ふとろ海水浴場 

所在地 瀬棚郡瀬棚町北檜山区太櫓
料金 無料
開設期間 夏季?
問い合わせ先 瀬棚町北檜山区 01378-4-5111
ロケーション
環  境
荷物運搬
宿泊年月 未利用 訪問日:2005年11月5日

 いわゆる海水浴場であるが、立派なトイレと炊事場が有るので、キャンプ場として紹介しても十分なくらいだ。
 開設期間がはっきりと分からないが、無料で利用できるのでトイレと炊事場が使えればいつでも利用可能である。
 キャンプ場の直ぐ後ろを道路が通っているが、この道路はここからしばらく先で通行止めになっているので交通量も少なく、車の通行音はほとんど気にならないと思われる。
 民家も直ぐ近くだが、背の高い防潮堤に遮られるのでそれほど気にもならない。この付近の防潮堤は全て、平成5年の北海道南西沖地震の後に整備されたものなのだろう。とにかく背が高いのである。
 階段が数カ所に作られているので、荷物運びにはそれほど苦労しない。
 砂浜の幅は狭く、平らな部分も限られている。しかし、海は綺麗で、砂浜と岩場が適度に混ざり合って、遊ぶのにはとても楽しい海岸である。
 場所的に辺ぴなところにあるので、混み合うことも少ないだろう。ファミリーで夏の海キャンをするのには穴場的な存在だ。
 私ならば、海水浴客のいなくなった時期に、北側の岩場付近に突き出した砂浜部分にテントを張って、静かな海キャンを楽しんでみたい。

関連ページ  ・公式ホームページ



立派なトイレ、もちろんシャワー完備 炊事場、この奥が駐車場がある
駐車場から海岸へは階段を下りる、手前の草地が比較的平らである 砂浜の幅が狭いのが残念だ
北側にある岩場、その手前のやや広い砂浜がベストサイトか 楽しい磯遊びができそうな岩場だ
防潮堤が高いので、砂浜に降りれば周りの民家はそれほど気にならない 南側にも岩場がある

北海道キャンプ場情報掲示板より
投稿者:直人 さん 投稿日:2005/07/20

ヒデさん、皆さん、今日は。

7月16日から2泊で利用してきました。今回の目的はまさに「海の日に浜キャン」であります。「海キャン」でなく「浜キャン」というところがミソ。昨年は晩成で潮音を聞きながらボーっと過ごしましたが「海はやっぱり日本海」という嗜好がありガイド本と睨めっこ。しかし浜キャンで海の日に喧騒から逃れられそうな場所ってあるのか?そこで見落としていたのがこちらでした。瀬棚から熊石に向かうR229から海側に折れただけでロケーションが一気に寂しくなり綺麗な後志利別川を渡ってからは目指している何かがありそうな予感でゾクゾク(笑)

この界隈は奥尻の災害時に相当なダメージがあり港湾工事がしっかりなされているため道路から海までの防波堤の高さは10m近く。海水浴場のものと思われる駐車場と水場を発見した時どこにテントを?と思いましたが防波堤から見下ろした瞬間思わず「ヤッホー!」と叫ぶ自分がありました(^^;。積丹とはまた少し違った深い海の色、岩礁、綺麗な白系で少し粒が粗いフカフカのドライサンド。先客は10張程度で炊事場直下に集中しておりその辺りは波際までほど近く若干の傾斜。でも荷物運びを考えるとそこに集中するのは理に適っています。ところが駐車場からは離れるものの右側奥には待ってましたとばかりにフルフラットで波際までも十分な距離があり岩礁も近く誰もいないベストポイントを発見。

ただしこの高い防波堤を降り尚且つそこから歩く距離は50m位。現状の荷物の多さを考えると一体何往復すればここを謳歌できるのか気が遠くなりました(^^;。しかし今回は2泊。せっかくの海の日にこんな素晴らしいフィールドを手放しで妥協はしたくなかった。何より張り終えた後に見る景色と冷えたビールをそこで飲みたい!久々の重労働の後そこを自分のものとしてこの充実感は自分だけのものなのだー!等と勝手に思っただけで報われました(笑)

トイレは水洗でとても綺麗。コイン式のシャワーも最新のもので温水。水場ももちろん綺麗です。連休中だというのに太櫓地区の皆さんが朝早くから海岸のゴミ拾いをされたりでこういう姿勢がとても好感を呼びました。無料でしかもゴミも置いていけるというのにです。防波堤の上には民家が点在していますがその高さでさほど気になりません。交通量はこの先に高評価の北檜山自然休養林が在りその先は行き止まりのためかなり少ない。ただ道路の外灯は気になるかも。天気は初日曇りで夕日は拝めなかったものの翌日は薄曇りで日焼けするには十二分でした。買い出しは瀬棚の鮮魚専門店をお勧めします。荷物運びを除いては120%大満足だった「ふとろ海水浴場」でしたよー!っと〆めたいのですが・・・この後凄惨な事件が(^^;)。長くなるので別BBSに掲載します。ほいでもここ!絶対穴場!

 

キャンプ場検索地図へ

ページTOPへ