北海道キャンプ場見聞録 夏山歩きの部屋
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

屋久島蛇之口滝(2016/05/22)

これでもハイキング


モッチョム岳青少年旅行村からバスで移動し、尾之間温泉入口で下車。
バスを降りると、目の前にモッチョム岳がそびえていた。

このモッチョム岳の登山も屋久島でのイベントの一つとして計画していたが、結構ハードな山らしいので安易な気持ちでは登れない。
しかし、ここ尾之間には、「蛇之口ハイキングコース」と言う、何ともお手軽そうなネーミングの遊歩道があるのだ。

登山口から目的地の蛇之口滝までのコースタイムは1時間50分。
ここならば雨の中でも歩けるだろうと考え、天気が悪い時のイベントの一つとして考えていた。
この日は思っていた程天気も崩れず、これならばモッチョム岳に登っても良かったかもしれない。
そんな事を考えながら、蛇之口ハイキングコースの入口がある尾之間温泉まで歩いていた。

尾之間温泉温泉の隣に小さな社があったので、まずはそこでお参りしてハイキングの安全祈願。
でも、後で調べてみるとここの神様は子宝の効能があるのだとか。
闇雲にお参りをすれば良いと言うものではなさそうだ。

登山口には、「尾之間歩道入口」と書かれた立派な看板があった。
このハイキングコースは、淀川登山口まで続く尾之間歩道の一部なのである。

尾之間歩道は、縦走の時に歩いた永田歩道に匹敵するハードな道らしい。
しかし、その看板に描かれている標高図を見ても、蛇之口滝分岐までの3.5キロは傾斜も緩く、標高差も330m程である。
ちょっときついハイキングと言ったところだろう。


子間姫龍神大神のご神体 尾之間歩道入口
子間姫龍神大神のご神体 立派な入口の看板

ビロウの森歩き始めて直ぐに、熱帯のジャングルのような風景に出会った。
ヤシの木のようなビロウという樹木が森を作っているのだ。
ジュラシックパークに迷い込んだ気分だ。

かなり山の中まで入ってきても、石垣など人々の生活の痕跡が残っていた。
今でこそ濃い森に覆われているけれど、昔は人々の暮らす範囲も今よりもずーっと広かったのだろう。
そこに立っていた説明板によると、この辺りではサトウキビが作られていたらしい。

その先から、屋久島の奥深い自然の中へと踏み行っていく。
それとともに、道も次第に険しくなってくる。


ビロウの森
ジャングルの中のようなビロウの森

最初の頃は「これじゃあハイキングコースとは言えないよな」と笑っていたが、その笑いも次第に強張ってきた。

沢を越え、ロープを頼りに岩場を登り、僅かな足場を頼りに崖をよじ登る。
ちょっとした登山、それもかなりハードな部類の登山のレベルである。

険しい登山道ここをハイキングコースと名付けた人は、余程の冗談好きな人だと思う。
それとも、屋久島ではこの程度をハイキングと言うのだろうか。

途中で4、5人のツアーと老夫婦の2人連れを追い抜いた。
老夫婦の方は、岩場の沢を越えるのにも苦労していたので、滝までたどり着けるのだろうかと心配になってくる。

大きな岩の真ん中からオオタニワタリが生えていた。
観葉植物として売られている姿は目にするけれど、こうして自生しているオオタニワタリを見るのは初めてだった。
ビロウのジャングルなど、南の島に来ていることを実感する。

そして現れたアコウの大木も、如何にも南国らしい。
何処までが根で、何処からが幹なのか、全く分からない。
おどろおどろしくも見えるその姿が、生命に満ち溢れているようでもあり、圧倒されてしまう。


沢を渡る オオタニワタリ
何度も沢を越える 岩に張り付くオオタニワタリ

アコウの大木

アコウの大樹


巨大岩の間を渡るその先の沢の光景にも圧倒された。
数メートルもある巨大な岩が、ゴロゴロと積み重なっているのだ。

最初は「こんなところを通れるのか」とビックリしたが、何とか人の歩けるルートだけはあった。
その沢を越えるかみさんの姿が、やたらに小さく見えてしまう。

蛇之口滝への分岐までやって来た。
ここまでかかった時間は1時間25分。
ほぼコースタイムどおりである。

重たい荷物も背負ってないのにコースタイムと同じでは、自分としてはちょっと不本意だった。
やっぱりこれはハイキングコースのコースタイムでは無かったようだ。


巨大岩の沢

スケール感がおかしくなりそうな風景だ


渡るのに苦労した沢その先に現れた沢は、どう見ても渡れそうにない。
木々の間から、遠くの滝の上部だけが見えていた。
「えっ?蛇之口滝ってここから見るしかないの?」

ガッカリしていたら、かみさんが「この沢も渡るみたいよ」と言ってきた。
確かに、沢の対岸に目印の赤いテープが見えていた。

ストックは邪魔になるだけなので、そこに置いておくことにする。
そうして、かなりアクロバティックな方法で岩の間を渡り、何とか対岸に渡った。
かみさんは一人では無理だったので、私が手を貸してようやく沢を越える。

そこから岩が積み重なった急登をよじ登り、その先にとうとう蛇之口滝が姿を現した。
水が少なくて、やや迫力に欠けるが、苦労して辿り着いた分、感動も大きい。
大きな滝壺もあり、もっと暖かくなれば、ここで泳いでみたいものだ。

滝壺の周りに積み重なる巨大な岩の風景も圧倒的だ。
屋久島では、この様な岩の風景は方々で見られ、その度に感動してしまう。


蛇之口滝

滝壺に飛び込みたくなりそうだ


蛇之口滝の下流

蛇之口滝から下流の眺めも迫力がある


そんな風景をしばし楽しんでから下山開始。
途中で追い越してきた老夫婦とすれ違った。

滝を見ながら「あのご夫婦はここまで来れないだろうね」と話していたのに、ビックリである。
多分、私達以上に山登りをされている方達なのだろう。

沢越えの正しいルートそれにしても、私達が苦労して渡った沢をどうやって越えて来たのかが不思議だった。
その疑問も直ぐに解決した。
私達は大きな岩の横を、その岩に張り付くようにして沢を渡ったのだが、その岩の上に登るのが正しいルートだったのである。
良く見ると、登りやすいように岩にステップが刻まれていたのだ。

その先で今度はツアーの団体とすれ違う。
そのツアーガイドが話しかけてきた。
「滝を越えた先にもっと良い場所があるんですよ。私はガイドだからこんな事を知っているんです。」
何だか生意気なガイドで、「それなら、最初に教えてくれれば良いだろう」と思ってしまった。

帰りもほぼコースタイムどおりの時間で登山口まで下りてきた。
往復でおよそ3時間半。
終わってみればちょうど良いハイキングだったのかもしれない。
そのまま尾之間温泉に入って汗を流せるのも幸せである。


苔と水滴 樹木に飲み込まれる看板
美しい苔の風景もたっぷりと楽しめる 蛇が樹木に飲み込まれる!

登山口9:30 - 蛇之口滝分岐10:55 - 11:15蛇之口滝11:30 - 登山口13:05



戻る │ ページトップへ