北追岬キャンプ場

我が家のテント 所在地 奥尻郡奥尻町湯の浜
料金 無料
開設期間 5月上旬〜10月下旬
問い合わせ先 奥尻町役場企画観光課 01397-2-2351
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2006年9月22日

奥尻島のキャンプ場の中では、私の一番のお勧めの場所である。
奥尻島の西海岸、丘陵地帯の丘の上に位置して、南側に無縁島や西海岸の風景を見渡せる。東側には奥尻島の山並みが続いて、これも良い風景だ。
西側には大海原が広がり、美しい夕陽の風景を満喫できる。
北側はサイトの隣が直ぐ小高い土手になっているので、北から北西の風を防いでくれる。もっとも、風が南から吹いてくる時は何も遮るものが無いので、ちょっと辛いかもしれない。
その土手に上れば、神威脇漁港とそこから先道路も無いような険しい海岸線の風景が広がっている。
キャンプ場周辺の海岸も殆んどが切り立った崖となっているので、せっかくの美しい海は上から見下ろすことしかできない。
キャンプ場のある丘陵一体は北追岬彫刻公園としても整備されていて、彫刻家流政之氏の作品が散策路の途中に、森を切り開いた広場に、丘の頂上にと、丘陵のあちらこちらに配置されている。
キャンプ場のサイトのど真ん中にも1基の彫刻が設置されている。
これらの彫刻の間を巡る遊歩道や、背の低いカシワ林の中を切り開いただけの踏み分け道が、丘陵の中を縫うように通っていて、ちょっとした探検気分で野外彫刻を見て歩ける。
道路入り口からキャンプ場までは、この遊歩道を車で走ってくるのだけれど、道幅は狭いし、分かれ道に案内板も立っていないしで、初めてのときは道に迷うかもしれない。道路から入ったところに全体案内図があるので、そこで公園の全体像を頭の中に入れておいた方が良いだろう。
サイト自体はトイレと水場があるだけのとても質素なものだ。
そしてサイトもとても狭い。ファミリーキャンパーが3組もテントを張ればそれだけで一杯になってしまう。ソロテントならば5張りが限界だろうか。それ以上テントが増えるようであれば、私ならここでキャンプをするのは諦める。
ここは、静かに周りの風景を眺めて過ごすのに良い場所なので、それができないのならここに泊まる価値は無いと思うのである。
それと、このキャンプ場で一番残念なのが、場内の照明がとてつもなく明るいことである。狭いサイトに水銀灯が二つも立っていて、それが点灯したらその下で本を読むことができるくらいの明るさである。
天の川が空をまたぎ、無数の星がきらめく、奥尻島でしか見られないような素晴らしい夜空が、その照明によって掻き消されてしまうのだ。
温泉は神威脇漁港に隣接する神威脇温泉保養所がとても良いお湯である。直ぐ近くに島内で一番立派な「奥尻湯ノ浜温泉ホテル緑館」もあるけれど、こちらの温泉の内容は不明である。

関連ページ ・2006日記 ・公式ホームページ



サイト全景 質素な水場
これがサイトの全景である 質素な水場、このキャンプ場にはこれくらいがちょうど良い
トイレ 北追い岬全景
トイレが簡易水洗でゴミが捨てられるというのも嬉しい キャンプ場のある北追岬の全景、サイトはこの真ん中あたりだ
サイトからの風景 サイトから見る夕映えの空
サイトからの風景海の向こうには無縁島が見える、正面丘の頂上にある彫刻も印象的だ もちろん夕日も楽しめる
素晴らしい夜景だけれど・・・ 明るすぎる照明
夜空の暗さも十分で星も綺麗に見える、漁り火の明かりが邪魔くさく思えるくらいだ ところが照明が点灯すると、真昼のような明るさとなって星空はかき消えてしまう

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ