トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介

ニセコ野営場

ニセコ野営場 所在地 虻田郡ニセコ町字ニセコ
料金 大人300円、子供100円
開設期間 6月上旬〜10月上旬
問い合わせ先 ニセコ町役場観光課
(0136-44-2121)
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2012年9月7日

 ここのキャンプ場の魅力は、なんと言ってもロケーションの素晴らしさ。ニセコアンヌプリやイワオヌプリの姿を間近に眺めながら、のんびりと時間を過ごすことができる。
 のんびりするだけでなく、せっかくだからその山にも登ってみたいところ。山登りの経験がなくても、ちょっと頑張れば山頂からの素晴らしい展望が楽しめる。
 山登りで一汗かいたら、隣の五色温泉へ。そして風呂上がりにサイトでビールでも飲めばもう最高!
 サイトは三段に分かれている。
 駐車場から1段目のサイトまで高低差があるので、荷物運びは少し辛い。
 一番上のサイトは茂みによって4箇所に分かれているので、混んでいる時でも静かに過ごせるだろう。しかし、ファミリーキャンプの装備ではここまでの荷揚げは無理かもしれない。
 でも、ここでテントを張るのなら、一番上のイワオヌプリ側のサイトを選びたいところだ。
 頑張って荷物を運んでしまえば、イワオヌプリの姿を眺めながらの幸せなキャンプを楽しむことが出来るだろう。
 1段目のサイトからはアンヌプリの姿も見られるが、その上に行くと見えなくなってしまう。どこにテントを張るかは迷いそうだ。
 ここのキャンプ場の欠点は登山目的のキャンパーと一般キャンパーが混在していることである。それぞれ行動する時間帯が違うので、トラブルを招きやすい。
 それに、キャンパー以外の登山者が深夜や早朝にやって来ることも多いので、その音に悩まされることもある。

関連ページ: ・2009日記 ・2010日記 ・2012日記 ・雑誌紹介記録(北海道キャンピングガイド)



(写真をクリックすると別画面に大きな画像を表示)
ニセコ野営場 ニセコ野営場
駐車場から1段目のサイトへはかなりの高低差がある 1段目サイトにテントを張ればアンヌプリの姿を楽しめる
ニセコ野営場 ニセコ野営場
1段目と2段目の間は僅かな段差だけ 2段目から1段目サイトを見たところ
ニセコ野営場 ニセコ野営場
3段目サイトの一番イワオヌプリ寄りの場所が、ここでのベストサイトかも 手前がトイレで奥が管理棟
ニセコ野営場 ニセコ野営場

3段目サイトに続く階段、中央部分が一番高い

回りを笹藪に囲まれて、完全なプライベートサイトだ


北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:hig さん 投稿日: 2006/09/18

 ヒデさん、こんにちは。16〜17日とニセコ野営場に泊まってきました。2時過ぎには着いたのですが、もう半分くらい埋まっていました。最上段にも先客がいて、結局、今は使われていないトイレの方、炊事場から一番遠い方にテントを張りました。(こんなに狭いキャンプ場とは思ってませんでした)
五色温泉は本当に温泉らしい温泉ですね!でも、湯の花と湯垢が区別できない子供たちには不評でした。
翌17日アンヌプリに登りました。7歳の娘もなんとか自分で登りました。素晴らしい天候で、羊蹄山、洞爺湖、日本海、尻別川が一望できました。イワオヌプリに登る元気は残っていませんでした。
東山スキー場ふもとのミルク工房はお勧めです!アイス、ソフトもですが、プリン、シュークリームも秀逸でした!

投稿者:とも さん 投稿日:2006/08/06

 ヒデさん、こんにちは。

8月5日(土)〜6日(日)1泊。

 最近の気温を見ていたら、この方面の気温がわりと低かったのでここに決めました。それでも涼しいうちにと思い早めに出発、9時頃には設営完了です。始めは利用客が少ないなーなんて思っていましたが、最終的にはほとんど満員状態でした。
  気温なんですが「暑い!」の一言です。フライを伸ばしわずかに出来る日陰を追って椅子を移動していました。いつもキャンプ場では、あまり動かないでじっとしているほうですが、今回は動かないではなく、暑くて動けないのです。夕食も、火を使うのがイヤで外食にしました。その点ファミリーは元気ですね。キャッチボールなんかして、見ているだけで汗が吹き出しそうです。

 今回の目的は山頂からの日の出です。昨年秋のリベンジということで天気の良い日を選んだんですけどね。…
  3時、アンヌプリ目指して登山開始。場内では照明が邪魔だった星空も、真っ暗な登山道ではハッキリと見えます。かなりの星空でしたよ。スバルもくっきり、人工衛星も見えたりして。♪
  4時20分山頂到着。4:30頃から真東の方から昇り始めました。うっすらと雲がかかっていたせいで、東の空が赤く染まりなかなかいい眺めでした。それよりも東南に見える羊蹄山が赤く染まり綺麗でした。そうそう「アンヌプリ貸切」でした。♪ リベンジ完了です。吹き上げる風が強く、寒いので30分で山頂を後にしました。

 下山してから、今日も当然に暑くなりそうなので、テントも濡れたまま帰ってきました。今、家で干しています。ニセコでもこれですから、ヒデさんの京極はどうだったんでしょう。?
  今回は良い事と悪い事の半々の微妙なキャンプでした。

投稿者:とも さん 投稿日: 2005/10/11

ヒデさん、こんにちは。

10月10日(月)〜11日(火)1泊。

 紅葉がどうしても見たくてここに来ました。途中の景色は「やはり、今年は紅葉が遅れているのかな−。?」という感じでしたが、キャンプ場付近にくると、頭に描いていた景色がありました。とは言っても、1昨年の凄まじい紅葉がまだ頭の中に残っていたので「今年はこの位なのか?。」という印象です。キャンプ場の管理人さんの話では、山の稜線は終わりかけ、今がピークでは。ということです。

 着いたときは、貸切り。あとで、3世帯家族が1組来ました。設営したのは、上段の左側(道路に近い所)。ここからは、ニセコの両山が一望のもとですし、紅葉に近いのが嬉しい。また、荷物の運搬も備え付けの野外卓があるので少し楽になります。まあ、荷物運びの苦労は混雑を避ける我家にとってはいつもの事です。キャンプ場の営業は今週末(18日)迄で終りです。

 だまって紅葉を眺めていると時間を忘れてしまいました。あっというまに暗くなって、食事の用意にチョット焦りました。この日は早めに就寝。目的があったものですから……。早朝、3時起き、チラッと準備し、4時、アンヌプリ登山出発。頂上から、昇る朝日が見たくて、軟弱者の私が身体にムチ打ちました。
  真っ暗。中腹迄きたら、ガスがすごいし、風も強い、ヘッドライトで見えるのは足元だけ。これでは朝日なんて拝めないよなーと思いましたが、「アンヌプリ貸切!!」に目標を切り替えふたたび、ひたすら昇りました。頂上付近で人に遭遇!。80歳代のおじいちゃん2人組でした。話を聞くとAM2時から昇り始めたそうです。目的は一緒。(朝日です。)おじいちゃん達に脱帽です。山頂に着いたのは5:30。それから30分くらい天気の回復を待ちましたが、ダメ。(^_^; 下山しました。この次には絶対リベンジと心に決めました。

 お目当ての紅葉は、スゴイ!!。昨日とは、まるで違います。一気に紅葉が進んでいました。来たときには緑だった樹が真っ赤に!!。不思議です。?あっという間に紅葉のピークが訪れてしまいました。帰り道、土曜日には紅葉にはほど遠いと思われた中山峠付近も紅葉し、もう少しでピークを迎えるものと思われます。紅葉の進む速度ってこんなに速かったのですね。今回は何度もビックリしてしまいました。
  あきらめていたすばらしい紅葉を見ることができ満足です。♪宿題が残りましたが、終り良ければ全て良し!ですね。♪

投稿者: kenjiの姫 さん 投稿日: 2005/08/17

8月12日(金)〜13日(土)
お盆の真っ盛りに行ってきました。

夕方到着したため、すでにサイトはテントでいっぱい。ファミリーキャンプの方が多くて、なんだか和やかな雰囲気でした。
この季節は登山が目的の方々よりも、お盆休みにファミリーでキャンプを楽しむ方々が多いのでしょう。
私たちは、最上段の半分空いている場所に、ひっそり設営させてもらいました。いつもの過剰装備(笑)から、手で持ち運びも楽々装備に変更して、ニセコにいざ!と臨んだため、荷物運びも苦にならず終了しました。
残念ながら、2つの目的の1つ(ペルセウス座流星群)は霧のため空振りでしたが、もう一つのイワオヌプリ登山は無事登頂いたしました(笑)。

賑わっていた割には、夜〜朝まで静かな雰囲気でよい感じでした。朝になると早々に帰り支度をしていなくなってしまう方々が多かったのは次の目的地へ向うためでしょうか。

違った季節に行くとこのキャンプ場の雰囲気もがらりと変ったものになるような気がします。今度は紅葉の季節に行きたいものです。次回は、アンヌプリかな。

投稿者: くままま さん 投稿日: 2005/08/17

始めまして、お邪魔いたします。
我家は5歳6歳の子どものいる4人家族です。ファミリーキャンプは今年で3年目の初心者です。このサイトを参考にさせていただき今年は準備をしていってきました。
12日13日とニセコに泊まりました。我家は早めに着いたので余裕で設営できました。
なんとkenjiの姫さんと同じ日に泊まっていたのですね。我家はたくさんいたファミリーキャンプのひとつでした。
キャンプ場のトイレがとてもきれいでびっくりしました。
翌日はイワオヌプリに登ってきました。5歳の息子もがんばって登ることができました。子ども達は雲の上に行った!と大喜びでした。

投稿者: モビ さん 投稿日: 2004/09/22

ヒデさん、こんにちは!
9月18日から20日まで2泊して来ました。

午前11時現地到着、3連休でそれなりにテントが張られていましたので、赤ビートルさんのレポを参考に最上段左から2番目のサイトに設営。荷運びは家族総動員・人海戦術で乗り切りました。今回は既に先客が居られましたが、最上段左側のサイトがプライベートを確保しつつ、ロケーションの良いベストポジションと思われます。野外卓・適度な草木・星空(下段サイトは場内照明がちょっと邪魔かな?)そして下段から聞こえる多少の喧騒は気にせずに過ごせそうです。1段目・2段目は空いていれば開放的なロケーションが楽しめると思います。(見聞録と赤ビートルさんに感謝です!)

初日はご周知の通りガスと夜半からの暴風雨で、タ−プは崩壊する前に倒しました。以前、羊蹄山真狩野営場でタープ崩壊・自在破損・ポール破損を経験しましたが、本当に山麓の風は恐るべしです。
2日目は午前中ガスと雨、午後から晴天になりひたすらダメージを受けたシュラフやテントの物干しキャンプ。夕刻から岩内に行き外食、帰宅?途中、岩内の夜景がなかなか綺麗でした。雲ひとつない満天の星空を真暗闇の神仙沼駐車場で堪能。キャンプ場に戻ってからも、しばし真黒な稜線上の星を眺めていました。(多分、口が開きっぱなし ^0^;)
3日目晴れて山頂が望めたので、子供達とイワオヌプリのんびり登山、9時に出発・12時帰着。頂上からは正面にアンヌプリ、眼下にキャンプ場・五色温泉、振り返れば岩内の街並と日本海・大沼やニセコの山々が・・・!のんべえパパさん一家とどこかですれ違ったかも知れません。

・山頂ではかなりの強風でした。雨合羽等の防寒具は必須と思います。
・温泉は初日は五色温泉:露天風呂に木のテーブルが浮かんでいます。缶ビールとジュース持込で乾杯^0^;2日目は雪秩父:内風呂2・露天5で良いお湯でした。女性用では泥パックも良いそうです。天然湯の花と温泉卵ゲット。
・帰りに大湯沼の足湯(無料)に立ち寄りましたが、結構お勧めです。湯本野営場は未だ閉鎖中です。

今回20年振りに登山(登頂)して見ましたが、キャンプ+登山はやっぱり魅力的ですね。その気にさせてくれた見聞録と皆さんに感謝・感謝です。m(T_T)m

投稿者: のんべえパパ さん 投稿日: 2004/09/22

モビさん、ヒデさん、こんにちは。

最上段左から2番目?ライトグリーンの大きなタープを張っていたところでしょうか?
我が家は、友人一家(初日3家族、2日目からは2家族)と一緒に、炊事場のすぐ上にダイニング(タープ)、その1段上に寝室(テント)を構えていました。
下のサイトからは上の様子がほとんど見えないんですが、子どもたちがお邪魔していたかもしれませんね。
キツネを追い回したりしていたので、ちょっとうるさかったかも・・・。
登山は、10:30出発13:30帰着でしたので、きっとイワオヌプリのどこかですれ違っていたんでしょうね。小さい女の子4人とすれ違っていたら我が家とお友達一家です。(ただお姉ちゃんペアは先にどんどん進んでいたので、4人一緒ではないときの方が多かったですけど)

神仙沼駐車場で星を見るっていうのも良さそうですね。
ただ私の場合、星空が見える頃にはビールやワインがいっぱい入っていますので、ちょっと無理かも。

しかし初日の暴風雨はほんとひどかったですね。私も今年ウスタイベで風向きを無視して、眺め優先でタープを張ったら、ポールがぽっきり折れてしまいました。それ以来風向きには逆らわないようにしています。あの日は夜の12時すぎまで様子をみて、これならなんとか持ちこたえてくれるだろうと思ってテントに入りましたが、なかなか熟睡出来ませんでした。
翌日の快晴は、あのひどい天候をしのいだご褒美だよね、と話をしていました。

ところでヒデさん、大きな字では書けませんが、キャンプ場にかわいいレトリ●ーを散歩させている人がいましたよ。状況に応じて黙認しているのかもしれませんねー

投稿者: 赤ビートル さん 投稿日: 2004/08/26

8月24日(火)〜25日(水)1泊2日
天候 : 晴れ → 曇り → 晴れ

登山も兼ねてニセコ野営場に行ってきました。ここはニセコエリアで最も行ってみたかった野営場です。
ロケーション最高!裏手にはアンヌプリ。左手にはイワオヌプリ。地下水を利用した炊事場の水は美味♪隣りは有名五色温泉。ご馳走さまでした温泉貸切♪

サイトについて少々情報を。
ビンバーマンさんの情報通り一昨年新しくなった炊事場、トイレの設備は快適です。まるで高規格オートキャンプ場のそれ同等。
サイトは麓からアンヌプリに向って3段。1段目のサイトは駐車場から11〜13段の階段を登ります。2段目のサイトはそこから4段上。そして今回設営した3段目最上段のサイトは更に5段程上に4区画あり、どの区画も周りを若木低木に遮られていてプライベートが確保できます。オススメは全て最上段。管理棟(麓)から見上げて左右両端の区画がもっとも良。左端はモロにイワオヌプリを眺められる位置にあり炊事場も真下です。右端は最も木々や笹に囲まれておりプライベートが保たれていますし紅葉時期は目の前に広がる広葉樹の山々がキレイでしょう。しかしアンヌプリの登山口にも近いので昼間は話し声や鈴の音も結構聞こえるかも。

最上段にのみ4区画全てに新しい野外卓が中央に設置してありそれぞれ左右にテント設営できますので1区画を2組で(又はテントとタープで)利用可能。大型ロッジドームも設営可能。芝生もこの3段目が一番キレイです。赤ビ〜トルは左側に設営しました。

今回は初日にイワオヌプリ。翌日にアンヌプリに登りました。イワオヌプリは道程が楽しいですね。まるで映画「ロード・オブ・ザ・リング」の主人公になった気分になれます。昼食も携行しての「のんびり」登山なんていいですね。途中に何箇所か野営してみたいポイントがありました。

注意事項ですが、まず風の方向です。アンヌ、イワオ両山の谷間から下の沢に向って風が吹きます(又はその逆)。1段目や2段目サイトですと風の影響を受けることもあるでしょう。次にキツネですが縄張りにしているヤツが2匹います。夜な夜な出没してテントを漁るので注意が必要です。カラスも注意。朝から常に狙っています。ゴミは当然持ち帰りです。

温泉情報ですが、ご存知の通り五色温泉はツアーバスが来る程有名ですので昼間は混み合います。ツアーが終わり温泉宿泊客の食事が始まる18時からの入浴がオススメ。奥にあるから松の湯は必ず入りましょう。風情があり情緒を感じる名湯です。22時まで入浴可。

夜はとても静かで9月は結構冷えると思います。数日前に行った丁未風致も良かったのですがこちらもかなり!お気に入りになりました。利用料金や登山も考えると赤ビ〜トル評価は☆4+です。

投稿者: のんべえパパ さん 投稿日: 2004/06/20

ヒデさん、こんばんは。

今週末はサヒナに行って、日曜日に五色温泉に入ったついでに、ニセコ野営場を視察してまいりました。
実際に泊まったわけではないので、こちらに書き込みますが、トイレ・炊事場がリニューアルされる前に行ったきりなので、どうなったのか興味津々でみてまいりました。
確かに炊事場、トレイ(木の香りがします)とも非常にキレイでしたが、テントサイトからは、常に10段以上の階段を使わねばなりません。そんなこと気にしないよという方なら、問題なしですが・・・。
テントサイトは砂地のテント床がなくなり、全面芝になっており、以前に比べると、とてもイイ感じです。

ただですね、トイレ・炊事場のリニューアルに伴い、荷物運びの苦労がいっそう増したような気がします。
前は駐車場から3〜4段登ったら、段々畑状のサイトの第1段目だと記憶していたのですが、今はいきなり10段ぐらいの階段を登ってやっとサイト1段目という状況です。(これは結構ツライです)
トイレ・炊事場を駐車場の高さにあわせて作ったために、サイト1断目を削った?という感じです。(文字だけの説明だと行ったことのない人には分かりづらいかもしれませんが。ご勘弁を)

荷運びだけでかなり疲れそうですが、ここはロケーション的に非常に優れたキャンプ場なので、それさえ我慢すればとても気持ちのよいキャンプが出来そうです。
特に段々畑サイト最上段までがんばって荷物を運べば、ほとんどプライベートサイトに近い感覚で利用できそうです。(荷運びはかなりつらいと思いますが・・・)
ただ上に行けば行くほど炊事場・トレイは遠くなりますが。

装備の軽い方にはオススメです。荷物の多いファミリーキャンパーにはちとつらいかも。
だけどここのキャンプ場からのイワオヌプリとアンヌプリを眺めるここの景色は最高ですので、2泊以上できるならがんばって荷物を上まで運ぶ価値はあると思いますよ。

 

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ