トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介 > 道北1

ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場

 
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場

ロケーション 環   境 荷物運搬

所在地
名寄市風連町字池の上
料金
持込テント:フリーサイト1張540円 オートサイト:1台2160円 コテージ(8人用):12960~14040円
開設期間
5月上旬~10月末
問い合わせ先
ふうれん望湖台自然公園管理棟:01655-3-2755
最終利用年月
2005年10月
関連ページ
2003日記 ・2005日記 ・焚き火

 

 

2002年のGWに下見に来た時、雨に濡れた桜がしっとりと咲いている風景がすっかり気に入って、翌年のGWに再び訪れることになった。
さすがに去年のような異常気象で桜が咲いているようなことは無かったが、ここの落ち着いた雰囲気が好きになってしまった。
サイトはオートサイト、フリーサイトと林間サイトの三つに分かれている。
オートサイトにはこれと言った特徴はないが、湖を眺めることができるのが魅力だ。
フリーサイトは奥に列車が置かれた殺風景なただの広場、料金も安くて車が乗り入れられてオートキャンプ状態で利用できるのが良いところか。
このキャンプ場ではやっぱり林間サイトがお勧めだ。シラカバ林の中にサイトが作られ、湖も眺められてとても落ち着くことができる。
駐車場に近いサイトを利用すればほとんどオートキャンプ気分、ちょっと頑張って荷物を運べば湖の眺めを楽しめる。
ただ、そのサイトの中を縫うようにアスレチックのコースがあるので、混んでいる時はちょっとうるさいかも知れない。
そんな時は、ここの道路を挟んだ反対側にある白樺などが林立する芝生広場がお勧めかも知れない。
最初の印象では、ここも一応キャンプ場なのかな?と思ってしまうが、管理棟で確認したところここにもテントを張れるようである。
オートサイトと林間サイトには丸太で囲んだテント床が作られているが、このテント床がちょっと小さいのが気になる。
我が家のテントでぎりぎりくらいの大きさだ。それでも工夫次第で何とかなるだろう。
回りの公園の遊歩道を歩くのも気持ちが良い。春先は湿地帯や林間に様々な花いているし、山道や木道があって変化に富んでいる。
受付はキャンプ場手前にあるセンターハウスでするので、キャンプ場へ行く前に受付を済ませておいた方が良い。
※以前は林間サイトの料金設定があったが、最近はこれが無くなったようなので、林間にテントを張れるかどうかは要確認

ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
林間サイト
林間にこの様なテント床が点在している
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
駐車場近くのサイトならばオートキャンプ気分
 
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
オートサイトの様子
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
オートサイトの様子
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
林間サイトの向かい側の林間にもテントを張れる
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
車を乗り入れられるフリーサイトは殺風景だ
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
キャンプ場周囲には遊歩道が作られ
ゆっくりと散策してみるのも楽しい
ふうれん望湖台自然公園オートキャンプ場
紅葉の季節もお勧めである
 


北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:ビンバーマン さん 投稿日:2005/05/30

5月28日(土)1泊 晴れ

ここは,ヒデさんのキャンプNAVIでチェックを入れており,前から桜の時期を狙っていました.そして今回.林間サイトに張るつもりで駐車場に到着.うぐいすやカッコーの鳴き声がこだまして聞こえ,静寂さを引き立ててくれます.鳴き声だけで5種類以上の野鳥がいることが分かります.白樺は萌葱色に染まっているし雰囲気が良いところです.また,土サイト・静けさ・湖の組み合わせは朱鞠内湖に似た印象を持ちました.ただ駐車場近くに張った場合にはオンボロのバンガローが視覚的に邪魔なことと,眺望の良い湖畔近くまでは,結構な坂になっていることから諦めて,オートサイトに張ることにしました.ペアやソロで軽装備で林間サイト湖畔近くに張れたら良い一日を過ごせそうです.

道路から見た感じではパッとしないオートサイトですが,湖畔近くに張って,湖側にリビングを作ってしまえば,なにやら1/10スケールのかなやま湖のようで気持ちが良い場所です.この日は我が家だけだったのでサイトの狭さも問題なしです.散り始めた桜を眺めながら,春らしい陽気の中でグビグビ飲めました.また,対岸の広葉樹の秋の様子も見てみたいと感じました.ただし,夜は野球場の照明かと思えるくらいの(背が高い)白色燈が11時くらいまで点いてます.夏の利用はサイトの狭さも加わって災い必死です.

実はアスレチック以外にも遊具があり,特にセンターハウス近くにある2列仕様のロング滑り台は良いです.これを滑るには階段を数十段上らねばならず,ちびっ子を消耗させるにはもってこいです.もちろん大人は下で桜を眺めつつ応援だけします.


前のページに戻る
ページトップへ