ただ、もっと気温の低い季節に来るほうがいいようです。春先か紅葉か・・・。
それでも朝の出発前には本来のすばらしいロケーションを見せてもらえたので、また行きたいと思います。
今回は私一人だけの貸切でした。(土曜の天気を考えると当然かもしれませんが・・・)
場内の草刈に来ていたおじさんによると、例年のこの時期(ハイシーズン)には大抵誰かいるものなのですが、今年はあまり来ないようです。ガソリンか、サミットかそのあたりでしょう。道路もやたらと空いていて、キャンプとは裏腹に行きも帰りもツーリングは快適でしたよ。
これからお盆があけるまではしばらくキャンプは行かない(行く気がしない?)ので、もう少し楽しみたかったです。
ま、シーズン中にはこんなキャンプもありますよね。キャンプに行けるだけ幸せと思わないと・・・。

投稿者:5級 さん 投稿日:2006/10/18

ヒデさん、こんにちわ。

9月28日、道東は暴風雨で予定していたキャンプ場に宿泊を断られ、色々探しまわったのですが
最終的にはキャンプ難民・・遠いところに移動して夜遅くにイイところでお泊まりしました(笑)。。

チミケップ湖キャンプ場:9月29日より一泊。

評判通りのローケーションでした。独特の青い湖面とその景色は素晴らしいの一言です。紅葉の時期に訪れたならどんなに素晴らしいだろうと思わせる環境です。しかしこの狭いサイトの中、なぜか一番平らで見晴らしのよい一等地に「お地蔵さん」が佇んでいるのがイマイチ気分が乗りませんでした。日中天気がよければ、又何張りもテントが立ち並ぶ日であれば気にもならないかと思いますが、やはりキャンプ場として似つかわしい存在とは思えません。これまでいくつもの湖畔キャンプを経験してきましたが、他とは「色んな意味」で雰囲気が違いますね。神秘的とかロケーションがという以前に、我が家とは相性の合わない不思議なエピソードが残りました。(^^;

投稿者:アサ さん 投稿日:2006/09/19

ヒデさん、こんにちは。

9月16日(土)〜18日(月)2泊で初利用してきました。
我が家の10年以上のキャンプ暦の中で「チミケップ」はベスト3に入るお気に入りフィールドになりました!
道東方面のフィールドではbPですね。
ベストポジションに設営でき、天気にも恵まれて最高でした\(^o^)/カヌーがあればもっと最高だったかもしれません。

見晴台からの展望も素晴らしい景観で、さらにキャンプ場の対岸の散策路もトレッキングして満喫してきました。
紅葉にはまだ早かったけど、来年は紅葉キャンプしてみたいと思います。

投稿者:ぼん・ぼん さん 投稿日:2006/09/20

ヒデさん、アサさん、こんにちは。
  なんと、私も17日、18日1泊で初利用してきました。
アサさんのスノーピークスのテントとタープは確かに湖畔沿いの
ベストポジションに設営されていたのが目に焼き付いています。
我が家は、家族4人(親子ずれは我家だけだったと思います)で夕方バタバタと登場して、バタバタ食事を済ませグーグー寝て夜中に子供が目をさまし迷惑をおかけした事と思います。今年初夏に行った静内湖とは違った意味でワイルド感があり、最低限度の設備で適度に整備された非常に好感が持てる所と思います。
確かにカヌーがお似合いの湖で、1組(ソロの方?)が朝カヌーで湖面をスーッと進む様子は、絵になる光景でした。当日は数えませんでしたが8組程度は利用していたと思います半数はソロキャンパーで、他は2人組(ご夫婦と思われます)と我が家、基本的にキャンプ大好き人が訪れる所のようです。湖畔に設営できるところが、3〜4箇所あればイイのに〜ッと思いますがそこはアサさんの設営したポジションがスペシャル・ポジションとして希少価値があるのも悪くないかもしれませんね。
ココの素晴らしい所
  ・・自然湖で人工物と隔離されワイルド感がある。
  ・・あまり大きくないところ。
  ・・トイレ炊事場が管理されている。
  ・・星空が綺麗(トイレの照明をもう少し抑えとなを良いのだが)
  ・・1組だけでは夜が怖いが適当にキャンパーが居そうな気がする
  ・・釣りが出来る。
  ・・カヌーの誘惑に心が動く
などなど今度は余裕をもって利用したいです。

投稿者:hiropo さん 投稿日:2005/09/30

ヒデさん、皆さんこんにちは。
こちらのBBSには初めて書き込みさせて頂きます。

9月25日〜26日で1泊してきました。道東観光をしながら然別湖北岸→多和平と移動した最終日で、到着したのは17時前だったと思います。薄暗くなった場内はとても静かで、凪状態の湖面に夕暮れの空や周囲の山が映りとても神秘的でした。
唯一の先客だった釣り人が帰った後は、完全に貸し切り状態で浮かれていたのですが…。 静まり返った誰もいない夜のチミケップ…入口にあった『付近で熊が目撃されて〜〜』の看板と笹薮の方から聞こえた小枝が折れるような物音に本当に熊が出そうな気がして、軟弱キャンパーな我家は恥ずかしながら車中泊をしてしまいました。(今思うと勿体ない!) 紅葉はまだまだで僅かに色付き始めたかな?といったところでしたが、日中はあのキャンプ場を独占出来て最高の気分でした。

キャンプ場入口にはチェーンが掛けられ、以前の情報にあった”チミケップクラブ”の建物は無くなっていました。トイレはきれいに清掃されていて使用可能なのですが、炊事場側のシャッターが閉じていて『水道設備の故障の為キャンプ場としての利用を休止します』という内容の貼り紙がされています。トイレの手洗い水は飲用では無さそうなので、水は持参された方がよろしいかと。
お昼前に管理人さんが巡回清掃にみえましたが特に注意もされず、にこやかに話しかけて頂きました。自己責任において宿泊するのは良いようです。
日中は結構人の出入りがありますね。滞在中に観光バス(20名程の団体さん)が来て驚きました。

投稿者:赤ビ〜トル さん 投稿日:2004/10/21

10月14日(木)〜16日(土)2泊3日
天候 : 終日快晴

ヒデさん、皆さんこんにちは。

昨年に引き続きチミケップ湖にて紅葉キャンプ♪
台風の影響と暖秋のせいか昨年程の感動は味わえませんでしたが、(←昨年が凄過ぎたかも・・・)それでも終日天候にも恵まれ(放射冷却現象も相当でしたが)風も穏やかで美しい湖岸キャンプをたっぷり満喫してきました。

主役の紅葉ですが・・・キャンプ場内は何処も「色」はイマイチでしたがそれでも落葉の絨毯の中ひっそり楽しめました。訓子府線と津別線は、それは見事に紅葉しており美しい景色に囲まれた道程を楽しめます。真っ赤に染まったモミジも多く色鮮やかでした。どちらかと言うとボクらは「散り中頃」が好みなので丁度今時期がピークだったと思います。昨年素晴らしかった北見線は台風の影響による倒木が痛々しく葉も散り、色もイマイチでした。

入り口にある通称?チミケップクラブの爺さんは留守で昨年は子犬だったララとロロに会えなかったのが残念。湖沿いの遊歩道は倒木の危険がある為に閉鎖されてました。

驚いたことに、昨月の知床遠征の折、羅臼温泉野営場にて顔見知りだった「焚き火の達人」関西チャリダーにばったり!彼も当日到着したばかりで偶然の嬉しい再会となりました。埼玉から来た「レンジローバー」スタイルのソロキャン男性とも仲良くなり4人で2泊の連れキャン。テーブルクロスの上には盛大?な落ち葉と道産食材と酒。オープンエアの即席リストランテ「チミケップ」(星空にスモークした焚き火付)はいい思い出となりました♪

温泉情報:「訓子府温泉保養センター」¥320 純度100%の炭酸水素塩硫酸塩の温泉。設備も新しく清潔。洗い場はひとつずつ区切られており非プッシュプル栓でシャワーも使いやすい。ジャグジーやサウナも完備。

投稿者:らくたこマック さん 投稿日:2004/06/21

ヒデさんこんにちは。後手となってしまいましたが、チミケップ湖キャンプ場に18〜20で行ってきました。いや〜、申し訳ない!風にも雨にもヤラレませんでした。ただ吸血は徹底的にヤラレましたが(笑)。穏やかに水を湛えた湖がなければ、閉口しているところでしょう。
今回、カヤックの上をオジロワシが飛んでいくと云う、感動的な体験もしました。拙い私のルアーにもサクラマスが食いついてきました。番人と化したおじさんとも、湖周辺の野性動物について語り合いました。
そうそう、炊事場が水質に問題有りと云う事で閉鎖されていました。トイレの水も飲料には?と云う状況のようです。これから利用予定の方は水は持参された方が良いですね。

投稿者:meg さん 投稿日:2004/05/18

ヒデさん、皆さんこんにちは。
またカキコさせていただきます。
今回はキャンプではないのですがよろしいでしょうか?
でも行ったところはキャンプ場なので情報をお知らせいたします。
5月16日(日)曇りのち雨。気温15〜6℃?寒くないです。
2年ぶりにチミケップへ行ってきました。道中天気はあまりよろしくなかったのですが、網走方面の空が明るかったので少し期待していましたがやはり曇ってました。けど、寒くはなかったです。
管理人さんの所のワンコロ2匹が愛想良くお出迎えしてくれました。前日からのキャンパーは一人もいませんでしたが、カヌーが2艘ほど浮いていました。フローターも2人ほど、皆さん釣り人です。静かな湖面に魚のライズ・・・主人はカヌーよりも釣りがしたそうでしたけど、今回はカヌーがメインなのでで、、、友達がカヌーを買ったので進水式にとやって来ました。
最初はやっぱり神秘の湖でしょう〜。何でも最初が肝心ですから。私の最初は近所の水の汚いダムでした。それで最初の頃は本当に乗りたくなかったので、そんな思いをさせてなるものか・・・と。
然別湖にしようか迷ったのですが天気状況も考慮しチミケップにしました。
やっぱり新しいカヌーはいいですね。うちのは10年近くなります。もうボロボロです。いつ沈没するか怖いです。
ところで、キャンプ場ですが、トイレ・炊事場ともにシャッターが下りており、使えない状態です。いつオープンなのでしょう〜?と、言った状況です。
お蔭様で友達家族もカヌーを気に入ったみたいでよかったです。
それでは、次回もまた書き込みさせていただきます。ヨロシク!

投稿者:rosehip さん 投稿日:2004/05/08

初めまして。中標津在住のものです。
皆さんあちこち行かれてますよね。ここの掲示板はとても参考になってます。
GWにキャンプをしてきたので、その感想をいくつかカキコしたいと思います。
チミケップ、昨年もGWにキャンプしたのですが、相変わらずトイレと炊事場は開いていなく、少々苦労しました。しかし、あの自然の中ではそれさえも気にならないくらい素晴らしい時間を過ごせたので、まぁいいか、と。翌朝チミケップ見晴らし台へも上がったのですが、道中、今年の大雪で、たくさんの木が倒れていました。雪もかなり残っていました。途中、クマゲラが削ったのだという大きな木の穴も道路から見えました。周りに木屑が散乱していました。見応えがありましたー。キャンパーは私たち以外居ませんでした。

(Res)
新緑のチミケップもきっといいんでしょうねー。
春先、夏、秋しか行った事がないので、私も行ってみたいです。
昨秋もキャンプをしたのですが、その時に、熊出没の看板がありちょっと気になっていました。チミケップには、昨年いつごろからか、キャンプ場入り口に、チミケップクラブという看板を掲げたスーパーハウスに居住している、おじいさんがいます(なんだかここの番人みたいです・笑)。ララとロロという人懐こい犬を飼いながら。今回はキャンパーが我々しかいなかったためか、このおじいさんと話す時間が結構ありました。それで熊の情報も聞きました。5月末頃になると、キャンプ場向こう岸方面から、キャンプ場裏手の山の方へ移動する熊がいるのだそうです。その熊は、9月頃になると、また向こう岸の方へ戻って行くのだそう。その頃、林道などでも目撃されるそうです。でも、3本程ある散策路を歩いた感じでは、そんなに熊の出る気配は感じないと思います。キャンプ場から続く散策路を歩いて行くと、終点はチミケップホテルの前に出ますよ。途中山側へ登って行くコースを進むと、二つの見晴らし台へ出て、真正面にチミケップホテルと、それを取り囲む静かな湖面と森が目の前いっぱいに広がり、思わず深呼吸してしまいます。
秋は紅葉がとってもきれいでした。
近い将来、カヌーを手に入れて、今度は湖面に出てみたいものです‥。

投稿者:赤ビートル さん 投稿日:2003/10/17

10月11日(土)〜13日(月)
晴れ〜くもり。気温19℃〜8℃

遂に!チミケップ湖でキャンプしてきました。
1億4千年の"時"を刻む天然湖に魅せられて「いつか、この地でテントを張りたい!」
赤ビ〜トルがCamp Lifeを始めるキッカケとなった、ボクらの「聖地」です。
ホントは、事前にしっかり計画を立てて、準備万端で訪れたかったのですが、直前のピンポイント予報で連休の天気が崩れないことを知り「今を逃して、いつ行くんだ!」友人夫婦と共に急遽決定!
前日の夜は、楽しみで中々寝付けませんでした。
朝4時に出発。
層雲峡、39号沿いも紅葉のピークでした。

舗装道路が終わり〜
湖までの険しく長いダートが、こんなに楽しいなんて・・・・・。
ボクらの想像を遥かに越えてました。
ヒデさんお分かりでしょう。あの道程から森全てが満開の紅葉なんです。
上下左右360度囲まれました。文字では表現できません。
落ち葉の舞う道を、このまま何度も往復したくなりました。
トーキン博士が見たら、きっと「この森はフィトン・チッドで溢れている!」と言ったことでしょう。

湖岸沿いのベストポジションに設営。
鏡のように静かな湖面一面に青空と紅葉が映っていました。
「カヌー欲しい病」再発!
管理棟に生後1ヶ月の子犬「ララ」と「ロロ」がいます。ぬいぐるみのように愛らしくて、ヨチヨチ転びながら走り回る姿に、思わずフェチりまくって「アイフルおやじ」になってしまいました。笑
妻の「イヌ欲しい病」再発!
友人夫妻がダッチオーブンで作ってくれたパンがとても美味。
絶景の中、愛妻と過した幸せな3日間でした。
帰りは塩別つるつる温泉でつるるん♪
チミケップ湖は、赤ビ〜トルにとって永遠に「聖地」です。

 

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ