北海道キャンプ場見聞録 見聞録リンク集
 CAMP NAVI | FAMILY CAMP | FAMILY CANOE | CAMPER LINK | CAMP BBS

カヌーリンク集
   
 

WILDERNESS CANOE CLUB(ウィルダネスカヌークラブ)

   私が現在加入しているクラブです。会員数は100人を越えるで道内最大のクラブだとか。それでも月1回の例会に参加するのは20〜30名程度、自分の都合に合わせて気ままに例会に参加できるのが良いところかもしれません。
現在、我が家に代わってレスキューされる役を担ってくれる新会員を募集しています。(笑)
 
カヌークラブガンネルズ
アットホームな雰囲気のするカヌークラブです。カヌーの他にも例会の時の料理やお酒にもかなり力が入っているかも。
たまにウィルダネスと合同例会をしたりとか、ここを含めて道内のカヌークラブは横のつながりも結構多いです。
 
 三笠カヌークラブ
幾春別川をホームフィールドとしているカヌークラブです。i-Cupというカヌーレースを主催、幾春別川は何時もサーフィンやスラロームを楽しむ人達で賑わっていて、ウィルダネスのメンバーもここで練習している人が多いようです。
 
 旭川カヌークラブ
旭川の歴史のあるカヌークラブです。毎年石狩川カヌーレースを主催していますが、このレースはカナディアンカヌーの二人乗りを参加条件としていて、去年初めて私も参加しましたがなかなか面白かったです。
ベテランから初心者まで数十艇のカヌーが一斉スタートする様子は壮観で、軽い気持ちで参加したつもりが、ついつい本気になって漕いでしまいました。
 
 三十路夫婦のひまつぶし
私と同じカヌークラブに夫婦で入っていらっしゃる方のホームページです。
現在はカヌー乗るのが楽しくてしょうがないと言った感じのお二人、バスや自転車を駆使して夫婦だけで川下りをしていた時の列車・バス・自転車・徒歩での移動手段も紹介されていますが、単独川下りを考えている人にはとても役に立ちそうです。
 
 転覆原理主義
ガンネルズの会員であるりゅうげんさんのホームページ。ここの「どとうの休日」に載せられる川下りの様子は、何時も笑わせてもらってます。
一緒に川下りに参加したメンバーは、この「どとうの休日」のネタにされるか戦々恐々、と言うかネタにされるのを楽しみにしているかも。
 
 KeviKevi・LU☆CRE
群馬県にお住まいのkevipaさん・ミエさんご夫婦、そして3匹の犬たちとの楽しいカヌーの様子がつづられたホームページです。
夫婦別々に大きなカナディアンを操る姿は我が家の憧れです。毎年のように北海道にも来られていますが、HPで紹介されている本州方面の川の様子を見ると、その美しさにため息が漏れてしまいます。こんな川って、北海道ではお目にかかれないですね。
 
 マスターのLet's Go Canoeing
マスターさんのホームページ。メインコンテンツのパドリングテクニックは、カナディアンカヌーに乗る人にとってとても役に立ちます。本屋で技術書を買うよりも、こちらのホームページを見た方が良いかもしれません。我が家も全ページをプリントアウトして参考書として使わせてもらいました。
 
 ノースイーストカヌーセンター
道東の弟子屈でカヌーツアーなどを行っている会社です。通常のツアーの他に、カヌーの搬送サービスもやってくれるので、釧路川を単独で下りたい方は利用してみてはいかがでしょうか。我が家が利用した時は、犬も一緒に車に乗せてもらえたし、川の最新状況も教えてくれるので利用価値は大きいです。
 
 ドッグパドル
ニセコでカヌーやテレマークスキーのスクールをしている西田さんご夫妻の店です。
尻別川をフィールドとして、我が家も一度ここでレッスンを受けたことがあります。
クラブのベテランメンバーでも時々ここのレッスンを受けに行っているくらいですから、その実力は折り紙付き。
大雨で大増水した歴舟川で、ドッグパドルのメンバーがキャンプ場の前に現れた巨大ウェーブで、流木が次々と流されてくる中サーフィンを楽しんでいたのには驚かされました。