さるふつ公園キャンプ場

所在地 宗谷郡猿払村浜鬼志別
料金 大人200円、子供100円
開設期間 5月1日〜10月末
問い合わせ先 サイクリングターミナル 01635-2-2311
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 未利用 訪問日:2002年6月

 ここのキャンプ場に泊まりたいという人がいたので、道北旅行の途中に下見のために立ち寄ってみた。
 国道沿いに立派な道の駅「さるふつ公園」があり、さてキャンプ場はどこだと辺りを見渡すと・・・
 この付近は村営猿払牧場が広がり、だだっ広い景色が売り物なのかもしれないが、それにしても殺風景すぎる。
 この場所に似つかない立派なステージがポツンと建っているだけで、平面図が載っている看板を見ないとどこがサイトなのか迷ってしまいそうだ。
 さるふつ公園について検索していると、こんなページが見つかった。
 この辺一体の整備計画の内容だが、平面図上で適当な絵を描いて、この付近をキャンプ場にしよう、といった風に作られたキャンプ場なのだろう。キャンプをしたことがない技術者がキャンプ場の設計をしたらこんなものができあがる、という典型的な例のように感じられる。
 このキャンプ場の評価は、実際に泊まってみないと何とも言えない。意外と、この何も無さがかえって良かったりして。
 何も遮るものがない直ぐ隣りに国道が通っているが、交通量の多い場所でもないので夜は静かもしれない。
 車も、周りの通路に乗り入れることができるので、ほとんどオートキャンプのように利用できそうだ。

関連ページ  公式ホームページ



右側の白い建物がトイレに炊事場、バンガローがあって、ポツンと一つ野外卓、あとは何もありません。 隣接する道の駅「さるふつ公園」、立派です。
温泉の建物です。これはさすがにありがたい施設。 キャンプ場の平面図、左側の丸がキャンプ場。こんな平面図ならば私でも書けそうだ。

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:いろり さん 投稿日:2005/09/22

はじめまして。道外のものですが北海道に渡る前にずいぶんこのHPを参考にさせて頂きました。9月11日にさるふつ公園キャンプ場を利用しました。9月10日から5日間ほどライダーさんとして3箇所ほどキャンプ場を利用しました。まずこのキャンプ場、ライダーとして泊まるならば、かなり快適でポイント高いです。クッチャロ湖まで辿り着けづに日没を向かえここに泊まったのですが適当に街灯があって小さいランタンしかない荷物少量キャンパーにとってはかえってありがたいです。バイクもテントの横に(芝生内はだめ)置けるし、道路は思ったより離れている感じで車の音は気になりませんでした。もっとも、夜はほとんど通りません。他にテントは3張、立地から想像するよりはるかに静かでした。吸血虫たちも風が強かったせいでまったくいませんでした。トイレもきれいで何より歩いて目の前の温泉にいけるのがライダーにとってうれしい限りです。ヘルメットかぶってお風呂に行くのは決して快適ではありません。そうそう夕方ついたため受付はサイクリングターミナルではなく温泉の受付で記入して券売機で200円のキャンプ場利用券を買いました。
連泊してキャンプを楽しむのではなく、旅の宿として利用するならお勧めできます。
27年前チャリダーとして来道した時はキャンプ場も少なく無人駅ばかりとまっていたような気がします。
また皆さんの情報を頼りに来道します。

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ