我が家のファミリー通信 No.70

2度目の洞爺湖マラソン


3年振りに出場することにした洞爺湖マラソン。
本番数日前に、自分のホームページに載せているその時の様子を読み直してみると、今回の練習不足は明らかだった。

メインステージ前で3年前は3月4月と200キロ以上走り込み、その間に3時間走4回と30キロ走が2回。
今回は3月4月で150キロ、3時間走に30キロ走はほぼ同じ回数。
数字だけ見れば大した違いは無さそうだが、スピードが全然違うのである。
30キロ走を3時間少々で走れていたのが、今は3時間半が精一杯だ。

フルマラソンで途中で歩いてしまうのは脚力不足が原因だと考えて、最近は脚力を付けるためのLSDを多く取り入れていた。
しかし、その成果が全然現れてこない。
LSDで30キロを走っても、最後は足が全然動かなくなってしまう。
それじゃあレースペースで30キロを走ろうと思っての結果が、3時間半なのである。

30キロ過ぎで歩いてしまうのは前半のオーバーペースが原因とも言われるけれど、私の場合、どんなにゆっくり走っても30キロが精一杯なのだ。
3年前の自分よりも確実に体力が落ちてきている気がする。
それをカバーする為にはもっと走り込まなければならないのに、それができないまま本番を迎えてしまったのである。

会場風景おまけに、ランニングの師匠であるこうめさんから「前日はアルコールを控えて、水分は多めにとって」と言われていたのに、キャンプの夜が気持ち良すぎで、缶ビールを3本も空けてしまった。

最後にポカリスエットを1本飲んで水分補給しておいたけれど、これがどれくらい影響してくるのかは、アルコール抜きでフルマラソンにチャレンジした経験がないので、全く予想が付かない。

朝5時半にキャンプ場を出発。
会場に一番近い駐車場には既に入場待ちの車の列ができていてビックリしたが、駐車場の開設が午前6時からなのでそれを待っている車だった。
直ぐに中に入ることができて、駐車場でおにぎりの朝食を食べる。

何時ものことだけど、駐車場に車を停めるために早く会場に着くと、スタートまで時間があり過ぎるので待ち疲れてしまう。
初出場の大会でもないので、会場内を無駄に歩き回ることはせずに、車の中で身体を休ませる。

30分前にスタート位置へ移動。
天気は良いけれど、スタート時点の気温は既に18度以上。
暑さがちょっと心配である。


スタート前
スタートまでのこの時間があまり好きじゃない

湧別町のランナー?9時半に、並んでいた列が動き始める。
無理とは分かっていても一応は5時間切りを狙いたいので、目標ペースはキロ6分45秒〜50秒。
GPS腕時計と睨めっこしながら、そのペースを保って走っていく。
湖畔道路は細かなアップダウンが結構あるので、ペースを維持するのがなかなか難しい。

気温が高いので、給水所では主にスポーツドリンクで小まめに水分補給をする。
15キロのエイドでは、半分に切ったバナナを2本取って食べる。
スタート前にバナナを1本食べようと思っていたのに、それを忘れて荷物を預けてしまったのだ。

我が家のテントが張ってある仲洞爺キャンプ場前は、前回はキャンプ場側の道路を走ったいたのに、今回はそのまま道道を通り抜けるコースに変わっていた。
自分達のテントを見られると思っていたのに、ちょっとガッカリした。

ヤエザクラが綺麗だ21キロ過ぎから湖畔道路を離れて内陸部に向かう折り返しコースとなる。
これが折り返し地点まで、3.2キロの間に70m以上登るのである。

昨年、一昨年と走った網走マラソンでは、この程度の登り坂は可愛いものだった。
3年前の時だって、6分30秒のペースを維持したまま、この登り坂を走れていた。

それが今年は、これまでの暑さで消耗したのか次第にペースが落ちてくる。
それでも、折り返しまでは頑張ろうと走り続けるが、周りのランナーは殆どが歩いているのだ。
自分だけが頑張るのが馬鹿らしく思えてきて、23キロ過ぎにとうとう私もその仲間に加わってしまった。

遙か彼方まで続くランナーの列。
それを見るとうんざりしてしまう。


折り返しまでの道程
折り返し地点がなかなか見えてこない

かみさんとすれ違う折り返してきたかみさんとすれ違う。
そんなに間隔は開いていなかった。
私よりも練習不足だったかみさんなので、さすがに今回はペースも遅いようだ。

ようやく折り返し地点を過ぎる。
下り坂を利用して走り始めるが、坂が終わると再び歩き始めてしまう。
3年前は32キロから歩いたのに、今から歩いていては、何時になったらゴールできるのだ半分を食べる。ろう。
アミノバイタルでエネルギー補給するが、体力は回復しない。

湖畔周遊道路に戻って来て、公園のトイレが有ったのでそこで用を足す。
給水ポイントで飲んだ水は、汗だけでは排出できないのだろうか。

30キロエイドで配っていた塩羊羹とチーズケーキはお土産としてもらっておいて、バナナ
30キロを過ぎて再び足が動くようになった。
もしかしたらこれで最後までいけるかと思ったが、1キロも続かなかった。
早歩きで1キロを歩くと9分ちょっとかかる。
これでたまに走れば8分台、何とか制限時間の5時間半では走れそうだ。


35キロ辺り
この辺りではほとんどのランナーが歩いている

給水所やスポンジポイントで水が無くなっているのには参った。
スポーツドリンクがあってもコップが無くなったとか、何なのそれ?と思ってしまう。

中には早々に片付けが終わってしまった給水所まである。
5時間を超えて歩いている様なランナーは関係ないと言った感じである。

残り5キロの看板を見つけて、頭の中で到着時間を計算する。
時々走ってはまた歩く、今のペースを維持すれば制限時間には何とか間に合いそうだ。

ただ、39.5キロに関門があり、そこの閉鎖時刻が何時なのかが分からない。
今までのマラソンで、関門に引っ掛かることなど一度も無かったので、全く気にしていなかったのである。
関門まで1キロ付近にいた係員に「間に合いますかね〜?」と聞くと「大丈夫でしょう」と答えてくれたのでホッとする。

それまで一緒にトボトボと歩いていた周りのランナーが皆走り始めた。
「あれ?どうしたのかな?」と思っている間にもどんどん追い越される。

39.5キロ関門すると突然、コース上にいた女性の係員が「関門閉鎖まで後1分です」と声を上げるのを聴き、ビックリした。
慌てて私も走り始めたが、その先に有るはずの関門もまだ見えていない。

「残り30秒です」
関門は何処だ?
ここまで必死に頑張ってきて、ゴールを目の前にして関門に引っ掛かるなんて、あまりにも空しすぎる。
自分にまだこんなに力が残っていたのかと思えるくらいのスピードで走り続ける。

「残り15秒」
やっと関門が見えた。
でも、もう間に合わないと思いながら走り続ける。
時計は閉鎖時間の14時35分を若干過ぎているように見えたが、何とか関門をクリアすることができた。

39.5キロ関門を過ぎた後もう走る力は残っていなかった。
39.5キロの関門を過ぎてしまえば、後はゴールまでたどり着ければ完走と認められるらしい。
関門を過ぎて暫くの間、走り始める人は誰もいない。

それにしても、ゴールで制限時間に間に合わず完走できないのならばまだ納得できるが、ゴールを目前にした39.5キロ地点で打ちきりにされるのは何か酷い仕打ちのように思えてしまう。

結局、ゴールしたのも制限時間ギリギリの5時間29分40秒だった。
今まで参加したマラソンでも、楽にゴールできたことは一度も無かったが、今回の洞爺湖マラソンが一番きつかった気がする。


ゴールゲート
制限時間ギリギリでゴール

かみさんも4時間54分と、かろうじて5時間を切った状況である。
こんな苦しい思いをするなんて、もう2度とマラソンは走りたくない。
私もかみさんも同じ思いだった。



戻る