ニトヌプリ(2016/1/17)

パウダー天国


五色温泉の朝カヌークラブ新年会の2日目に登る山はニトヌプリ。
アンヌプリに登ってその北斜面を滑る案も出ていたが、この日の朝は新たに40センチの雪が降り積もり雪崩の危険もありそうなので、ニトヌプリに向かうこととなったのである。

雪に埋もれた車を掘り出している間に青空が広がってきて、ニセコアンヌプリが姿を現した。
スキー場のリフトが動き始める前にその山頂まで登り、外人部隊に荒らされる前の北斜面を思いっきり滑ろうと考えていたので、その姿が何とも恨めしく見えてしまう。

朝7時半には、ニセコパノラマラインの通行止めゲート前まで車を移動。
私達が一番乗りだったけれど、準備をしている間に外人のパーティーが車数台でやってきた。
ニセコのパウダーは早い者勝ちなので、のんびりとはしていられないのである。

あっと言う間に雪が積もる再び雪の降りが強くなり、登り始める頃には私達の車は既に真っ白な雪に隠されてしまっていた。
昨日のトレースの跡が少しだけ窪んで見えている。
夜中に新たに降り積もった雪はふわふわのパウダースノーなので、そのトレースの中を歩けばラッセルはそれ程苦にはならない。

とは言っても、ラッセルするのは昨日の目国内岳でラッセル隊長の冠を授かったばかりのM澤さんと、昨日の夜から参加しているT山さんが中心である。
昨日で消耗しきったK原さん、N島さんと、喜寿を迎えたばかりのK田さんご夫婦は、今日は温泉でのんびり。
新たにT山さんが加わった10人パーティーでニトヌプリに登る。

雪に埋もれた道路上を少し歩いてから南斜面に取り付く。
そこから一気に急な登りが始まる。
今日はパウダースノーを滑る事だけが目的なので、昨日の前目国内岳のようにダラダラと登るよりは、最初から急登した方が登った分を効率良く滑れるのでありがたい。


白い風景
後続パーティーが登り始めたのが見える

目指す場所はS藤さんが5年位前に滑ったことがあると言う斜面。
多くの外人はもっと西側の斜面を滑っているらしいが、S藤さんが目指しているのはあまり知られていない斜面らしい。

急斜面を登る先頭で登るM澤ラッセル隊長に向かって、S藤さんが後ろの方から「そのまま右に向かって〜、そこらでジグ切ったほうが良いぞ〜、そんなに急がなくて良いからな〜、早めに交代しろよ〜」と、矢継ぎ早に声をかける。
まるでリモコンで操縦しているみたいである。
職場の先輩であるS藤さんの指示には逆らえないのだろう。

私達の後から登ってきた外人部隊は、S藤さんの見込みどおり、もっと西側の斜面を目指して登っていったようだ。

雪も止んで、時折陽が射すようになってきた。
白い森が更に美しく見えてくる。
時々ダケカンバの枝に積もっていた雪が、頭上から音も無く落ちてくることがあり、それを浴びるとあっという間に体中真っ白になってしまう。


腿まで埋まる ラッセルで進む
斜面だと腿ラッセルになるくらい雪が深い かみさんもラッセル要員

美しい雪の風景
大好きな雪山の風景

最後の登りS藤さんが目指していた斜面らしきところに出てきた。
完全なオープンバーンではないけれど、樹木を気にせずに滑り降りられそうなスペースがあり、斜度もそれなりである。
そんな斜面を横目に見ながら更に登っていく。

昨日のトレースも不明瞭になってきたので、先頭を交代しながら登っていく。
私は、昨日の夜は7時に寝たというのに、今日は最初から身体が重かった。
後ろの方からトボトボと登っていたのに、何時の間にか前の方まで出てきていた。
しょうがないので少しだけ先頭に立ったが、膝以上の深さのラッセルはさすがにきつくて、直ぐに交代してもらう。

もう少しで斜面の上まで出られそうだったが、その上まで登ろうと考えている人は誰もいなかった。
皆、一刻も早く滑り降りたくてウズウズしているのである。
シールを剥がすのに適当な場所を見つけ、まずはスキーの板で足元を踏み固める。
パウダー滑降そうしてスキーを外して雪の上に立つが、ズボズボと腿まで埋まってしまう。
正に底無しのパウダーである。

いよいよその底無しパウダースノーを滑り降りる時がやってきた。
傾斜の急な斜面なので、滑り始めると直ぐにスピードが上がる。
そうすると、パウダー用の太いスキー板が自然と雪面まで浮かんでくる。
この浮遊感が堪らない。

そのまま一気に下まで滑り降りたいところだけれど、カメラマンとしては良い撮影ポイントで一旦止まらなければならない。
そうして、他のメンバーが滑り降りてくるのをカメラを構えて待ち受ける。
ところが、滑る方はトラックの無い場所ばかり探して滑るものだから、誰も私のカメラの方には向かってきてくれない。
それでも、派手なスプレーを揚げながら滑っている皆の格好良い写真を撮ることができた。


marioさん O川さん
M澤さん I山さん

Y須賀さん時間はまだ午前10時を過ぎたばかり。
まだノートラックの斜面は残っている。
もう1本登り返そうと、皆の意見は直ぐにまとまった。

そうしてもう一本、美味しいパウダー斜面をたっぷりと味わう。
転んでもいないのに皆の姿は雪まみれになっていた。

Y須賀さんが、雪の下に隠れていたダケカンバに引っ掛かって転倒していたが、足は痛めずに済んだようだ。
林間を滑る時はこれが怖いので、あまり調子に乗って滑ってはいられないのだ。

柔らかな陽射しが私達を包む。
大粒の雪がその陽射しに照らされながらヒラヒラと舞っていた。


太陽の日射しの中、大粒の雪片が舞う
美しい風景に皆が見とれた

沢沿いの急斜面をトラバースして道路まで滑り降りる。
皆の顔には一応に満足げな表情が浮かんでいた。
やっぱり、ニセコのパウダースノーは格別である。

GPSトラック) 


道路まで降りてきた チセヌプリ
最高のパウダーを楽しんで車へ戻る チセヌプリも滑ってみたかった

かみさんの滑り
おまけにかみさんの滑りも

駐車場所7:50 - 滑降開始9:35 − 2回目の滑降開始10:45 - 駐車場所11:00 



戻る │ ページトップへ