トップページ > キャンプ > キャンプ場紹介 > 道北3

幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場

 

ロケーション 環   境 荷物運搬

所在地
幌延町字幌延
料金
持込テン:無料 バンガロー(6人用):1棟1930円
開設期間
5月1日~10月31日
問い合わせ先
幌延町役場:
最終利用年月
2019年7月
関連ページ
2019日記 ・公式ホームページ 

 

 

幌延町の市街地に隣接したキャンプ場なので、サイトからは民家が丸見えである。
このようなタイプのキャンプ場は私は苦手なのだけれど、森林公園の名前の通り民家の反対側には森が迫り、意外と落ち着くことができる。
2018年に整備工事が行われ、トイレも炊事場も新しくなり、これだけの施設が無料で利用できるのだから、少々のロケーションの問題は全く気にならない。
それに、周辺が住宅街ということは夜も静かで治安も良いということでもある。
逆にキャンパーの方が、周辺の住民の迷惑にならない様に静かに過ごさなければならないだろう。
車を横付けできるロフト付きバンガローも、低料金で利用できるのが嬉しい。
ただ、サイトの方は自由に利用できるのだが、バンガローは事前に役場に申し込まなければならず、役場が休みの時や時間外は電話がつながらないので、利用の際は注意が必要だ。
申し込みを済ませて置けば、役場が休みの時でも生涯学習センターで鍵の受け取りや料金の支払いができるので問題はない。
お風呂は徒歩圏内の老人福祉センターで入ることができる。
商店なども近く、旅先での一晩の宿として考えれば、とても利用しがいのあるキャンプ場といえる。

幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
サイトからは民家が目の前に見える
 
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
後ろに森が迫っているので意外と落ち着ける
 
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
砂利敷きの駐車場の近くにテントを張れば
オートキャンプ気分で楽しめる  
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
隣接の金田心象書道美術館側から見た
サイトの様子 
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
バイク・自転車の駐輪場
 
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
奥の炊事場は何故か片側にしか蛇口がない
回りが砂利敷きなのは焼き肉スペースらしい
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
バンガローは車を横付けできる
テラス部分の広さが中途半端だ
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
入り口横のトイレは炊事場も併設
 
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
奥の方に申し訳程度に遊具が置かれている
 
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
サイトの奥の遊歩道を登れば展望台が有る
階段が傷んでいるので、車道を登った方が楽だ
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
バンガロー内部
幌延町ふるさとの森森林公園キャンプ場
ロフトから見下ろしたバンガロー内


前のページに戻る
ページトップへ