トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介 > 道東2

百人浜オートキャンプ場

 

ロケーション 環   境 荷物運搬

所在地
えりも町字庶野
料金
テントエリア利用料:大人310円、小人200円 オートサイト:1区画3140円(電源20A・炉付き)
バンガロー(4人用):1棟5240円
開設期間
4月20日~10月20日
問い合わせ先
現地管理センター:01466-4-2168
最終利用年月
2015年5月
関連ページ
2009日記 ・2015日記 ・公式ホームページ

 

 

襟裳岬から車で10分程の場所にあり、岬の観光にはとても便利なキャンプ場である。
百人浜と言っても、キャンプ場自体は海には面していなくて、森に囲まれ、とても落ち着いた雰囲気である。
風の強い場所だけれど、周囲の森に遮られて、キャンプ場の中にまで強風が吹きつけることはほとんど無い。
場内にも、カシワ林が適度な密度で残されている。
オートサイトは全て電源付きで、そのためか3140円とちょっと高い料金設定になっている。
空いている季節なら、一人310円で利用できるフリーサイトの方がお勧めだ。
同じオートサイトでも、入り口に近い部分と奥に入った方では雰囲気がかなり違う。
私ならば、カシワ林に接する奥の方の場所ならば文句を言わずに3140円払うけれど、入り口に近い方のサイトにはその金額を払ってまでテントを張る気にはなれない。
各サイトには簡単な炉が作られているので、焚き火を楽しむためには嬉しい施設である
一方のフリーサイトは、管理棟前の芝生広場の人気が高いようだ。
人気と言うよりも、バイク用の駐車スペースが近かったり、トイレが管理棟の中にあることなどから、必然的に皆ここにテントを張ることになるのだろう。
私の好みでは、ここよりもカシワ林の林間部分にテントを張りたくなる。
ちょっと薄暗くて好みが分かれるところだけれど、場所によってはちょうど良い木漏れ日が射して、理想的な林間サイトとなっているのだ。
空いていれば、荷物搬入時のみ場内を一周する通路に車を乗り入れられるし、リヤカーもあるので、駐車場から離れた場所でも荷物運びはそれほど苦にはならない。
これまで我が家がここに泊まれなかったのは、ペットの排除が徹底しているからで、受付で一番最初に聞かれるのがペットを連れていないかの確認である。
ペット連れキャンパーとしては面白くないけれど、ここのキャンプ場ではキャンパーが快適に過ごせるようにと考えての処置なので、許すことができる。
苦情を減らすためにペットを禁止しただけで、後はキャンパーのことなど何も考えていないようなキャンプ場の方が多いのが現実なのである。
綺麗に手入れされた芝生、自由に使うことができる簡易ベンチ、手作りの野外炉、炊事場に作られたペグ洗い場など、ここではいたる所にキャンパーにたいする暖かな配慮が感じられる。
キャンプ場から森の中を抜けて、悲恋沼と呼ばれる周囲400mの小さな沼へ通じる散策路がある。その先の海岸には眺めの良い展望台もあるので、キャンプのついでに歩いてみたいところだ。

(写真をクリックすると別画面に大きな画像を表示)

管理棟前のフリーサイト

管理棟と炊事場に挟まれ便利は良い

木漏れ日の射すカシワ林の中のフリーサイト

この付近の林間はちょっと薄暗い

何処にテントを張るか悩みそうだ
 

手前の芝生広場は全体に傾斜していて
あまり良い場所ではない

オートサイトの入口付近はあまりパッとしない

奥まで入ると快適そうなオートサイトがある

自由に使える簡易ベンチ、最小限の装備しか
持っていないキャンパーには嬉しい配慮だ

オートサイトの野外炉
 

ペグ洗い場も使える施設である
 

炊事場内のバーベキュー台
イスに座ってちょうど良い高さになる


北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:とも さん 投稿日:2005/08/16

 ヒデさん、こんにちは。

8月14日(日)~16日(火)、2泊。

暑い札幌を脱出し、涼しい所でお盆休みを。ということで、この時期、過去一番過ごしやすかったところにしました。道北も考えたのですが、この時期には行ったことが無いので、知っているここに決定です。

キャンプ場に着いたのは、11時前、ほとんど誰も居ずフリーサイトの好みの場所に設営できました。16時頃から、サイトがどんどん埋まりだし、この日は、結局ほとんど満員御礼状態でした。ファミリーが主体で、ライダー、チャリダ-も多かったです。コインランドリ-・シャワー、入浴施設もあるので、道内を旅するには、欠かせないキャンプ場なのでしょう。2日目はその半分の利用状況でした。

このキャンプ場は、名のとおりオート主体に造られたキャンプ場なのでしょうね。ロケーション的には、オートのほうが勝っていると思いますが、3,050円の料金設定はチョット…。樹木をそのまま残すように造られた場内は、自然と一体感が持てます。フリーは、余った部分を利用したように感じられますが、樹木の中に自分の好みの場所にテントを張れるのは、むしろ、オートに勝っているのではないでしょうか。
炊事場を中心に、周回道路の両側に、オートとバンガローが配置されています。外側は奥行があまりなく、少し窮屈かも。お勧めは周回道路の内側の樹木の中で過ごせる、オートで言えば、10番以降かなー。キャンプ場としてはかなり(私的ですが)レベルが高いところだと思います。

で、避暑が出来たかというと、(日)は、23~24℃、(月)は、21~22℃、(火)は、20℃以下と思った通りの気温で快適に過ごせました。が、日が差したのは(月)の午後の2~3時間で、あとは曇りと雨、天気予報は全く当てになりませんでした。とりあえずここまできたのだから、と襟裳岬に行きました。
ガスでなにも見えず寒かったので熱いらーめん食べてきました。隣にパークゴルフ場(歩いて5分位、今年から1日300円の有料に)があるので、寒くなったらパークゴルフ場で身体を動かすということを、4回。目的は果たせました。♪
(火)は、早朝から小雨。じっとしていると寒くて、天気も回復しそうに無いので、早めに撤収しました。帰りにあちこち、より道して札幌に近づくにしたがい「暑~ッ。!帰ってこなければ良かった。」でも、この時期、避暑にはお勧めのキャンプ場です。♪

投稿者:ちこ さん 投稿日:2003/07/30

ヒデさん、こんにちは。

百人浜に初めて行ってきました。
海のすぐ近くとは思えないほど、林に囲まれた静かすぎるくらい静かなキャンプ場でした。
平日とは言え、バンガローに数組と、テントサイトはバイクの人が3組だけ。
ウチもテントキャンプのつもりで出かけたのですが、小雨混じりの天気だったし寒かったし・・・で、バンガローを借りました。5,090円とやや高めですが、ステキで使いやすいバンガローでしたよ。
キャンプ場内はとてもいい雰囲気ですが、オートサイトは区画がやや狭いような気がします。テントを張るなら、フリーサイトの方がいいかな。奥の木立の中が、すごくいい雰囲気でした。
平日とは言え、こんなにステキなキャンプ場がこんなにガラガラで、うれしいような淋しいような?ちょっと複雑な気持ちになりました。

投稿者:ボス さん 投稿日:2002/10/14

10/12・13と襟裳岬の百人浜オートキャンプ場に行ってきました。
先週、今シーズン最後のつもりで一番川オートキャンプ場に行く予定が大荒れの天気で荷物を積んだ後にキャンセル、どうしてもあきらめきれずに、小さな子供(1歳2ヶ月)もいるので今回初めてのバンガローに泊まりました。
当日はバンガロー3組、テントサイト3組と非常に人も少なく、快適なキャンプでした。
キャンプ場自体がこじんまりとしているからか、オートキャンプサイトは非常に小さく(AC電源と炉付)ターフを張るスペースはないぐらいでした。
バンガローは4人(2段ベットというより、2人が縦1列に並びそれが2段ある)で、バルコニーがあり(椅子・テーブル付)上の子はおおはしゃぎでした。
当日は夜になっても非常にあたたかく、12・3度はあったような気がします。

投稿者:いとかず さん 投稿日:2002/08/05

地元に友人がいる関係で5年連続いっております。
いつもバンガローの利用ですが、風の強い日(意外に多くない!)はバンガローのテーブルが威力を発揮します。
しかしポイントがある!管理センターに背を向けたバンガローを予約する事。
強い風は必ず管理センター側からやってきます。反対側だともろに受ける形にナッテしまいます。
ここのおすすめはなんといても場内遊歩道の肝試し。この往復路ははっきりいって大人でも怖い。子供にとっては一生の記憶になるでしょう。
あと海岸や岸壁でのつりかな。昆布漁が盛んでなかなか海辺に下りられないけれど探せばポイントはある。昆布漁の邪魔にならないよういわばに立てば磯ガニやムール貝があちこちにあります。
ここの唯一の欠点はバンガローが5000円/泊と高い事!
来週は白滝村にいってきます。

投稿者:たつ さん

投稿日:2000/06/07

つい最近えりも岬の百人浜キャンプ場に行ってきたのですがすごくいい所でした。
風呂屋さんがすぐ歩いて行ける所にありとても緑がきれいでした。
ただし食料は途中の町で買って行ったほうがいいです。


前のページに戻る
ページトップへ