北海道キャンプ場見聞録 我が家のファミリーキャンプ
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

雪中キャンプ準備編

Line

 雪中キャンプを楽しむのにはそれなりの装備が必要なのでは?
 確かに冬山登山用のテントに羽毛のシュラフがあれば理想的ですが、年に1回行くか行かないかのキャンプに、そこまでの装備をそろえるのはちょっともったいないですね。
 最低限の装備があれば、何とか死なないでキャンプから生還することができます。
 ここでは我が家の雪中キャンプでの装備を紹介します。

雪中キャンプノウハウ編へ


 テント 

冬山用のテントまでは必要ありませんが、それなりに快適に過ごすためには条件があります。

1 アウターにスカートが付いていること
 スカートという言葉が正しいかどうかは解りませんが、裾の部分が地面まで覆っているようなテントのことです。
 普通のドーム型テントでは通気性を確保するために地面との間が開いているものがほとんどですが、さすがに冬のキャンプでは寒そうですね。
 まあ、その部分に雪を積んで塞いでしまうという方法もありそうですが・・・。

2 前室が広いこと
 別に前室が無くてもかまわないですが、雪中キャンプで快適に過ごすことができます。
 日が沈んだら、後はテントの中にもぐり込むだけっていうのは、ちょっと寂しいですからね。
 アウターだけで自立するようなテントを別に用意しても良いですが、雪中キャンプではできるだけ荷物は減らしたいところです。

 ちなみに我が家のテントはこんなやつです。


 シュラフ 

 羽毛のシュラフが望ましいですが、最低でも少し厚手の3シーズン用のシュラフは必要です。
 当然、マミー型の方が適していますが、我が家の場合、かみさんは封筒型のシュラフで耐えています。
  この場合、インナーシュラフを併用するのが効果的ですね。
 値段も5千円前後なので、雪中キャンプ用に新しいシュラフを購入するよりも経済的です。
 私の場合、ゴアテックスのシュラフカバーを使ってみましたが、防寒の意味ではあまり役に立たないような気がします。
 後は毛布を何枚も用意するとか、寒さを乗り切る方法はいくらでもあるので、皆さんでいろいろと考えてみてください。
 我が家が使用しているシュラフはこんなものです。

シュラフにくるまってと言いながら、こんなシュラフで-30℃の中でキャンプをしていたことが、今となっては信じられないです。(^_^;
やっぱり、雪中キャンプにダウンのシュラフは必携ですね。
最近はモンベルの#2(使用可能温度-15℃)を使っていますが、これでもちょっと辛いですね。
北海道の雪中キャンプならば、最低でも#1(使用可能温度-22℃)は欲しいところです。
だんだん軟弱になってきたな〜。


 雪中キャンプで必要なもの 

雪中キャンプならではの必要装備をいくつか上げてみましょう。

1 スコップ
 これはもう無くてはならないものですね。ちなみに、キャンプ用品として売られているような折り畳み式スコップなどは全く役に立ちません。
 お勧めはアルミ製のスコップです。
 冬になると、ホームセンターなどで安く売られています。
 あらゆる場面で活躍するので

2 かんじき又はスノーシュー
 3月くらいになると気温も上がり、雪も締まってきますが、それでも何も無しでは雪上を歩くのは大変です。
 本格的スノーシューになると2万円以上はしますが、かんじきならば数千円で買えます。
 でも、昔ながらの木製のかんじきはあまり売っている店が無いかもしれないですね。
 札幌ならば秀岳荘あたりでは売っていますが・・・。
 千円程度でおもちゃみたいなプラスチックのかんじきが売られていますが、最初はそれでも充分かもね。

ソリ遊び3 ソリ
 これは別に無くてもかまいませんが、荷物運びの時にも使えるし、当然のことながら本来の目的でも使えます。
 童心に返ってソリ遊びをしてみましょう 。
 北海道では除雪用に大型のソリが売られていますが、これが結構便利です。

4 カイロ
 ホカロン等の名前で売られている携帯用カイロです。
 シュラフの中に入れて使います。我が家の場合一人5個という割り当てですが、10個入れたらかなり暖かそう。
 ペットボトルにお湯を入れて湯たんぽ替わりという方法もありますが、これはまだ試したことがありません。

コールマンヒーター5 ストーブ(ヒーター)
 アウトドアショップでいろいろな種類が売られていますね。
 私はEPIの反射式のヒーターを持っていますが、はっきり言って全然暖かくありません。
 お勧めは、コールマン製のストーブの上に乗せるタイプのヒーターです(写真)。
 テントの中でこれを使えばアッという間に暖まります。
 確かコールマンのガソリンストーブ専用の商品ですが、写真ではガスカートリッジのストーブで使っています。
 もしかしたら危険な使い方かもしれませんね。


 雪中キャンプで必要ないもの 

イスは快適1 イスとテーブル
 頑張って使えないこともないですが・・・
 雪中キャンプなのだから、イスは雪で作っちゃいましょう。
 でも、雪の上に長時間座っているとさすがにお尻が冷たくなってしまうので、下に敷くものはいろいろと考えてみてください。
 テーブル替わりに板が1枚あれば、かなり重宝すると思います。

 なんて言いながら、最近は普通にイスを使っています。(^_^;
 3月末頃になれば雪も湿ってくるので、踏み固めれば沈み込むこともありません。それに雪の上に直接座るのは冷たいもんね。

2 タープ
 まさかタープを張る人はいないか。
 それでも、工夫をして雪の上にタープを張ってみるというのも、楽しみのひとつかもね。


 雪中キャンプのできるキャンプ場 

 基本的に雪中キャンプではトイレも水場も使えないので、敢えてキャンプ場に泊まる必要はありません。
 車を停める場所さえ確保できれば、どんな場所でもキャンプできるのが雪中キャンプの良いところ。
 と言いながらも 、変な場所にテントを張って、「こいつら、こんなところでいったい何をやっているんだ?」と普通の人々からの好奇の目で見られるよりも、キャンプ場の方が安心できますね。

 問題は、クローズしているキャンプ場では駐車場の除雪もされていないことです。
 我が家が何時も利用する朱鞠内湖キャンプ場は、釣りのために冬期間も駐車場が使えます。ただし、ここを利用する場合は無用なトラブルを避けるために、入漁料だけは払っておいた方が良いですね。
 羊蹄山自然公園キャンプ場は、登山者用に駐車場が除雪されています。
 他には、バンガローが通年利用可能なキャンプ場では、交渉によっては雪中キャンプが可能かもしれません。
 ニセコのサヒナキャンプ場では雪中キャンプも大丈夫とのことです。



戻る   ページTOPへ