日の出岬キャンプ場

所在地 雄武町字沢木168
料金 持込テント4人用まで400円、5人用以上600円
開設期間 6月1日〜9月30日
問い合わせ先 現地管理棟 0158-85-2044
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2006年6月24日

 オホーツク海に突き出した日の出岬、名前のとおり日の出を楽しめる観光スポットとなっている。 
 オホーツク海沿いの中でここが特に朝日が美しく見えると言うわけではなく、岩場が岬状に海に突き出している地形が他とちょっと違うくらいだ。
 同じような地形の場所なら能取岬の方がもっと断崖も険しく、朝日も美しく見えそうだが、なんと言っても日の出岬と言う地名が一番の魅力なのだろう。
 キャンプ場からは一応海も見渡せるが、海との間には駐車場や食堂、遊具広場などがあるものだから、キャンプ場自体の快適さはあまりない。
 サイトの方もやや傾斜があり、トイレの建物が海側に建っているのも欠点だ。
 それでも、オホーツク海を直接眺められるキャンプ場は数少ないし、やはりその名前のためからか、結構な人気キャンプ場となっているようだ。
 キャンプ場の隣に広がるステージ前の広場はテント設営禁止となっていたが、私が泊まった時はそちらの方にテントを張らせてもらえた。多分、イベント時以外はサイトとして開放されているのだろう。
 こちらの方が地面が平らで、駐車場からも離れるので海の眺めも良い。それに、歩いて直ぐ日の出岬の先端部に出られるのが嬉しい。
 キャンプ場自体はパッとしないが、日の出岬そのものは眺めが良くて、原生花園のように野の花も咲いていてすっかり気に入ってしまった。
 ここから見た朝日は、日の出岬の名に恥じない素晴らしい朝日だった。日の出のほかに岬先端からは夕陽の沈む風景も楽しめる。
 もっとも、ここに作られている総ガラス張りの展望施設「ラ・ルーナ」はあまりいただけない。何のためにここまで立派な施設を作ってしまったのだろうという気がする。
 夜は内部に明かりがつくので、暗闇の中に光のオブジェとして浮かび上がっているが、9時過ぎにはその照明が消えるのがまだ救いである。
 温泉のあるホテル日の出岬までは500m程なので、周りの景色を眺めながら歩いて行くこともできる。
 夏の観光シーズンを外し、朝日や夕日を楽しめる天気の良い日に泊まるのならばお勧めキャンプ場と言えるかもしれない。

関連ページ ・2006日記 ・公式ホームページ



右の建物がトイレ、左は炊事場、左奥はステージ前の広場となっている 中央の建物が管理等でその右に駐車場が広がっている
我が家はステージの直ぐ前にテントを設営、丘の上の建物はバンガロー 駐車場側からサイトを見たところ、バンガローは眺めが良さそうだ
展望台の方からサイトを見たところ、道路の右側がキャンプ場 キャンプ場の道路を挟んだ海側の部分
日の出岬と展望台ラ・ルーナ ここから見る朝日はやっぱり最高!

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:masa@岩見沢 さん 投稿日:2004/03/11

ヒデさんこんばんは。ヒデさんもオホーツクへ行っていたのですね。
私は2/21・22で雄武町の日の出岬キャンプ場に行ってきました。
もちろんキャンプ場はクローズですが、隣接して日の出岬展望台ラ・ルーナがあるのでここではトイレの心配も無いです。
展望台のトイレは通年使えるようです。初日の出を見るために、元旦には結構人が集まるらしいですが、当日は貸し切り。
流氷接岸初日から3日経て、流氷は沖に戻ってしまいましたが、一部は岸に残っていたのでまずまずと言うところです。
なかなか流氷至近でキャンプの出来るところは少ない様ですが、ここはなかなか良かったです。来年は流氷のきしむ音を聞きながら
夜を過ごしたいものです。
流氷を楽しむならウトロが良いみたいですがちょっと遠いですね。

投稿者:ぽてと さん 投稿日:2002/09/16

またまた失礼します。(^^ゞ
2日目は雄武にある日の出岬キャンプ場に行ってきました。
海が見えるキャンプ場に泊まったのは初めて。
テントの入り口を開けると海が見えるというのもなかなか良かったです。
オートではないので荷物を運ばなくてはなりません。
リヤカーもありますがなぜか、階段・・・。
緩やかな階段なので、みなさんガタンゴトンとリヤカーで階段を上り下りしていました。
名前の通り、日の出が美しいと言うことで朝は4時半に起きて日の出を見るべく待機。
5時をまわった頃太陽が顔を出しました。
ここは稚内のようにガスもかからず朝から晴天だったため8時にはテントの床まで乾いていました。
徒歩圏内にホテルがあり、そこで入浴することができます。
ゴミは今シーズンから持ち帰りになっていました。

投稿者:おおぬま さん 投稿日:2000/08/06

テント4人以下1泊1張400円、5人以上だと600円。
バンガローは、1泊1棟3000円。(10棟)貸しテント有り。
売店有り、公衆電話有り、リヤカー2台有り。
洗い場1カ所、水洗WC1カ所。
ロケーションは天気が良ければ最高です。海からの風に注意してテントを張りましょう。芝の緩い傾斜だが、寝る時に足を下に向ければ気にならない程度。
屋外炉があるので、そこで焚き火ができます。(直火禁止)薪は海岸で流木がたくさん拾えます。子供にはアスレチックがあり、遊泳禁止ですが、海にはカニがたくさんいます。「ウニなど採ってはいけません」となっていますが、ウニなどの「など」がわかりませんでした。アサリを採ってみそ汁にしている人もいました。あとカキもとれます。
歩いて5分ほど、ホテル日の出岬があり日帰り入浴ができます。大人500円。
海辺の温泉のせいか、お湯はしょっぱく、海で遊んで体にすり傷なんかつくると大変です。

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ