アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場

アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場 所在地 様似町字平宇
料金 入場料大人600円、子供400円
タープ・スクリーンテント1張300円
開設期間 4月中旬〜10月中旬
問い合わせ先 現地管理棟 0146-36-2415
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 2010年5月21日

 我が家はアポイ岳登山のベースキャンプとしてここを利用したが、名前のとおりファミリーや団体の利用を前提として作られたようなキャンプ場である。
 海側から入って来ると、そのまま手前の駐車場に車を入れてしまうが、キャンプの受付はそこを通り過ぎた先のアポイ岳ビジターセンター隣りの公園管理事務所になる。
 ここの駐車場に隣接してバンガローサイトと地面が砂地のサイトがある。
 砂地のサイトはどうしても砂場の中でテントを張っている気分なので、芝生のサイトの方が快適に過ごせるだろう。
 芝生サイトを利用するのならば、管理事務所の横を通ってキャンプ場をぐるりと回りこんだ川沿いの駐車場に車を停めた方が荷物を運びやすい。
 でも、テントを張る場所によっては、手前の駐車場の方が近いこともあるので、先にサイトを決めてからどちらの駐車場にするか判断した方が良いかもしれない。
 そこから一段高くなった場所にも芝生のサイトがあるが、駐車場からの荷物運びはちょっと辛い。道路から荷物を下ろす方法もありそうだ。
 ここは真ん中にファイヤーサークルもあり、団体利用向けサイトと言った雰囲気だ。
 キャンプ場唯一のトイレはこのサイトの奥にあるので、他のサイトからは少し遠くなる。
 どうも、施設の配置がバラバラな感じがするキャンプ場である。
 そこから更に一段上がったところにも広々とした芝生地があるが、さすがにここにテントを張る人は居ないだろう。
 その奥が遊具広場になっていて、数は少ないがあまり見かけないタイプの遊具が置かれている。
 ゴーカートもあり、ファミリーパークの名前どおりのキャンプ場といえる。
 夏場は横を流れる川で水遊びもできそうで、汗をかいたらアポイ山荘でお風呂にも入れるし、家族連れには楽しくて快適なキャンプ場である。
 花の百名山の一つでもあるアポイ岳の登山口にもなっているので、登山者の利用も多いかもしれない。
 ただ、朝の早い登山目的キャンパーと一般のファミリーキャンパーが混ざり合うのはあまり好ましい状況ではない。
 そんな時は、登山目的キャンパーはテントを設営する場所を考えた方が良さそうだ。
 このキャンプ場で嬉しい施設は移動可能な野外卓。ちょっと重たいけれど、好きな場所にテントを張ってから、そこに野外卓を持って行くことができるのだ。
 個人的には、キャンプ場自体にそれほどの魅力は感じないけれど、周辺の自然の豊かさもあって、ポイントの高いキャンプ場である。

関連ページ ・2010日記 



(写真をクリックすると別画面に大きな画像を表示)
アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場 アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場
何もない芝生広場だけれど、周りの風景が和ませてくれる しっかりとした造りの炊事棟
アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場 アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場
アポイ山荘の建物が後ろに見えている 一段上がったところの芝生サイト。右奥に道路からアプローチできる階段が写っている
アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場 アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場
トイレはこの一カ所、他のサイトからはちょっと遠い 砂地のサイトはテントが汚れそうだ
アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場 アポイ山麓ファミリーパークキャンプ場
手前の駐車場のサイト入り口付近の様子 キャンプ場の横を流れるポンサヌシベツ川

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:KUU さん 投稿日:2007/06/18

ヒデさん、こんにちは!
今週はGW前半に引き続き、アポイ山麓ファミリーキャンプ場に行って来ました。
GWの時も登山しようなんて気持ちは全くないのに、勢いで登ってしまい、今回も、その時に聞いた6月は高山植物が綺麗ですよ〜の声に誘われて再び・・・です。
お花の綺麗だったのは、言うまでもありません。

ここのキャンプ場は、遊園地みたい・・と、どこかで読んだ事がありますが、我が家的には最高にいいキャンプ場だと、思います。
何と言っても静か、ロケーション最高、綺麗の3拍子も揃ってるから。
それに、遊園地らしき所はキャンプ場とはずーーっと離れてるし開店休業状態みたいだから。

あと、ヒデさん!
リベンジして来ましたよぉー! 豊似湖!!
あんな美しい森と、神秘的な湖、あの素晴らしい自然はまだ残っていたんですね。
大感動でした!

投稿者:赤ビートル さん 投稿日:2005/10/03

9月16日(金)〜17日(土)1泊2日

ヒデさん、こんにちは。16日から道東へ「秋の長期遠征」に行ってきました。初日の野営地はアポイ。毎年、候補地に上がりながら台風等でなかなか行けなかったキャンプ場です。勿論、登山もしてきました。が、札幌から到着早々、テント設営後の山行だったので時間的余裕が無く、吉田山〜ピンネシリ縦走は断念しました。天候も無風快晴だったのでちょっぴり残念。また来年の楽しみということにしておきます♪

初めてのアポイ・・・往路2時間半の楽しい道程に大満足です。特に「馬の背」と呼ばれる一帯は片側に太平洋、反対側に日高の山々を交互に見ながら歩けます。標高は決して高くはありませんが、その景色だけでも満足出来ます。この時期でもいくつもの高山植物が花を咲かせていました。「花」よりダンゴな僕らでも思わず写真撮って、暫し観賞していたくらい可愛い花が咲いてました。

キャンプ場はとてもきれいに管理されてます。芝もフカフカでした。キャンプガイド上で見取り図を眺めると、いろいろとごちゃごちゃして見えますが、実際はそうでもありません。遊具のある広場もテントサイトからは離れてますし、余計な人工物は温泉施設くらいしか視界に入りません。中途半端な野営場へ行くよりもずっと心地よく過せました。それに夜はとても静かです。

Pは表側と裏側に2箇所ありまして、どちらも、そこからリヤカーにて荷物運びとなります。運ぶといっても目の前なのでまったく問題ないでしょう。キャンプ場周辺の環境も最高です。ファミキャンでもソロキャンでもお勧めできます。

温泉情報:「アポイ山荘」〜温泉と名付けられたニセモノの入浴施設。ドアを開けた途端に塩素臭が襲ってくるのでプールと勘違いしてしまうかも。銭湯だと思えばいいでしょう。とり合えずキャンプや山行の汗は流せます。湯舟からの眺めはなかなかです。

投稿者:ぽてと さん 投稿日:2004/08/06

名前から賑やかなキャンプ場を想像し混んでいたら嫌だなあ〜と思っていたのですが
我が家が行ったときはかなり空いていました。
駐車場からはリヤカーで荷物を運びますが
平地なのでそれほど厳しくはありません。
木のテーブルと椅子が何組かおいてあります。
炊事場は古いですがきれいに掃除されていました。
すぐ横には川が流れていて遊ぶこともできます。
サイトとは木でしっかり仕切られて遊具のある公園もあります。
お金はかかりますがゴーカートやミニゴルフもできます。
我が家はしませんでしたがもちろんアポイ岳の登山もできます。
温泉は徒歩圏内に(ちょっと坂道を登りますが)アポイ山荘があります。
車で少し走ると親子岩ふれあいビーチもあり夏なら海水浴も楽しめます。
ややカラスが多いですのでゴミの処理はしっかりした方がいいようです。

投稿者:カンちゃん さん 投稿日:1999/08/30

お晩でした〜!週末はオロマップに行ったのですが、酔っぱらい毛唐軍団に占拠されておりアポイ山麓ファミリーパークに避難・・・これが意外に大当たり!焚き火もカヌーも出来なかったのですが、静かで木立も程良く残ってきれい近くに温泉もあり、の〜んびり過ごすことが出来ました
今週末は私の「縄張り」然別湖北岸の予定です実は、北岸も焚き火台等を使用しインパクトを与えなければ焚き火OKなのです!(管理人に一声かけてね)焚き火台が無ければ、ファイアーサークル内ならOKなのです
こんな事打って焚き火をする人が増えたら厳禁になっちゃうかな?

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ