島牧大平海岸 

所在地 島牧郡島牧村字大平
料金 無料
開設期間 7月中旬〜8月中旬
問い合わせ先 島牧村役場企画観光課0136-75-6211
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 1991年9月

 息子がまだ小さかった頃、我が家が唯一海キャンをした場所がここである。
 当時はまだ車で浜まで降りられたし、何と言っても小砂利の浜なので普通の海キャンのように砂まみれにならないのが嬉しいところだ。
 現在は道路が新しく付け変わり、海岸には旧道部分に付けられた一カ所の階段から下りるしかない。
 階段から降りた付近は荒れた草地になっていて、その部分にもテントを張ることができる。
 小砂利の浜にテントを張るためには、荷物運びに少し苦労しそうだ。
 炊事場は道路上にあり、しかも水は有料である。100円で2分間だけ水が出る仕組みだ。サイトからは遠いし、賢いキャンパーは自分で水を用意して、食事のメニューも炊事場を利用しなくても済むようなものにするだろう。
 トイレはもっと遠い。旧道の大平川にかかる橋を渡って、国道沿いのさわやかトイレまで行かなくてはならないのだ。
 キャンプ場の駐車場も、本来はさわやかトイレの駐車場を利用することになっているらしい。
 浜へ降りる階段の部分は荷物積み卸しスペースのため駐車しないで下さいと看板に書いてあった。シーズンオフに利用するのならば、この階段付近を避けた旧道上に駐めても問題は無さそうだ。
 普通のキャンプ場と違って利便性は望めないが、ここでは海水浴場としてではなくてシーズンオフに利用するキャンプ場として紹介しているつもりである。
 正式なオープン期間は7月中旬から8月中旬となっているが、国道時沿いのさわやかトイレはもっと長期間開いているし、水さえ用意すれば夏以外の海キャンを楽しめる場所である。
 横を流れる大平川では水遊びもできそうだし、川を渡れば岩場になっているので磯遊びも楽しめる。
 緩やかにカーブした浜は眺めも最高だ。
 ただし、海のキャンプ場の宿命で、直ぐ裏には道路を挟んで民家が接している。それさえ気にしなければ、シーズンオフの海キャンを楽しむ穴場的な場所である。




緩やかにカーブした小砂利の海岸、両側が山に囲まれロケーションも良い 海の反対側には民家が並ぶが、これはしょうがないだろう
旧道の海岸への降り口付近、左の建物が炊事場、ずーっと奥にさわやかトイレが見える 降り口周辺はこのような草地になっている、川を渡った奥が岩場になっているので磯遊びもできる
大平川 大平川を渡ったところからキャンプ場方向を眺めた様子

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ