大岸シーサイド第2キャンプ場

(大岸第1キャンプ場・礼文華海浜公園キャンプ場)

大岸第2キャンプ場 所在地 虻田郡豊浦町大岸
料金 持ち込みテント5人用以下500円、10人用以下800円、10人用以上1000円
駐車場 普通乗用車500円、バイク200円、キャンピングカー・大型車1000円
開設期間 5月上旬〜9月下旬
問い合わせ先 シーサイドショップ(0142-84-1800)
礼文華は豊浦観光ネットワーク(0142-83-2222)
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2001年6月

 豊浦町の海岸沿いには3カ所のキャンプ場がある。
 開設期間が7月中旬〜8月末と短く、いかにも夏の海水浴客を対象にしたキャンプ場だが、大岸の方は最近になって開設期間が延びたようである。大岸の方は町の管理から個人の管理に変わったようで、海水浴シーズン以外の利用がどうなっているのか、ちょっと不明である。
 3カ所の中では、ここがもっとも快適である。
 砂浜から一段上がったところが平らな芝地になっているので、テントも設営しやすい。
 そしてここの浜辺は、両側が海に突きだした岬になっているので、プライベートビーチのような感覚で、噴火湾を眺めながら快適な海キャンを楽しむことができる。
 ただ、通行量は少ないものの道路がすぐ横を通っており、トンネル内に反響する音も手伝って、結構うるさい。おまけに、この道路と平行して鉄道も走っているので、この音も耳障りだったりする。
 しかし、これらの音を除けば、なかなか穴場のキャンプ場である。

関連ページ ・2001日記 ・2006日記



大岸第2キャンプ場    大岸第2キャンプ場
西と東を岬に挟まれ、ここだけが独立した空間となっている
大岸第2キャンプ場 大岸第2キャンプ場
右から順番に山、線路、駐車場、車道、旧道、芝生サイト、砂浜、海 芝生の上にテントを張って海キャンを楽しめるのは有難い
大岸第2キャンプ場 大岸第2キャンプ場
汽車の音も良いのだけれど、寝る時にはうるさく感じる シーズンオフには焚き火も楽しめる
大岸第2キャンプ場 大岸第2キャンプ場
東側の岬の上はカムイチャシ史跡公園となっている 東の岬のトンネルを抜けた先が第一キャンプ場
礼文華キャンプ場
礼文華海浜公園キャンプ場の様子、 開設期間以外はトイレも水場も閉鎖されている
それでもこの写真を写したとき、1組のキャンパーがテントを張っていた
礼文華キャンプ場 こちらも礼文華海浜公園の様子
何に使うのかわからないが、立派な建物が建っていた
多分、海水浴期間中は休憩所みたいな場所になるのだろ

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:キック さん 投稿日:2008/07/21

ヒデさん、初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいております。

札幌在住で26歳妻子犬持ちキャンパーです。
子供がようやく1歳になり、1年半以上封印していた夫婦共通の趣味であるキャンプへ出かけることができました。
7月19〜20日で大岸シーサイドキャンプ場へ行って来たのですが、10年前に行った時と景色が変わっていてびっくりしました。
以前は第1・第2という名称だったかと思いましたが・・・
朝8時頃についたときはキャンパーは1組ほどでしたが、徐々に団体キャンパーなど増えてきて満杯になってました。
若者30名くらいの集団や水上バイクの集団でかなり騒がしくなっていましたが、幸い私のテントは一番隅だったので夜はそんなに被害もありませんでした。
しかし次の日の昼に許し難い行為を発見してしまいました・・・
水上バイクの集団がお昼に大量のカレーを作って、余ったカレーを炊事場の排水溝にそのまま流そうとしていました。
おかげさまで排水が詰まってしまいました。
みんなで使う場所はみんなで綺麗に使うのが常識ですよね。
このようなキャンパーがいるから、どんどんキャンプ場が閉鎖されていくのですね。
愚痴になってしまい申し訳ありません。
みんなにわかってもらいたくて書き込んでしまいました。

投稿者:直人 さん 投稿日:2006/07/20

ヒデさん、皆さん、今日は。

7月16日から1泊で利用してきました。海の日はやっぱり「海辺」ですよね?そんな訳で道南を後にしてこちらを目指しました。想像通りの混み具合で(^^;呼吸困難でしたけど夕方には利用者が半分になりそれなりに落ち着けました。北海道での海キャンはイメージが日本海なんですけど晩成を含めここも良かったー。入り江になった砂浜には腹に響く波が押し寄せますし芝で一線になっているサイトは誰もが目の前の海というロケーションを確保。古いキャンプ場ですから水場やトイレも往年のままなのか?と思っていたんですけど最近のものでとても綺麗です。海=砂で厭だなぁと思っている方には理想的なキャンプ場と言えます。

惜しむらくは間近に通るJRでしょう。幹線ですから旅客も貨物も頻繁です。通過前の信号音に加えトンネルがすぐなので必ず汽笛を鳴らします。まぁ・・・落ち着かないと言えばそれまでですが「鉄@時刻表系」の方には面白いかも(^^;。各駅も急行も特急もトワイライトエクスプレスも通りますから。翌朝は未明からの激しい雨音で目を覚ましそれとともに雷鳴。1発はほぼ100m内に落ちました。高校時代以来2回目でしたけど怖かったですよぅ。朝食時には止みましたけど樹液でベトベトのテントには有り難い雨でした。個人的にはとても気に入りました。夏の終わりに再訪したいです。

投稿者:nori さん 投稿日:2004/08/12
先日グリーンステイ洞爺でキャンプデビューしたばかりのnoriです。こんにちは。
8月8〜9日、8家族くらいの団体で行って来ました。
ここの海岸はなぜかいつも波があるようで、つねに、白い波が立っていました。
子供たちは、大人に見守られながらキャッキャッと波遊びを満喫。子ども達が寝静まった頃には、大人たちは、波の音を聞きながら、ゆったりとおしゃべりを楽しみました。
線路や道路がすぐそばで、少しうるさかったのと、波の音になれない私としては、今ひとつ熟睡できなかったのですが、
それほど混んでいないことや、フリーサイトなんだけど、車を横付けできてとっても楽。トイレ、炊事場、シャワー(水)もそれなりにきれいで、使いやすい感じでした。

管理人さんが、大岸シーサイドキャンプ場と第1、第2を一人で管理しているらしく、軽トラで集金に回ってきました。
夜遅くに到着した人は朝早く集金にきたそうです。

朝食後、風がふいてきて、タープやテントが飛びそうだったので、あわてて片付けたら、30分くらいで風はおさまり、またジリジリと暑くなってきたのでした。
帰りに豊浦のしおさいで温泉に入り、お昼を食べて帰宅しました。今回も夫は参加せず、娘と二人での参加でしたが、他の家のお父さんたちがたくさん手伝ってくれたので、とっても楽でなかなかよかったです。

投稿者:たか さん 投稿日:2001.02.24
こんにちわ。初めての書き込みです。僕がお勧めしたいのが、礼文華キャンプ場です。アクセスは、高速室蘭インターでおりて、函館方面に向かいます。
確実に到着するには、とにかく曲がらないことです(笑)。
インターをおりてから、車で約2時間位走ると左側に看板が見えます。あとは、看板が案内してくれるので、行けるとおもいます。
焚き火はオッケーです。ロケーションは、最高です。海がいいのは当たり前ですが、キャンプ場の奥の方には、川があり山(思わず上りたくなるような、高い崖)もあります。僕がいつもテントを設営するのは、奥のほうです。
海と川ぎりぎりの所なんですが、開放感があります。また、四輪駆動の車なら、入っていくことができるので、便利です。
奥のほうでも水場 トイレ シャワー(水しか出ないので夏でも寒いのが欠点)が近いので、非常に便利です。MTBを持っていけば、さらにいいです。
川での釣りも楽しめます!とにかく自然がいっぱい(田舎なので)なんで、
2泊3日でもあきません。ぜひ、今年の夏は行ってみてください!!
では、また書きこみします!!
北海道室蘭より・・・・・・

 

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ