広尾シーサイドパークキャンプ場

広尾キャンプ場 所在地 広尾郡広尾町字野塚
料金 持込テント一人200円、キャンピングカーサイト1台1000円
開設期間 6月1日〜9月30日
問い合わせ先 現地管理棟 01558-2-4824
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 未利用、訪問日:2003年6月25日

 水族館や遊園地、海水浴場が有るシーサイドパーク広尾という施設の中にあるキャンプ場だ。
 道東旅行の途中にちょっと立ち寄っただけなので、周辺の状況についてはよく解らないが、子供連れファミリーが楽しむには最高のキャンプ場だろう。
 私がここに興味を持ったのは、見聞録のBBSの中でここで快適な焚き火キャンプを楽しめたと言う書き込みを見たからだ。
 ここのサイト部分は完全な林間で、周辺の娯楽施設もそれほど気にならない。
 この林の中に車を自由に乗り入れられるのも有り難いところだ。
 シーズンオフならば、場内でいくらでも薪を拾うことができそうで、焚き火派には楽しいキャンプができそうなところである。
 樹木の密度が濃いので、葉が茂っている時期はちょっと薄暗い雰囲気がするかもしれない。私の好みから言えば、新緑や紅葉の時期に利用してみたい場所だ。
 他にはこれと言った特徴はないが、夏はファミリーに、シーズンオフは林の中で静かに焚き火を楽しみたいキャンパーにお勧めのキャンプ場だと思う。
2005年に隣接のシーサイドパーク広尾が閉園となったため、より静かなキャンプが楽しめそうだ。

 その後、このキャンプ場周辺が日本最大規模のオオバナノエンレイソウ群生地だと聞いて2007年の5月中旬に訪れてみた。
 そうしてその美しさに感動。
 まだオープン前だけれど、是非この時期にテントを張ってみたいものである。

関連ページ ・焚き火 ・公式ホームページ



(写真をクリックすると別画面に大きな画像を表示)
広尾キャンプ場 広尾キャンプ場
サイト全体がこの様な林間になっていて、ワイルドなキャンプが楽しめそうだ 中央の炊事場付近は少し開けた感じだ
広尾キャンプ場 広尾キャンプ場
葉が茂っている時期は、ちょっと薄暗い ここは楽古川沿いの1段低くなった場所、常設テントもあり、川側の方は開けていて明るい雰囲気だ
広尾キャンプ場 広尾キャンプ場
これは5月中旬の様子 オオバナノエンレイソウに囲まれてのキャンプを楽しめる
広尾キャンプ場 広尾キャンプ場
まさに日本最大規模の群生地 オオサクラソウも一緒に咲いている

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:マツダ さん 投稿日:2005/09/05

ヒデさんこんにちは!

9月3日〜9月4日で広尾キャンプ場を利用してきました。
本当は、晩夏の晩成キャンプ場を目指して行ったのですが・・・現地に到着してみるとナント前回利用した然別北岸キャンプ場に居た時と同じ若者集団?とモンベルのテント・タープ郡がいるのではないでしょうか。私的には、少々離れた入口付近でもと思ったのですが息子たちも前回のキャンプであの騒々しいのは絶対イヤだと言い、カミさんも娘も絶対イヤど言いしょうがなく付近のキャンプ場と探した結果広尾キャンプ場に行く事になりました。モンベルテント・タープ集団は多分、何かのネイチャーセンター主催のキャンプツアーだったかと思いますが、案外静かだったのかもしれませんね・・・

気を取り直して34`離れた広尾キャンプ場に行く事にしました。現地に到着してみると晩成キャンプ場とうって変わってチャリキャンパー一人だけでした。ヒデさんのキャンプ情報にも書かれてるように樹木の濃いサイトで、木漏れ日が所々入るようなちょっと薄暗いような雰囲気でした。(多分天気にもよりますが)しかし車で自由に乗り入れが出来、荷物の搬入もラク焚き火もOK! 樹木は濃いですが林間サイトの雰囲気は良好!
です。こちらのキャンプ場を利用するオススメ時期はヒデさんのおっしゃるとおり新緑の季節オオバナエンレイソウが咲き乱れる頃なんか良いかと思いました。また晩秋の頃とか(9/30までの営業)かなと。しかし難点も・・・水族館の24時間鳴らす発電機?の音と車の騒音が結構気になりました。

今回は目指した所を敢え無く断念しましたが、次回の楽しみをというう事で(^_^)リベンジしたいです。それにしても晩夏の焚き火は良かったなぁ・・・
十勝のキャンプ場を制覇するまでアト21箇所?だったかな

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ