北海道キャンプ場見聞録 北海道のキャンプ場紹介
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

壮瞥林野弘済会滝之上キャンプ場(閉鎖)

所在地 有珠郡壮瞥町字東湖畔
料金 大人400円、子供200円
開設期間 2011年より閉鎖
問い合わせ先 林野弘済会壮瞥町高齢者事業団(0142-66-2229)
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2001年9月

 洞爺湖温泉から大滝村方向へ向かう途中、洞爺村方向へ曲がったところにこのキャンプ場の駐車場がある。
 その付近の林間部分や湖畔が主なテントサイトになっているが、このあたりでは道路からも近く、あまり静かな環境とは言い難い。
 その駐車場を通り過ぎ、もう少し進んだところに湖畔に降りる入り口がある。この入り口から湖畔の林間を縫うようなでこぼこ道がずーっと奥まで通じている。
 この通路沿いにも、何とかテントを張れるような場所が点在しているが、一番奥の方にはもっと快適なテントサイトが存在するのだ。
 ここまで来ると、道路からの通行音もほとんど気にならなくなり、洞爺湖の自然の中にポンッと放り込まれたような気分になる。
  ところが、そこには何故かお墓のような石が建っていたりする。ちゃんと名前も彫り込まれているのだ。
 霊感の強い人ならば、真夜中、テントの周りを歩き回る足音が聞こえてくるかもしれない。(ウソ)
 設備は全体的に古め、当然、奥の方のトイレはくみ取り式、その代わり人の手の入っていない洞爺湖の自然を満喫することが出きるキャンプ場だ。
 湖畔のわずかな砂浜にテントを張れる場所も有るが、昔、台風が通過したばかりのある日、そんな場所にテントを張ったことがある。 テントを張り終えてホッとしていると、突然風が強く吹き出し、湖とは思えないような大きな波が打ち寄せ始め、危うくテントをさらわれそうになった。湖とはいえ、油断は大敵なのだ。

関連ページ  ・焚き火 ・ベストテン ・99日記 ・2001日記 ★公式ホームページ★




一番奥のベストサイト ベストサイト横の湾状の入り江
駐車場から比較的近くの湖畔部分、この付近ならば湖畔にテントを張ることが出きる バンガローが建っている付近

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:とも さん 投稿日:2006/08/27

ヒデさん、こんにちは。

8月26日(土)〜27日(日)1泊。

 土、日ともに天気は晴れ、ということで混雑を避けるために早めに出発。10時前には到着しました。少しワクワク、ドキドキです。というのもこのキャンプ場を利用するのは初めて、というより洞爺湖のキャンプ場が初めてなのです。途中から入った方がいいとは聞いていても、わかるわけがなく普通に入口からはいりました。ヒデさんお奨めの奥のサイトには先客のテントが2張り、よほどその付近に張ろうかななんて思いましたが、道路がさらに奥に続いていたのでそちらへいくとまるっきりのプライベートサイトになりそうなので、かろうじて1張りだけ張れそうな平坦な場所を発見し設営です。

 入り江の中なので、湖面の見える範囲は限定されますがほとんど人も見えず落着きます。ここはわずかに木漏れ日がさすくらいで1日中ほとんど木陰状態でした。夕方になると少し肌寒く上着を着ました。しかし、この入り江の湖面の色は不思議な色ですね。洞爺湖ではここだけなのでしょうか。?
1ヶ月以上ぶりの焚き火を楽しむことができました。♪ 今まで暑かったですものね。
結局、湖畔の砂浜部分に1組来ましたが、スコップ持参で傾斜を平らにしてしまったのには感心です。お奨めのサイトのほうは車が通れるだけで、あとはテントと車で埋まってしまっていました。あぶなかったです.(^^; おかげでゆっくりとすごせました。このキャンプ場もかなり気に入りました。

 今日は少し早めに出て、他の湖畔キャンプ場を下見になんて思って廻りましたが、どこもテント・テント・車・車ですごいことになっていましたよ。とても車から降りてみようなんて気にはなりませんでした。ヒデさんの美笛もすごかったみたいですね。オコタンの設営されていた場所、前回我家で建てたところと同じです。
それにしても、いつになったらキャンプ場は空いてくるのでしょうか。思いっきり焚き火も楽しみたいものです。

投稿者:直人 さん 投稿日:2006/07/05

ヒデさん、皆さん、今日は。

7月1日から1泊で利用してきました。7月に入りいよいよシーズンインで気温も高く天気も良かったので「そろそろ覚悟しなきゃかな」と思ったんですがあの横長のサイトには10張りもなく一番奥のサイトも空いていました。洞爺湖では人気が無いキャンプ場ですけど個人的には最もお気に入りのキャンプ場です。温泉街の花火の後は満点の星空に焚き火三昧。翌日は薄日が差すくらいでしたけど変わらず気持ちいい洞爺湖畔を堪能できました。今年も最深部の入り江はエメラルドグリーンで迎えてくれましたよ。(^_^)v

投稿者:直人 さん 投稿日:2005/09/07

ヒデさん、皆さん、今日は。

9月3日から1泊で利用してきました。実に25年振りです。単独で行っても良かったんですけど当時一緒に利用した友人と一緒に改めて訪問したい・・・そんな象徴的な場所でしたので敢えて取っておきました(^^;。設営サイトは記憶以上に奥が深かったんですねー。びっくりしました。まだ行けるまだ行けると思いながら辿り着いたのはヒデさんスポット。こんな場所にこんなに美しい色をした洞爺湖があったんだ!そこだけ別世界の入り江でした。

木々が深く濃い緑、目の前の中島、羊蹄山と夕日。記憶を呼び戻しながら呑んだ酒は本当に美味しかった〜。気掛かりだった汲み取り式トイレは臭いもきつくなく綺麗でしたし水場も何ら問題ないですね。朽ちかけのキャビンが経年してイイ味出していました。利用客も20張り程度。ハイシーズンは過ぎたようです。ここの良さは設営場所によって見える景観のバリエーションが無数って事でしょうか。水際が入り組んでいるのでロケーション命の方は思いっきり時間を掛けて欲しいです。

蛇足になりますが・・・当時は手漕ぎボートとか在ったんですけど今は桟橋だけしか残っていないんですね〜。そしてその桟橋付近は今はテントを張れなくなっています。テントが張れないと言えば・・・その行程で巡った「島武意海岸キャンプ場」と「クッタラ湖キャンプ場」。時代は変遷し今は閉鎖(涙)・・・でもここのキャンプ場は洞爺湖畔に数あるキャンプ場の中で最も素晴らしいと断言します!(個人的に)

投稿者:kenjiの姫 さん 投稿日:2005/06/26
6月22日(水)〜23日(木)1泊で行ってきました。
いつも他のキャンプ場に行く時に横目で見ていましたが、今回初めて訪れてみて、思ったよりも奥までキャンプ場になっていてびっくり。洞爺湖のキャンプ場の中では一番自然度が高いのではないかと思いました。
ちょっと隠れ家的な雰囲気でなかなか良かったです。

ガイド本には、6月1日から営業と書いてあったのですが、帰ってから壮瞥町のHPを見ると7月1日からの営業のようでした。
トイレや炊事場はきちんと清掃してあり、電気もついていたのですが、営業前という事からゴミの収集がされておらず、ゴミ捨て場に置かれたゴミがカラスに荒らされて、サイトに散らばっているような状態でした。
これは利用者側のマナーの問題ですね。

今回は、奥の方に設営したので、車の通行音もあまり気にならず、静かで自然に囲まれたキャンプを楽しむことができました。我が家のお気に入りになりそうです。

投稿者:伊達直人 さん 投稿日:2004/08/01
 7月23日(金)〜25日(日)、道南道の駅制覇ツアーにいきました。その1泊目。
  チェックイン時刻を30分ほどすぎましたが、まだ管理人さんがいたので受付ができました。小さなプレハブ管理小屋です。駐車場から近いようにと林間サイトにしました。芝生がないので、あちこちに焚き火のあとがあります。湖畔にイスを並べて、焚き火をしながら花火をみてらっしゃるご夫婦も。平日は閑散としているようです。
  騒音は、ほとんど気になりません。温泉やコンビニも近く、便利です。ゴミは分別しておけば、ゴミ捨て場に置いておけます。トイレや炊事場は、昔ながらのものですので要注意。昆虫はまったくといっていいほどいませんので、子どもがいるなら、湖畔のほうが楽しめるでしょう。蚊もほとんどいませんでしたので、快適。
  注意点が一つ。受付を済ませるとステッカーをテントに貼るように言われます。貼っておかないと、朝6時半から早朝見回りに来た管理人さんに起こされてチェックされますので、夜に着いた際には要注意。
投稿者:菱 さん 投稿日:1998.07.23
こんばんはぁ。こちらのブックマークを忘れ、必死にまた探しました(^-^;
結局、自宅の札幌から遠くないということで「洞爺湖滝之上」にしました。
前日までは物凄い人だったそうですが、20日でしたのでゆったりと間隔を取り、静かに過ごせました。コンビニも近く、「北の湖記念館」の温泉も近く、対岸に小さく見える花火もきれいで、釣りもできたしとってもよかったです(^-^)

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ